autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート “希少性”ではなく、使ってナンボのモデル「シビック タイプR」 ~エンジニアが込めた想いとは?~ 3ページ目

試乗レポート 2015/12/15 17:38

“希少性”ではなく、使ってナンボのモデル「シビック タイプR」 ~エンジニアが込めた想いとは?~(3/4)

関連: ホンダ シビックタイプR Text: 山本 シンヤ Photo: 茂呂幸正/和田清志
“希少性”ではなく、使ってナンボのモデル「シビック タイプR」 ~エンジニアが込めた想いとは?~

いいクルマは走る環境、道を選ばない

ホンダ シビック タイプR試乗レポート/山本シンヤ
ホンダ シビック タイプR試乗レポート/山本シンヤホンダ シビック タイプR試乗レポート/山本シンヤ

では乗り味はどうなのか?

筆者はこれまでドイツのアウトバーン~ニュルブルクリンク、ホンダの鷹栖テストコースで試乗をしているものの、日本の一般道での試乗は今回が初である。

実は海外やテストコースで乗った印象と日本のリアルワールドでの印象が異なる車種もあるので心配したが、走り始めて「いいクルマは走る環境、道を選ばない」と一安心。エンジンは低速域から勇ましいサウンドだが、それ以外は気難しい印象は全くない。実用域からトルクフルな特性のため、早めにシフトアップして高いギアでダラーっと走ってもOK。

基本的にシームレスだが2500rpmを境に徐々に盛り上がる特性なので、それ以下で走らせる限りは意外と大人しいユニットだが、一度アクセルをドーンと踏みこむと、モリモリトルクに加えレスポンスがいいので、あっという間にレッドゾーンに到達。最近のターボ車は回さなくても十分速いのだが、このエンジンは上まで回したくなる特性である。ただ、個人的にはあと500rpmくらい回ってくれると嬉しいのだが…。

+Rモードは「NSX-R」のような“しなやかな硬さ”に近い!?

ホンダ シビック タイプR試乗レポート/山本シンヤ

サスペンションはタイプRなのでハードなセットアップなのは間違いないが、先代タイプR(FD2)のように脳天を揺さぶるような不快感はない。どちらかと言えば、先代タイプRユーロ(FN2)がより進化し、しなやかで洗練された印象と言ったらいいだろう。ちなみに高速道路では日本のスピード領域でも空力の効果は体感可能で、ビシーっと走る直進安定性もポイントだ。

ホンダ シビック タイプR試乗レポート/山本シンヤホンダ シビック タイプR試乗レポート/山本シンヤ

一方、ワンディングではドシッと構えるスタビリティの高いリアと回頭性が高く操作に忠実なフロントとの組み合わせで、コーナーはグイグイと曲がる。基本は安定方向でリアはちょっとやそっとではビクともしない。クルマと格闘することはないが、ドライバーの意思にクルマが忠実に反応する上に、自分の考えるコーナリングがバシッと決まるため、ドライビングの気持ち良さはシッカリとある。

さらに+Rモードは、エンジン特性はターボらしいモリモリと湧き出るトルク特性に変更、ダンパーはより高減衰域にシフト、EPSはより手ごたえが増し、VSAは介入領域が広がるなど「サーキットに特化した特性」に変更される。ただ、一般道でもピョコピョコ跳ねるのではなく路面をピターっと追従している感覚は、02Rと呼ばれるNSX-Rのような“しなやかな硬さ”に近い!?

ちなみにノーマルモード/+Rモード共に「もうダメ…」ではなく「まだイケる」と思うくらい限界は物凄く高いので、一般道ではその能力を発揮させるのは不可能。となると、サーキットで走らせてみたくなるが、現状では速度リミッターは他の日本車と同じく180km/h、サーキットでもこのクルマの能力の半分も発揮できないのが残念な部分でもある(汗)。ワークスチューナーの無限さん、何とかなりませんかね?

ホンダ シビックタイプR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ シビックタイプR の関連記事

ホンダ シビックタイプRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シビックタイプR の関連記事をもっと見る

ホンダ シビックタイプR の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円