ホンダ シビック  &  シビックタイプRユーロ ホンダが「欧州シビック」に求めたモノとは?

記事・レポート 特集 日本にない日本車 ホンダが「欧州シビック」に求めたモノとは?

日本にない日本車「欧州シビック」 (2/3)

この記事に登場する車: ホンダ シビック | ホンダ シビックタイプRユーロ

Text :
Photo:
桃田健史/本田技研工業株式会社
ホンダが「欧州シビック」に求めたモノとは?

ホンダが「欧州シビック」に求めたモノとは?

ホンダが「欧州シビック」を企画したのは2002~2003年頃。

当時、世界市場は、これまで定番だった日米欧の三大市場に加えて、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)等の新興国市場が急速に大きくなり始めようとしていた。

ホンダの北米市場における2大看板は「シビック」と「アコード」。その流れを、ホンダブランドをまだよく知らないBRICsのユーザーにも持ち込もうとしていた。

そうしたなかで、課題となったのが欧州だ。欧州はCセグメントの激戦区。またDセグメントなど中大型車には、欧州車ヒエラルキー(絶対的な秩序)が存在する。

つまり、メルセデス、BMW、VW、アウディ等、ドイツ車の存在感が大きい。そこに、欧州内での使い勝手に長けたフランス車と、エモーショナルなイタリア車がいる。そのなかでホンダの存在感は小さい。そうした市場図式をどうやって切り崩すのかが課題だった。

そうして考え出されたのが、スポーティ性を全面に押し出した欧州専用の「シビック」だった。これは、アジア圏での戦略車「シティ(旧フィットアリア)」などと対象な存在だ。

ホンダは1960年代のマン島TT、F1への参戦を皮切りに、欧州で長年に渡り「レーシングスピリッツ」を企業イメージに据えてきた。その流れを欧州で維持、拡張することでホンダの存在感をアピールしようした。

そして生まれたのが、欧州で人気の3ドアハッチバックのイメージの5ドアハッチバック車。前衛的なボディシェイプに、リアドアのヒンジをドア上後部に埋め込んだ。

新型「欧州シビック」のエンジンラインアップは3つ。

1.4リッターガソリンエンジン([最大出力]100ps@6,000rpm、[最大トルク]127Nm@4,800rpm)、1.8リッターガソリンエンジン([最大出力]142ps@6500rpm、[最大トルク]174Nm/4300rpm)、さらに欧州での必需品であるディーゼルは2.2リッターエンジン([最大出力]150ps@4000rpm、[最大トルク]350Nm@2000~2750rpm)だ。

  1. Page1 日本にない日本車「欧州シビック」
  2. Page2 ホンダが「欧州シビック」に求めたモノとは?
  3. Page3 スイスとイタリアでの「欧州シビック」の実態

ホンダ シビック 関連ページ

ホンダ シビック

ホンダ シビックタイプRユーロ 関連ページ

ホンダ シビックタイプRユーロ
po, s)i /> ーロのカタログをタログmon/bt_cat> /."http://fsv-staダ シビック" src=mb20