autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ アクティトラック 雪上試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/3/8 15:46

ホンダ アクティトラック 雪上試乗レポート(2/2)

関連: ホンダ アクティトラック Text: 河村 康彦 Photo: 本田技研工業株式会社
ホンダ アクティトラック 雪上試乗レポート

シンプルに「クルマを操る楽しさ」が味わえる

ホンダ アクティトラック

今回のイベントの性格上、用意されたのは4WD仕様。「そうは言っても、空荷のトラックなんだから、トラクションはたいして掛からないだろう」という考えは裏切られた。すなわち、これがアクセルを踏み込むと思いのほかにグイグイ進むのだ。

実はアクティは何と軽トラックながら、ライバル車とは異なる本格的なミッドシップ・レイアウトを採用! “重量物”であるエンジンを後輪前にレイアウトするため、空荷の際にも主な駆動輪である後輪に十分な荷重が掛かってトラクション性を確保しやすい。

加えて、エンジンがキャビンから遠ざかるので、特に遮音・防音に気を配らなくてもその分静粛性もアップするというオマケ付きだ。

加えて、何よりも今回の参加者を虜にしたに違いないのが、このモデルが今や日本では“絶滅危惧種”であるMTの持ち主であった事。

もちろんそれは、スポーティな走りなどを意図したものではなく、道具としての機能性やコスト面から用意されたものであるのには間違いないが、しかし今回ばかりは格好の“ドライビング・プレジャーのためのアイテム”に変身したというわけだ。

もちろん、そもそもが軽トラックゆえにステアリング・フィールは少々曖昧だし、ESCはおろかABSも用意されない(それはそれで問題だが・・・)ので、ドライビングミスは挙動の乱れに直結する。

ホンダ アクティトラック

しかし、そんなプリミティブ(=原始的)でシンプルな「クルマを操る楽しさ」が、今回のイベントでの“人気ナンバー1”という結果をもたらす事になったのは事実であろうと思う。

要は、ドライビングの優劣がそのままクルマの動きに直結するという点では、今回様々な車種が用意されていた中にあっても群を抜く存在だったのがこのモデル。そして確かにそれは、スポーツカーを走らせる魅力とも一脈通じそうな事柄だ。

加えて今回は、そんなこのモデルを走らせた舞台がホンダの北海道プルービング・グラウンド内のカントリー路を模した1車線幅の狭いコースであった事も、特にこのモデルで操る楽しさを強く味わえたひとつの要因になっていた。

何故ならば、アクティ・トラックでは多少の姿勢の乱れやテールの張り出しを許したこのコースも、アメリカ市場向けのワイドなボディを持つモデルではたちまち両サイドの雪の壁に接触する事態に。

そんなモデルでは、例え加速性能に優れていても例えコーナリングが安定していてもコース内に留まっているのが精一杯。とてもダイナミックなドライビングを堪能するというわけには行かなかったのだ。

軽トラックのドライビングが事のほか楽しい――もしかすると今後の日本のクルマが取り組むべき課題のヒントは、このあたりにあるのかも知れない・・・。

筆者: 河村 康彦

ホンダ アクティトラック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ アクティトラック の関連記事

ホンダ アクティトラックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ アクティトラック の関連記事をもっと見る

ホンダ アクティトラック の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円