autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 チームスガワラ「日野レンジャー」がダカールラリー2014で5連覇を目指す!

新型車リリース速報 2013/10/16 14:32

チームスガワラ「日野レンジャー」がダカールラリー2014で5連覇を目指す!

チームスガワラ「日野レンジャー」がダカールラリー2014で5連覇を目指す!

お台場で8リッターディーゼルターボの豪快な走りを実演!

トラック・バスのメーカーである日野自動車は2013年10月14日、2014年1月5日からスタートする「ダカールラリー2014」トラック部門に、日野の中型トラック「レンジャー」をベースとした新型レーシングトラック2台で「日野チームスガワラ」として参戦することを発表した。

日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]

ダカールラリーは、砂漠を含むタフなコースを1万キロ前後、およそ10数日間かけて走り続ける、世界一な過酷な戦いだ。これまで日野は、1991年に日本のトラックメーカーで初めて参戦。以来、2013年まで22回連続完走記録を果たすなど、長年に渡り挑み続けている。

また1997年のトラック部門総合1位~3位独占を始め、1996年~2002年、2007年、2010年~2013年でクラス優勝を得るなど、その実力は世界からも高く評価されている。

チームスガワラが支える日野の走り

日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]
日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]

その戦力をガッチリ支えるのが「チームスガワラ」だ。チーム代表の菅原 義正氏は72歳。チーム代表に加え、1号車のドライバーも務めるというのだから凄い。ダカールラリー連続30回参戦のギネス世界記録を持ち、中でもトラック部門では史上最多の20回連続完走記録も保持する。それでもまだなお「あと20年は戦いたい」と真顔で語り、会見会場に集まった報道陣とファンをアッと言わせる場面も。

菅原代表が駆る1号車は、日野の参戦史上初の9リッター「A09C-TI」電子制御コモンレール式ディーゼルエンジンを搭載する。近年ますますハイパワー、ハイスピード化するライバル社の動向を見据えつつ、先行開発車としての役割も果たす。

また代表の次男、菅原 照仁氏(41歳)は2号車ドライバーとして参戦。こちらは2012年参戦の1号車をベースとした8リッター「J08C-TI」電子制御コモンレール式ディーゼルを搭載。エンジンの出力を高め、より信頼性の高まったマシンとして、父と共にクラス5連覇と総合上位入賞に挑む。

メカニックは全国の販売店から公募選抜

日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]

チームを支えるメカニックは、全国の日野販売会社から公募選抜。東北海道日野自動車、横浜日野自動車、滋賀日野自動車から各1名と、さらに日野本社の車両生技部から1名の計4名が参加し、クラス5連覇をかけた戦いを裏から支える。

会見は「モータースポーツジャパン 2013 フェスティバル イン お台場」で行われたことから、会場中央に設けられた走行エリアでのデモ走行も実施した。走ったのは、8リッターディーゼルエンジンを搭載し、車両総重量7トン近い巨大な「日野 レンジャー GT」2号車。しかも菅原 照仁選手がサービスたっぷりな豪快な走りっぷりを魅せ、日頃SUPER GTやラリーなどの最速マシンの走りを見慣れたはずのモータースポーツファンたちの度肝を抜いていた。

2014年のダカールラリーは、2014年1月5日に南米アルゼンチンをスタート。ボリビア、チリの計3カ国、約1万キロのコースを走り、1月18日にチリでゴールを果たす予定だ。

[Photo&レポート:オートックワン編集部]

ダカールラリー2014 日野レンジャー GT[1号車] 主要諸元

全長x全幅x全高:6290x2500x3200mm/ホイールベース:3890mm/車両総重量:7400kg/リアボディ:メインフレームマウント・パイプフレームターポリンボディ/エンジン型式:A09C-TI(ターボインタークーラー式)/エンジン種類:4サイクル 直6 コモンレール式ディーゼルエンジン/総排気量:8,866cc/最高出力:600ps/2200rpm/最大トルク:200kgm/1200rpm/燃料タンク容量:600リッター/駆動方式:デフロック前後付パートタイム4WD/クラッチ:直径430mmシングルプレート/トランスミッション:6速オーバードライブ パワーシフト付/トランスファー:Hi-Loレンジ切替付/アクスル:ハブリダイレクションアクスル/ブレーキ:ベンチレーテッドディスクブレーキ(対向4ポットキャリパー)/タイヤ:ミシュラン XS 14.00R20/ホイール:鍛造アルミホイール/空気圧調整システム:4輪独立制御式/ステアリング:ボール・ナット式(インテグラル式パワーステアリング)

日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]

ダカールラリー2014 日野レンジャー GT[2号車] 主要諸元

日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]

全長x全幅x全高:6150x2420x3050mm/ホイールベース:3750mm/車両総重量:6700kg/リアボディ:メインフレームマウント・パイプフレームターポリンボディ/エンジン型式:J08C-TI(ターボインタークーラー式)/エンジン種類:4サイクル 直6 コモンレール式ディーゼルエンジン/総排気量:7,961cc/最高出力:485ps/2600rpm/最大トルク:145kgm/1600rpm/燃料タンク容量:600リッター/駆動方式:デフロック前後付パートタイム4WD/クラッチ:直径380mmシングルプレート/トランスミッション:6速オーバードライブ パワーシフト付/トランスファー:Hi-Loレンジ切替付/アクスル:ハブリダイレクションアクスル/ブレーキ:ベンチレーテッドディスクブレーキ(対向4ポットキャリパー)/タイヤ:ミシュラン XZL 14.00R20/ホイール:鍛造アルミホイール/空気圧調整システム:4輪独立制御式/ステアリング:ボール・ナット式(インテグラル式パワーステアリング)

日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]日野自動車 日野レンジャー・チームスガワラ「ダカールラリー2014」参戦記者会見[会場:モータースポーツジャパン 2014 フェスティバル イン お台場]
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日野自動車 の関連記事

日野自動車の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日野自動車 の関連記事をもっと見る

日野自動車 の関連ニュース