autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 モアスペース軽トールワゴン徹底比較 4ページ目

3台比較 2012/1/27 20:24

モアスペース軽トールワゴン徹底比較(4/4)

モアスペース軽トールワゴン徹底比較

後発モデルとしての強み

ホンダ N BOXホンダ N BOX

ルークスが生まれ、軽自動車の世界ではやや遅れをとっていたホンダが名乗りを挙げ、N BOXが出てきた。

最後発モデルとなるだけに、ライバルの先発の2台をかなり研究した感じが伝わる。より長いホイールベースや自慢のセンタータンクレイアウトを採用し、室内の広さにおいて、このカテゴリーで一番を実現。そのセンタータンクレイアウトを生かした後席のシートアレンジなど、プラスアルファの価値も身に着けられている。

押し出し感のあるルックスも、人気を呼びそうな感じだ。

また、かつての名車から「N」の名前を復活させたあたりにも、ホンダがこのクルマにかける意気込みが伝わってくる。

ホンダが宣言しているとおり、このクルマから、ホンダの軽が変わっていくことを予感させる仕上がりだった。

もっともオールラウンドでスポーティ

日産 ルークス日産 ルークス

お伝えしたとおり、ルークスはパレットに対する独自性として、ハイウェイスター主体のラインアップとなっている点が特徴。

スズキからOEM供給を受けるルークスだが、これまでベース車であるスズキパレットと同等か、時折凌ぐほどの販売を見せているのは、日産の販売力もさることながら、このクルマの性格に、ハイウェイスターというキャラクターが上手くマッチしているからだろう。さらに、オーテックジャパンにより特別に外観を仕立てられた特別仕様車「アーバンセレクション」なる設定があるのも、日産ルークスならでは。

クルマ自体は、両側スライドドアを持つことはもちろん、ライバルと比べた中では、乗用車よりのつくりと、スポーティな性格が与えられている。走り味も、そのイメージから期待するとおり、もっともスポーティなものとなっている。

広い室内空間や両側スライドドア、多彩なシートアレンジといった、このカテゴリーに求められる要素をそつなく持ちつつ、さらに一連のスポーティさで若々しい雰囲気をさりげなく身に着けた、そんなオールラウンドなキャラクターこそ、ルークスハイウェイスターならではの魅力といえるだろう。

わかりやすい魅力にエコ性能もアップデート

ダイハツ タントダイハツ タント

かつて2010年には軽自動車の月販トップの座に何度もついて、年間でもワゴンRと4000台弱の差で2位となったほどの人気を誇ったタント。

本来は特殊な位置づけだったはずのタントがこれほどの人気を得たことで、やがてパレットやルークスが生まれ、そしてN BOXが出てきたわけだが、タントが軽トールワゴンの人気に火をつけたことは想像に難くない。

そんなタントは、広大な空間、それを生かしたシートアレンジや、豊富な収納スペースなどをはじめ、独自のミラクルオープンドアなど、わかりやすい魅力を持ち合わせているところが人気の秘訣である。

そのタントが、このほど新パワートレインと新エコアイドルを装備し、エコ性能の面でもアップデートを図り魅力度を高めた。デビューから丸4年。ライバルモデルが次々登場しても、迎え撃つタントの根強い人気も侮れなさそうだ。

ホンダ N-BOX 関連ページ

日産 ルークス 関連ページ

ダイハツ タント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-BOX の関連記事

ホンダ N-BOXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-BOX の関連記事をもっと見る

ホンダ N-BOX の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円