autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 モアスペース軽トールワゴン徹底比較 3ページ目

3台比較 2012/1/27 20:24

モアスペース軽トールワゴン徹底比較(3/4)

モアスペース軽トールワゴン徹底比較

独自のセンタータンクレイアウト

ホンダ N BOXホンダ N BOX

2段構成のインパネは、真ん中がトレー状になっており、メーターまわりや両端のドリンクホルダーなどが立体的なデザインとされ、アンダー部分も明るい配色を施している。インジケーターではなくメーター周囲のリング照明色の変化でエコ運転度を表すというのもホンダならでは。

スタンダード系モデルにも、廃されがちなタコメーターが設定されている点も特徴だ。ホイールベースは2520mmと最大であり、室内長、室内高とも最大。リアのスライドドア開口幅も640mmと大きく、登録車のミニバンなみとなっている。ルームミラーの設置位置や、上下に長いサンバイザーなど、小柄な人でも座ったまま動かしやすいよう配慮されている。

また、運転席に座った状態で左側の前輪、左右の後輪、さらにはクルマの後ろの様子まで確認でき、幅寄せや縦列駐車、車庫入れの際に役立つという「ピタ駐ミラー」も新しいアイデアだ。

リアシートは中央側に左右独立のアームレストが備わる点が特徴。前後スライド機構はないが、センタータンクレイアウトのおかげで、跳ね上げると背高な荷物を積み込めるスペースに早変わりし、シートを前倒しすると、低い位置でフラットになる。そのため低い開口部下端と併せて、大きな自転車でも積み降ろししやすいのが特徴だ。

装備全般について、スタンダード系モデルでも、カスタム系に対してあまり見劣りすることなく、充実した設定となっている印象だ。

ホンダ N BOXホンダ N BOXホンダ N BOXホンダ N BOXホンダ N BOX

乗用車的な室内空間

日産 ルークス日産 ルークス

鋭いラインで区切られたインパネのデザインや、ドライビングポジションの設定など、3台の中ではもっとも乗用車的という印象。

視認性とデザイン性を兼ね備えたファインビジョンメーターを採用。ハイウェイスター シリーズではスポーティな3連タイプとなり、ピアノブラックのパネルに各部のメッキリングも映える。

ドライビングポジションも、3台の中ではいくぶん乗用車的な印象で、運転席ハイトアジャスターが付き、またルークスのみ前席シートベルトのショルダーアンカー高の上下移動が可能となっている。

また、シートポジションの設定によるものか、頭上空間の余裕はもっとも大きいように感じられる。

収納スペースの一個一個はあまり大きくはないが、ダッシュのインパネセンターボックスや助手席シートアンダーボックスなど数が豊富に設定されているのが特徴的で、助手席アッパーボックスには保冷機能が付く。

インナードアパネルは全面が樹脂製となっているケースが多いが、ルークスでは上の部分にファブリックが貼られているのが特徴。

このあたりも乗用車的で、とっつきやすく感じるユーザーも少なくないことだろう。ラゲッジスペースは、フロア部分の広さは比較車と同等だが、両サイドのタイヤハウス後方のスペースが開いているので、実質的な荷室の横幅はもっとも大きい。

日産 ルークス日産 ルークス日産 ルークス日産 ルークス日産 ルークス

ミラクルオープンドアと多彩なシートアレンジ

ダイハツ タントダイハツ タント

最大の特徴は、もちろん助手席側のセンターピラーをなくした「ミラクルオープンドア」だ。これにより助手席側の前後ドアを開けたときの、タントならではの使い勝手を実現している。

スクエアなボディ形状により、室内空間の広さは、N BOXに後塵を拝するも、広いことには変わりはない。センターメーターの採用も特徴的で、メーター内のマルチインフォメーションディスプレイには、アイドリングストップ時間、平均燃費などを表示させることもできる。

さらにGグレードにはリアルタイムのエコドライブ度を葉の形の変化で直感的に知らせる「ecoリーフゲージ」も装備される。

インテリアは明るいブラウンとベージュのツートーンカラーとし、各部のパネルやシートなど丸みのある柔らかいラインで構成されており、親しみやすさを感じさせる。収納スペースもフック類も非常に豊富で、運転席前にもリッドの付くスペースがあり、グローブボックスもとても大きな容量が確保されている。ウエストラインが低く、ガラス面積の大きいパノラミックな室内空間となっている点もタントならでは。

インナードアパネルのえぐり方も大胆で、開放的なつくりと併せて、横幅が広く感じられる。リアシートのニースペースは長大で、助手席を前倒しするとテーブルになるのも特徴。リアシートは左右別々に260mm、助手席も280mmと大きくスライド。助手席を前に倒し、左側リアシートを格納すれば、かなりの長尺物も積み込める。

ダイハツ タントダイハツ タントダイハツ タントダイハツ タントダイハツ タント

内装・装備の総評

室内空間は、数字の上での差こそあるものの、いずれも十分に広い。ただし、インテリアデザインや開放感など、居心地の印象はそれぞれ違う。たとえば、ガラス面積の大きなタントは、開放感の大きさをセールスポイントとしているが、N BOXは全高や室内高がタントより大きいものの、ガラス面積はそれほど大きくなく、むしろ囲まれ感があることをヨシとして設計されたかのようだ。ルークスでは、あまり着座姿勢をアップライトにしすぎず、乗用車的になるよう設定されている。

また、前後スライドの有無や、リクライニング機構の違い、そして後席のシートアレンジの違いや、荷室の大きさやフロア高、さらに開口形状なども大なり小なり違いがあり、使い勝手を大きく左右する。購入検討時にはぜひ綿密にチェックしていただきたい。

ホンダ N-BOX 関連ページ

日産 ルークス 関連ページ

ダイハツ タント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-BOX の関連記事

ホンダ N-BOXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-BOX の関連記事をもっと見る

ホンダ N-BOX の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円