autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 低燃費コンパクトカー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2011/12/19 18:20

低燃費コンパクトカー 徹底比較(3/4)

低燃費コンパクトカー 徹底比較

エコドライブ度をリアルタイムで判定する「i-DM」

マツダ デミオ SKYACTIVマツダ デミオ SKYACTIV

マイナーチェンジで、スカイアクティブではないデミオにも、メーターに瞬間燃費と平均燃費を表示するトリップコンピューターや、エコランプが設定されている。

さらにスカイアクティブには、ドライバーの運転操作とエコドライブをサポートする世界初の「i-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)」が搭載されたのが特徴。これは、アクセル、ブレーキ、ステアリングなどの操作や車速の変化を検知し、メーター内のディスプレイに表示されたランプの色と、ゲージの点灯で運転操作に対する判定をリアルタイムで表示するというもの。

運転終了後には、操作に対するスコアやアドバイスなどが表示されるため、ドライバーは運転スキルの上達を実感することができる。

インテリアでは、丸みを帯びた各部のデザインが印象的。シートも丸く、ややサイズは小さめ。前席のシートポジションは、下記2モデルがアップライト気味であるのに対し、デミオは乗用車的で、着座位置も低めとなっている。

ステアリングにテレスコピック機構が付かないところは少々難点だが、下記の2モデルは中央席がまだ2点式のところ、後席中央席ELR3点式シートベルトとヘッドレストを全車標準装備した点は大いに評価できる。

また、近年のマツダ車ならではの特徴だが、ETC車載機がサンバイザーの上にあることや、ドアグリップの底など爪が当たりそうな部分にフェルトを貼って爪を傷つけないように配慮していることなどが挙げられる。

マツダ デミオ SKYACTIVマツダ デミオ SKYACTIVマツダ デミオ SKYACTIVマツダ デミオ SKYACTIVマツダ デミオ SKYACTIV

上質なインテリアと後席の居心地

スズキ スイフトスズキ スイフト

2代目スイフトでは難点として挙げられることの多かったインテリアの質感が、3代目では格段の向上をはたしている。収納スペースが豊富に設定されているのも特徴だ。

デミオやフィットハイブリッドのように、エコドライブを象徴する表示機能はないものの、メーター内のインフォメーションディスプレイは燃費に関する項目も設定され、エコドライブインジケーターも備わった。

大きなドアミラーはスズキ車の特徴。サイドウインドウの下端のラインが、ほかの2台はフロント下がり&リア上がりになっており、ドアミラーまわりは低い位置まで視野が広がっているが、スイフトもアイポイントが高いため、それほど死角を大きく感じることはない。

スイフトはベーシックなコンパクトカーではあるが、比較的高めの位置でアップライトに乗員を座らせるなど、パッケージングの考え方はトールワゴン的な面もあり、天地方向のスペースを活用したものとなっている。立ち気味のフロントだけでなく、サイドウインドウもあまり傾斜しておらずほぼ垂直で、小さいボディながら室内空間をより広く確保したつくりとなっており、その点ではデミオよりもむしろフィットとの類似性が見受けられる。

後席への乗降性もよく、クッションの厚みのあるリアシートを備える点もスイフトの特徴で、後席の居心地も良好だ。

開口部の下端が高いラゲッジスペースは、奥行きが小さく容量も大きくないものの、あまり荷物は多くなく、後席に人を乗せて長い距離を走るといった使い方にもっとも適するのは、今回の中ではスイフトといえるだろう。

ラゲッジフロアは2段構造となっており、リアシートを前倒しすると、その上段と同じ高さでフラットになる。

スズキ スイフトスズキ スイフトスズキ スイフトスズキ スイフトスズキ スイフト

フィットの良さをそのままにハイブリッド化

ホンダ フィットハイブリッドホンダ フィットハイブリッド

フィットと同じく、燃料タンクは前席下に配置したセンタータンクレイアウトを採用しているため、リアシートをダイブダウンさせて低い位置でフルフラットにすることができる。

ハイブリッド化にともない、バッテリー等はフィットではアンダーボックスとなっているラゲッジフロア下の低い位置に搭載されているので、そのスペースはないことになるが、フィットが評価された要因である、優れた積載能力や広い室内空間などによる使い勝手の良さは、ほぼそのまま受け継いでいる。

ただし、フィットと同様に後席の居住空間は大きいものの、前述のシートアレンジ性を実現するため、リアシートはサイズが小さく、クッションが薄いものとなっているのは否めない。

フロントまわりでは、大きく寝かされた、前後方向に長いフロントスクリーンが特徴。Aピラーとドアミラーの間にもウインドウが設定されており、死角も小さい。これらにより、室内はミニバン的な印象の空間となっている。収納スペースも非常に豊富に設定されている。

ハイブリッドならではの装備としては、アクセルやブレーキの操作の具合により、スピードメータの背景色が3段階に変化するアンビエントメーターや、エコドライブ度をリアルタイムに表示する「コーチング機能」と、それを採点してアドバイスする「ティーチング機能」を備えたディスプレイが特徴的。

さらに、ホンダのHDDインターナビシステム装着車では、上記をより詳しく分析し、さらなる実用燃費向上にむけたアドバイスも表示されるようになっている点も特筆できる。

ホンダ フィットハイブリッドホンダ フィットハイブリッドホンダ フィットハイブリッドホンダ フィットハイブリッドホンダ フィットハイブリッド

内装・装備の総評

この3台では、AピラーやCピラーの傾斜角は見てのとおりで、サイドウインドウの傾斜角もだいぶ違うし、ヒップポイントやアイポイントの高さやシートの角度も違うため、キャビンでの印象がずいぶん異なる。

もっともオーソドックスなのはデミオで、その対極にフィットハイブリッドがあり、スイフトはどちらかというとデミオ寄りかと予想したが、すべてのウインドウを立たせ気味に設定することで室内を広く使えるようにしている。乗員の配置も高めになっていたりと、意外やパッケージングの考え方はフィットのほうが近い印象。

サイドウインドウについては、デミオとフィットがかなり前下がりになっているのに対し、スイフトは水平に近い角度に設定されている点も異なる。これらにより室内に座ったときの印象は3台それぞれ大きく異なる。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/14~2017/12/14