autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産3列シートSUV 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/10/26 19:39

国産3列シートSUV 徹底比較(3/4)

国産3列シートSUV 徹底比較

もっとも“使える”3列目を持つ

インパネステアリング&メーター

ヴァンガードには、7人乗りのほか5人乗りも用意されている。7人乗りの3列目はエマージェンシーシートの域を脱しないのは否めないし、乗降性も含めて常用には向かないのも事実だが、今回の3台の中では、居住性についてはトップである。サイドシルも低く抑えられている。

5:5分割可倒式の3列目シートは、背もたれの背面のラゲッジルーム側にある2つのストラップを引いて床下に格納することができる。肩のレバーを引くだけで簡単にダイブダウンし、座面が下がるとともに、背もたれもフラットになる。完全フラットではないが、使い勝手と積載性に関しては、いいところだと思う。

そのようにしておけば、広いラゲッジルームとしてそのスペースを使うことができる。実際にユーザーも重宝するだろう。またこれは、シートが左右独立していないとアレンジの操作が容易にできないくらい重く、それだけしっかりとしたシートが備わっているという意味でもあるだろう。バックドアが横開きとなっている点も特徴的だ。

2列目のフロアはほぼフラットで、センターコンソール付近に少しふくらみがある程度。シートも大ぶりで、フロアが低く、2列目シートの居住性についてもかなり優れる。インパネのデザインは、基本的にRAV4と同じ。助手席のアッパーボックスを、オープンもクローズもスイッチ操作できるようになっている。

2.4L車が3.5L車に比べて、あからさまに下の位置づけとなっていないところも好印象だ。電動本革シート仕様など、こうした3.5L車のような上級仕様が、2.4L車にも用意されている。そのような仕様があること自体も、比較車に比べたアドバンテージである。

シフト2列目シート3列目シートラゲッジラゲッジ

ミニバンにクロカンテイストを演出

インパネステアリング&メーター

直線基調のインテリアのつくりで、収納スペースも豊富に設定されている。使い勝手もよさそうだ。このあたり、SUVというよりは、ベースのストリームがいちおうはミニバンであることを感じさせる。内側と外の視覚的なバランスもよい。

ただし、3列目は乗り込んでしまえば、それほど狭いわけではないが、あくまで非常用という設定のようだ。ストリームに近い居住空間が確保されているが、3列目シートを使用すると、ラゲッジスペースがほとんどなくなってしまう。普通にいつでも使えるという設定ではなく、3列目を格納した状態が標準と考えたほうがいいだろう。

ラゲッジスペースは、2列目、3列目とも倒した場合に、両席の隙間が平らになるようボードを設置するなど、ユーティリティ面もよく考えられている。シンプルアレンジで操作しやすく、使いやすい。たまに使う3列目としては秀逸なつくりといえる。

リアドアの開く角度が大きく、乗降性については、2列目と3列目の間にできる空間が小さいのだが、アクセス性がそれほど悪いわけではない。2列目は非常にしっかりとしたシートが備わり、2~3列目の後席の居住空間は、スクエアなフォルムにより、ボディサイズを補うような空間の設定となっている。

運転席は、インストとウエストラインが高く、各ウインドウが直立気味に設定されており、ちょっと不思議な感覚となる。前席サイドウォークスルーができるのは、3台の中ではクロスロードだけだ。やはりミニバン派生車であることを感じさせ、実際ミニバンっぽい使い方もできる。収納スペースは、SUVというよりもミニバン的な設定で、これだけあれば実用上は十分だろう。

シフト2列目シート3列目シートラゲッジラゲッジ

あくまで5人乗り主体のパッケージ

インパネステアリング&メーター

アウトランダーも、5人乗りと7人乗りがほぼ同価格でラインアップされている。ただし、あくまで簡易的な左右一体のシートで、スペース的にもエマージェンシー仕様となっている。

通常はラゲッジスペースの床下にスッキリと納まり、必要に応じて引き起こせばプラス2名分のスペースとすることができる。基本は5人乗りと捉えたほうがいいだろうが、いざというときのために3列シート車を買うのはありだろう。

ラゲッジスペース自体の容量はかなり広い。テールゲートをアッパーとロアに分けて開くことができるのも特徴で、レジャーシーンなどでの楽しいひとときを演出してくれることだろう。

2列目は、6:4分割でタンブルや前後スライドをさせることができる。後席ドアはそれほど大きく開くわけではないが、開口部の形状により、乗降性は悪くない。低めのフロアにより、居住空間も実際以上に広く感じられる。

直線基調というほどでもなく、端正にそつなく、奇をてらったところはまったくなく、外観同様にスッキリとしたデザインには好感を抱く。

今回のライバル車に比べたアドバンテージとして、ステアリングにはCVTをマニュアル操作するためのパドルシフトが付くことも挙げられる。そして、操作性、レスポンスとも良好だ。また、助手席アッパーボックスにエアコン風を用いた保温保冷機能を与えたり、「G」グレードにロックフォード製オーディオが標準装備するなど、独自のアイテムも光る。

シフト2列目シート3列目シートラゲッジラゲッジ

内装・装備の総評

3列目シートを使うつもりであれば、スペース的にはヴァンガードがもっとも優れ、3列目を使った場合でもラゲッジスペースを少し確保できる。反対に、クロスロードとアウトランダーでは、構造的にも非常用と割り切るべき。これは、3列目シートをテーマとした場合の話であり、クルマとしては優劣を語るものではない。そしてクロスロードの室内は、他の2台がSUV的であるのに対し、ミニバン的な構成となっている。

トヨタ ヴァンガード 関連ページ

ホンダ クロスロード 関連ページ

三菱 アウトランダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴァンガード の関連記事

トヨタ ヴァンガードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • トヨタ ヴァンガード 試乗レポート

    試乗レポート

    トヨタ ヴァンガード 試乗レポート

    ヴァンガードのマイナーチェンジは「燃費の向上」と「減税額アップ」がトピックRAV4のストレッチバージョンである「ヴァンガード」は、RAV4に....

  • トヨタ ヴァンガード 新型車解説

    新型車解説

    トヨタ ヴァンガード 新型車解説

    ヴァンガード、初のマイチェンでリッター13.2km/Lへ!ヴァンガードがマイナーチェンジを行った。2007年8月にデビューしたヴァンガードは....

  • 国産3列シートSUV 徹底比較

    3台比較

    国産3列シートSUV 徹底比較

    もともと北米市場ではミニバンが市民権を獲得していた。ところがやがて、ミニバンは「所帯じみている」という認識となり、SUVが脚光を浴び始めた。....

トヨタ ヴァンガード の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴァンガード の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23