autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 低重心ミニバン3列シート車 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/11/9 18:14

低重心ミニバン3列シート車 徹底比較(4/4)

低重心ミニバン3列シート車 徹底比較

購入したユーザーの満足度は高いはず

走行走行

「saloon’s Future」と謳ってはいるものの、現時点ではジオに高級セダンの派生モデルとか、将来像などといったイメージはあまりないように思う。やはり、ワゴンやミニバンのほうが近いだろう。

しかし、たとえば現時点でオデッセイを愛車としているような、所有するクルマがセダンであるかどうかを問わないと思っている、比較的高い年齢層のユーザーに対しは、それなりに訴求力はあると思う。

購入したユーザーにとっては、走りも悪くないし、室内の雰囲気も上々であるし、満足度は高いと思う。

よくできたクルマであることは違いないのだが、ジオの心配な点は少々「華」に欠ける気がするのだ。今後の動向を、興味を持ちながら見守りたいと思う。

スポーティだけでなくミニバンとしての機能も一級品

走行走行

オデッセイには、これまで築いてきたブランド力がある。また、ジオにはない若々しいイメージもある。アブソルートともなればなおさらだ。

スポーティな走りについては、所望するユーザーの期待に応えている部分だからいいとしよう。とくにアブソルートであれば、ミニバン界全体においても、ナンバーワンといえるハンドリングを持っている。

そして、スポーティなイメージのみが一人歩きしている感もあるが、ユーティリティや室内空間など、クルマに備わる機能としては、ミニバンとして見ても一級品であることは、念を押しておきたい。

ただし、オデッセイ自体が、全高を1550mm(アブソルートFFの場合)になったことについては、「背が高い乗り物」というミニバンの魅力のひとつの側面が薄れた気がしないでもない。それは、初代-2代目の従来のオデッセイを愛用してきたユーザーにとっても当てはまるのでは、と思える。

クラス・ナンバーワンの存在

走行走行

もともと5ナンバーサイズであったプレマシーだが、日本よりも世界を視野に入れ、5ナンバーサイズを超えてでも、現代に求められるクルマとしての完成度を追求した結果、それがよい方向に進んだと思える。

そうはいっても、ミニバンとしてはコンパクトな部類に属するわけだが、その中で、これ以上思い浮かばないほど合理的にユーティリティを追求し、実現している。使い勝手という点では、今回の3台の中でもそうだし、同クラスのライバルにおいても、プレマシーがもっとも優れると思う。そして、走りも抜群にいいのがプレマシーだ。

クルマの出来を考えると、価格も非常にリーズナブルとあらためて感じられる。とくにこの23Sであれば、標準装備されるアイテムという面でもアドバンテージがあるし、優れた動力性能という大きな付加価値も付いてくるのだ。

トヨタ マークXジオ 関連ページ

ホンダ オデッセイ 関連ページ

マツダ プレマシー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ マークXジオ の関連記事

トヨタ マークXジオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 低重心ミニバン3列シート車 徹底比較

    3台比較

    低重心ミニバン3列シート車 徹底比較

    「マークXジオ」とネーミングされた新型車が登場した。このモデルは、2005年の東京モーターショーに出展された「FSC」のコンセプトをそのまま....

  • トヨタ マークXジオ 試乗レポート

    試乗レポート

    トヨタ マークXジオ 試乗レポート

    “新・大人関係”4+Freeという提案子育ても終わり自らのために割ける時間も増えたので、アルファードやエスティマのような大きなミニバンはもう....

  • トヨタ マークXジオ 新車発表会速報

    新型車リリース速報

    トヨタ マークXジオ 新車発表会速報

    トヨタが想像した新型自由サルーン登場 マーク・ブランドに初のミニバンスタイルのキャビンが誕生した。トヨタは26日、セダン、ミニバン、ワゴンと....

トヨタ マークXジオ の関連記事をもっと見る

トヨタ マークXジオ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25