autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産スポーティコンパクトカー 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/11/30 17:10

国産スポーティコンパクトカー 徹底比較(4/4)

国産スポーティコンパクトカー 徹底比較

ファミリーカーとしても十分に通用する

走行走行

初代フィットは、デビューするやベストセラーカーとなり、初代ヴィッツに後塵を浴びせた。フィットが評価されたのは、まず価格が安く、親しみやすいデザインと、コンパクトなサイズながらスペースユーティリティに優れ、軽快な走り、優れた燃費など。実に万能なコンパクトカーであったからだ。

そして2代目は、初代が評価されたところのあらゆる要素を向上して登場した。ボディサイズが拡大されたことは、賛否両面の見方はあるかもしれないが、クルマとしての素性は、やはり確実に向上していることは間違いない。ファミリーカーとしても十分に通用するだけの実力を身につけたといえる。

そしてそれは、今回の3台の中でもフィットがだいぶ上をいっているように思える。従来のコンパクトカーの概念から、一歩抜け出した感があるのだ。

走りとデザインと楽しめるコンパクトカー

走行走行

結局デミオはどういうクルマになったかというと、パッケージングとしては、これまで述べたとおり、ごくベーシックなコンパクトカーとなったわけである。

では、そこにデミオの場合、どういった付加価値があるのかというと、それはスペシャリティ・コンパクトカーとしての資質ではないかと思う。このクラスのクルマはどれも個性的になったが、スタイリングも走りも、ライバルにはない味を追求したところがデミオの持ち味だろう。

結果的には、ありきたりなコンパクトカーと大して変わらないという見方もあるだろうが、そこを「マツダがつくったからこうなった」という新しい価値をアピールするクルマに、ちゃんと仕上がっていると思えるのだ。

売れ続けるための実力と価値

走行走行

現行ヴィッツは、ボディのサイズアップによる居住空間の拡大とキビキビした走りという、いわば初代フィットが評価された要素を上手く盛り込んだように思える。それはファミリーユースにも使うという近年のコンパクトカーに求められる要素にも応えたものであった。

そして、RSのようなスポーティな雰囲気が好みというユーザーは多い。しかし、1.5 L車ではどうしても価格が高くなってしまうという部分で、低価格な1.3L車を設定することで、さらにユーザーの期待に応えようという意図があったのではないかと思う。

あれほど新しさを感じたクルマも、後発モデルが出てくるとあまりそれを感じなくなってしまうところだが、ヴィッツは販売実績が物語るとおり、「欲しい」と思わせるだけの価値を、ちゃんとユーザー感じさせるクルマであることは間違いない。

ホンダ フィット 関連ページ

マツダ デミオ 関連ページ

トヨタ ヴィッツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィット の関連記事

ホンダ フィットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィット の関連記事をもっと見る

ホンダ フィット の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19