autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 欧州Dセグメント人気ワゴン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2011/9/16 10:34

欧州Dセグメント人気ワゴン 徹底比較(3/4)

欧州Dセグメント人気ワゴン 徹底比較

絶対的な容積重視の室内空間

フォルクスワーゲン パサートヴァリアントフォルクスワーゲン パサートヴァリアント

絶対的な容積を重視し、各部がボディ外寸をできるだけ有効に室内空間に充てた形状となっている。それもあって後方視界はもっとも良好だ。

段付きのある横基調のデザインのインパネには、横一文字にウッド、センターにアルミのデコラティブパネルが配されており、上質さを強調しているわけでもないが、全体的にさりげなく質感の高さを感じさせるものとなっている。

ドアポケットに緩衝材が配されており、グローブボックス内に保温冷機能のあるエアコン送風口が付くのもパサートならでは。オプションで装着可能な電動パノラマスライディングルーフは、これほど大きな面積を持ちながら、前半部分を開閉させることができる。

リアシートは、比較的平らな座面にアップライトな姿勢で座る設定とし、よりラゲッジ容積を稼いでいる。

ラゲッジスペースは、3台中でもっとも奥行きが大きく、高さもある。ラゲッジ側からも倒すことのできるリアシートは、シングルフォールドだけでなくダブルフォールドも可能で、後者とすればラゲッジフロアからシート前端までがほぼフラットになる。

ハイラインには少々のパンクであれば自己修復するモビリティタイヤが標準装備されるため、スペアタイヤは積まず、ラゲッジフロア下にはそのぶんの大きなスペースがある。

トノカバーは、グリップ部を押して3段階にスライド位置を調整できる構造となっているのも特徴だ。

安全装備も充実しており、ステアリングへの入力から、疲労や眠気による、通常の運転パターンと異なる動きを検知して、ブザーと表示により休憩を促し、居眠り運転による事故を未然に防ぐ「ドライバー疲労検知システム」が搭載されたのもトピックである。

フォルクスワーゲン パサートヴァリアントフォルクスワーゲン パサートヴァリアントフォルクスワーゲン パサートヴァリアントフォルクスワーゲン パサートヴァリアントフォルクスワーゲン パサートヴァリアント

クラスを超えた装備が多数

プジョー 508SWプジョー 508SW

508SWには、広大な開口面積を誇るパノラミックガラスルーフが標準装備されるのが最大の特徴だ。

ガラス部分は固定式で開閉できないが、そのぶん横幅が広く確保されているし、途中で区切れ線が入ることもないため、より大きな開放感を得ることができる。後席乗員にありがたがられることだろう。このあたりはパサートヴァリアントのものと好みの分かれるところだ。

パーキングブレーキの下のパネルを開けると、ヘッドアップディスプレイの調整やESPの動作など使用頻度の低いスイッチが収められている。右にクルーズコントロール、左にオーディオ系を主に配したステアリングスイッチは、数は多いが使いやすい。

後席の居住性も高く、ロングホイールベースの恩恵でニースペースはもっとも広い。頭上空間はそれなりだが、ヒップポイントを落として斜めに座らせることで、広く感じさせる設定となっている。

また、他の2モデルではセンタートンネルが高いのに対し、508SWは少しだけ盛り上がっているにすぎず、足元は広々としている。後席中央に人を乗せる機会の多いユーザーには、このクルマがもっとも適するだろう。

ラゲッジスペースは、わずかながら横幅がもっとも広く、グリフには、このクラスでは貴重なパワーテールゲートが標準装備されるのも特徴だ。

プジョー 508SWプジョー 508SWプジョー 508SWプジョー 508SWプジョー 508SW

ブランドイメージへの高い期待に応える安全装備

ボルボ V60ボルボ V60

上にV70という上級機種を置くV60は、ラゲッジスペースの容量には拘っておらず、それほど奥行きも高さも大きくない。ただし、ワゴンに関しては一家言あるボルボらしく、使い勝手への配慮はさすがだ。

やや高めのフロアは、一部を引き起こしてパーテーションにできるし、フロア下にアンダーボックスがあり、分割式のセーフティネットとなっているのもボルボならでは。もちろんそれを収納することも可能。

4:2:4分割可倒式のリアシートは、前倒しすると自動的にヘッドレストが倒れて平らになるというあたりの仕組みも便利。テールゲートの裏側が荷物によりキズがつかないよう全面的に緩衝材で覆われているのもV60のみだ。

安全装備についても他車をリードしている。30km/h以下の低速走行時における追突事故を減少させる低速用追突回避・軽減オートブレーキシステム「シティセーフティ」を全車に、レーダーにより歩行者などを検知し、衝突回避を図る「ヒューマンセーフティ」を設定。

隣接する車線を走る後続車の存在を知らせる「BLIS」や、独自の「WHIPS(衝撃吸収式リクライニング付フロントシート)」、「ROPS(横転保護システム)」、前席だけでなく後席も中央を含め全席プリテンショナー式シートベルトが与えられるのもボルボならではである。

ドライバーへ向いたインパネは、センターパネルの後ろが抜けた、お馴染みのフリーフローティングセンタースタック。たっぷりとしたサイズとクッションを持つ前後シートもボルボらしい。

センターパネルにはツヤを消した新しい質感のシルバーのパネルを特徴的に用いている。これら一連の樹脂パネルやレザーの質感、北欧テイストを用いたデザインなどによる質感は、上記2モデルよりもやや高級感あるものとなっている。

ボルボ V60ボルボ V60ボルボ V60ボルボ V60ボルボ V60

内装・装備の総評

ワゴンとなれば、ラゲッジスペース容量が気になるところだが、パサートヴァリアントが603リットル~1731リットル、508SWが565リットル~1598リットル、V60が430リットル~1241リットルとなっており、パサートヴァリアントの圧勝。V60は、容量よりもあえてデザインを取ったクルマであるが、使い勝手においては、ワゴンづくりに長けるボルボらしく感心させられる部分が多い。快適性や利便性に関する装備では、508SWのクラスを超えた充実ぶりが見られ、安全性に関する装備においては、V60がボルボの一員としての面目躍如の感がある。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン パサート の関連記事

フォルクスワーゲン パサートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン パサート の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン パサート の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円