autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 カローラ系同門モデル 徹底比較 2ページ目

3台比較 2008/1/11 12:09

カローラ系同門モデル 徹底比較(2/4)

カローラ系同門モデル 徹底比較

若者向けでありつつ万人向けでもある

フロントスタイルリアスタイル

このクルマに「カローラ」の名前がつくことに違和感を覚える人も多いだろうが、ともかくカローラ ルミオンという新型車である。パワートレイン系を一連のカローラシリーズと共用しており、その意味ではそれほど大きく外れているわけでもない。

 オーリス譲りのプラットフォームを持つことから、ボディサイズはそれなりに大きく、どちらかというと若者向けのルックスでありながら、誰でも乗れる懐の深さも備えているように思える。

現行のbBでは小さいとか、奇抜なデザインに躊躇していたという人にとっても、カローラ ルミオンであればすんなり受け入れられるであろう。3台を並べると、カローラ ルミオンのスクエアなフォルムは際立つ。いかにもスペースユーティリティがよさそうな印象を受ける。

走りは、欧州戦略を視野に入れたオーリスのプラットフォームをベースとしているだけに、そつのないまとまりを見せる。

ただし、それなりに車重もあるし、車高及び、重心も高くなるので、それを感じさせないようなシャシーセッティングが施されている。具体的にいうと、全体的に少し固めで、とくにリアは跳ね気味な面も見受けられるのだが、まずまず許容範囲であろう。

エンジンは1.8Lと1.5Lが用意される。取材車両の1.8Sエアロツアラーのみパドルシフトが備わっており、これを駆使して小気味よいシフトチェンジを楽しめる。別の機会に1.5L車にも試乗したのだが、平坦地の一般走行であればそれほど大きな違いを感じないのだが、上り坂や、高速道路での追い越しなどでは、明らかな差を感じる。

また、1.5L車では、低速トルクが不足気味のところを、スロットルを大きく開けることで補うセッティングとなっており、発進・停止を繰り返すような市街地の走行ではやや違和感を覚える。カローラ ルミオンでは1.8Lエンジンのほうがはるかにマッチングがよい。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

ベストセラーカーらしいまとまり

フロントスタイルリアスタイル

日本車のラインアップから、高級なステーションワゴンというカテゴリーが消滅しかけている現状だが、カローラ フィールダーのようなコンパクトクラスのワゴンは、主要メーカー各社からラインアップされており、相当な台数がコンスタントに売れている。そしてカローラ フィールダーも、だいぶ前からカローラシリーズの中で、もっとも売れる車種となっている。

現行モデルは、従来よりも上質感を身に付けるとともに、各部にカローラらしからぬ斬新なデザインモチーフを用いて、新しい時代のカローラの姿を表現している。スタイリングにも、ベーシックなワゴンでありつつ、積極的に選びたくなる雰囲気を持っている。

走りについては、今回の3台の中においては、欧州戦略を視野に入れたプラットフォームを持つクルマを相手にすると、さすがに引け目が感じられなくもないが、全体として、見た目にも走りにも、ベストセラーカーらしいそつないまとまりがある。

ただ、リアサスペンションが突っ張り気味で、もう少しストローク感がほしいところである。

エンジンは、カローラ ルミオンよりも100kg近く軽量なカローラ フィールダーであれば、1.5Lでも十分。さらに1.8Lであれば、余力が感じられる。また、取材車両の1.8Sエアロツアラーにはパフォーマンスダンパーが与えられる。これにより、シュアなステアリングフィールを実現している。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤ エンジン

日欧戦略プラットフォームの高い実力

フロントスタイルリアスタイル

日本や欧州で激戦区となっているCセグメント車は、軒並みボディサイズが拡大し、装備面でも充実が図られ、走行性能もそれなりに充実してきている。それらができていないと、ライバルに太刀打ちできないという厳しい状況となっている。

そんな中で、日欧戦略車としてトヨタが本腰を入れて開発したのがオーリスだ。エクステリアデザインは、ランクスをひとまわり大きくしたような印象で、ちょっと似すぎている気がしないでもない。

このクルマの崇高なコンセプトを、もっと効果的に日本のユーザーにも伝えるのであれば、もう少し違うアプローチがあってもよかったかもしれない。ただし、プラットフォームの実力はけっこう高い。これまでトヨタ車が踏み込んでいない領域まで、チャレンジした印象で、高速巡航でもドイツ車のような安定感があり、静粛性も高い。

また、もっとも印象的なのがハンドリング性能だ。ステアリングフィールに、これまでの日本車にはあまり感じられなかったような、路面をしっかりホールドしている感覚があり、ハイスピードのコーナリングも得意とする。このフットワークこそ、カローラ ルミオンやカローラ フィールダーに比べて、オーリスが圧倒的に勝る部分である。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

見た目の違いはあれど、いずれも若々しい雰囲気を持っているといえる。カローラ ルミオンは現行bBのような若者向けのキャラクターを持ちつつ、万人向けのそつなさを併せ持っている印象。カローラ フィールダーも、カローラのワゴンという素性に関わらず、若々しい印象を放っている。パワートレインも共通だが、車重の違いから、動力性能の印象も微妙に違う。また、パッケージの違いによりフットワークの印象も違いがある。ドライブフィールについては、やはりそこにかなり力を入れたというオーリスが一歩抜きん出て感じられる点は評価できる。

トヨタ カローラルミオン 関連ページ

トヨタ カローラフィールダー 関連ページ

トヨタ オーリス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ カローラルミオン の関連記事

トヨタ カローラルミオンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • カローラ系同門モデル 徹底比較

    3台比較

    カローラ系同門モデル 徹底比較

    1966年に「トヨタ カローラ」は誕生した。ベーシックなコンパクトセダンとして登場したこのクルマは、その後常にベストセラーカーであり続け、今....

  • トヨタ カローラルミオン 試乗レポート

    試乗レポート

    トヨタ カローラルミオン 試乗レポート

    ユニークでシンプルなリラックス・デザインカー誕生正直な第一印象は「bBの兄貴分?」だった。遠からずそれはその通りで、ルミオンは北米のサイオン....

  • トヨタ カローラルミオン 新型車解説

    新型車解説

    トヨタ カローラルミオン 新型車解説

    何もかもが新しい新型カローラ誕生「トヨタと言えばカローラ、カローラと言えばセダン」という方程式はもはや人類文明では当たり前という程の存在。今....

トヨタ カローラルミオン の関連記事をもっと見る

トヨタ カローラルミオン の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24