autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 カローラ系同門モデル 徹底比較

3台比較 2008/1/11 12:09

カローラ系同門モデル 徹底比較(1/4)

カローラ系同門モデル 徹底比較
カローラ系同門モデル徹底比較

1966年に「トヨタ カローラ」は誕生した。ベーシックなコンパクトセダンとして登場したこのクルマは、その後常にベストセラーカーであり続け、今や世界140カ国以上で販売され、累計販売台数は3000万台を超えるまでに成長した。そのカローラのセダン(アクシオ)とワゴン(フィールダー)が、2006年10月にフルモデルチェンジして10代目に移行。「コンパクトセダン・ワゴンの新しいスタンダードを提案するクルマ」をコンセプトとし、従来どおり支持されてきた。

オーリスは、カローラのフルモデルチェンジから2週間後に登場した新型車。トヨタが日欧戦略車として本格的に力を入れて開発したモデルで、デザインも走行性能も本場のヨーロッパで鍛えたという意欲作である。これまで日本になかった、ボディサイズの少し大きなハッチバック車であり、走りにもこだわったという、このカテゴリーで先を行く欧州車を追従するモデルだ。

上記2モデルから約1年後の2007年10月に、カローラ ルミオンが登場。オーリスのプラットフォームをベースに、一連のカローラシリーズやオーリスに共通のパワートレインを搭載し、それを初代bBに似たボディに乗せたというクルマである。 なお、同車はアメリカでトヨタが展開する「サイオン」ブランドの「xB」というモデルと共通の内容となっている。従来は初代bBがその位置づけだったところ、xBがモデルチェンジし、それが、そのままカローラ ルミオンとして日本でも販売されることになったというのが経緯である。

この3モデルは、価格帯においてもそれほど大差がなく、購入の選択肢において、実際にこういう迷い方をするユーザーも少なくないと想像できるのだが、いかがだろうか?今回は、いずれも最上級グレードを持ち込んだ。それぞれの素性をチェックする。

トヨタ カローラルミオン 関連ページ

トヨタ カローラフィールダー 関連ページ

トヨタ オーリス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ カローラルミオン の関連記事

トヨタ カローラルミオンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • カローラ系同門モデル 徹底比較

    3台比較

    カローラ系同門モデル 徹底比較

    1966年に「トヨタ カローラ」は誕生した。ベーシックなコンパクトセダンとして登場したこのクルマは、その後常にベストセラーカーであり続け、今....

  • トヨタ カローラルミオン 試乗レポート

    試乗レポート

    トヨタ カローラルミオン 試乗レポート

    ユニークでシンプルなリラックス・デザインカー誕生正直な第一印象は「bBの兄貴分?」だった。遠からずそれはその通りで、ルミオンは北米のサイオン....

  • トヨタ カローラルミオン 新型車解説

    新型車解説

    トヨタ カローラルミオン 新型車解説

    何もかもが新しい新型カローラ誕生「トヨタと言えばカローラ、カローラと言えばセダン」という方程式はもはや人類文明では当たり前という程の存在。今....

トヨタ カローラルミオン の関連記事をもっと見る

トヨタ カローラルミオン の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24