autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較 3ページ目

3台比較 2008/1/18 11:36

クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較(3/4)

クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較

実用性の高さも申し分なし

インパネフロントシート

シンプルな構成のインパネは、ジープブランド車らしい無骨さを表現しつつ、乗用車から乗り換えても違和感のない普遍性を併せ持ったという印象。ただし、もう少し樹脂パネルの質感が欲しいところではある。

助手席のグローブボックス上の部分は、リッドの付かない掘り下げたような収納スペースになっている。センターコンソールには、スライディング可能なアームレストと、携帯電話等を入れられるフリップポケットが備わる。

リミテッドとスポーツの2グレード体系だが、装備差は意外と小さく、リミテッドでは、フロントシートヒーター付きレザーシートや、リアゲートスピーカーの付く高性能オーディオなどが標準装備される程度。従来のジープブランド車では廉価版的な印象のあった「スポーツ」だが、パトリオットではあまりそのイメージはない。

それなりに車高が高いこともあり、左フェンダーに補助ミラーが必要となるところだが、ドア内張りのモニターに、ドアミラー下にあるカメラの映像を映し出すようになっている。

リアシートはシンプルに6:4分割でき、さらに助手席を前倒しすると、かなりの長尺物も楽に積載することができる。ラゲッジスペース容量も十分に広い。見た目の印象に等しく、使い倒して楽しめそうなクルマである。

リアシートラゲッジメーターシフトリフトゲートスピーカー

アクティブライフに向けた多様性

インパネフロントシート

直線基調のシンプルなデザインは、エクステリアとの調和もあるだろうが、やや単調すぎるようにも思われ、樹脂パネルの質感も、もう少し高くして欲しいのは正直なところである。しかし、ユーティリティの多様性と、その目の付けどころに注目したい。

まず基本的な部分では、リアシートは、右が6、左4の分割可倒式で、シンプルな操作でラゲッジフロアの高さにフラットに倒れるようになっている。リアシートにもリクライニング機構が備わり、助手席が前倒しできるようになっている。また、スライディングアームレスト付きセンターコンソールには、携帯電話等が収納できるフリップポケットが付く。

その他では、エアコン風を活用した保冷機能付グローブボックス、充電式脱着のカーゴルームランプ、取り外して洗えるウォッシャブルラゲッジボードなどの特徴的な装備が与えられている。

これらのように、アウトドアユースを含む、実際の様々な使い勝手を考慮した多様性が与えられている。

スタンダードな「SE」と上級の「SXT」の2グレード体系だが、装備差は比較的小さく、どちらかというとエクステリアの違いとなる。

SXTグレードでは、リフトゲートスピーカーの付く高性能オーディオが標準装備される。内装色はベージュとグレーが選択できる。

リアシートラゲッジメーターシフトリフトゲートスピーカー

オープンエアドライブを満喫するために

インパネフロントシート

エクステリアと調和したインテリアにより、車内にいてもこのクルマのデザインを楽しむことができる。カブリオともなれば、なおのことである。

電動開閉式のファブリック製ソフトトップは、センターのロックを解除し、スイッチを操作することで簡単にオープンにすることができる。オープンにすること自体は簡単なのだが、トノカバーの装着がやや手間がかかるのは難点ではある。

カブリオは上級のリミテッドのみのラインアップとなり、シートヒーターの付くレザーシートが標準装備される。

ドライビングポジションは、上記2車に比べるとアップライトとなっている。パワーウィンドウのスイッチが、センターパネル中央の時計の下にあり、オールアップ/オールダウンというのが付いているあたり、オープンカーらしい気配りである。

ラゲッジルームは、スタンダードなPTクルーザーであれば、ハッチバックであり、それなりに容量は大きいのだが、カブリオではトップを収納する都合もあり、やや小さくなっているのは、いたしかたあるまい。

上部両端にあるレバーを引くことで、リアシートの背もたれの部分が前倒しされ、さらにヒップ部のストラップを引っ張るとダブルフォールディングし、フラットなスペースとなる。 後席の乗員は、オープン状態で乗っている分には開放感を満喫できるのだが、クローズ状態ではウインドウ面積が非常に小さいことが難点となる。実際の使い勝手は非常に重宝するだろう。

リアシートトランクシフトメーターオープンルーフ

内装・装備の総評

デザインや質感では、PTクルーザーがかなりこなれて洗練された印象を受ける。パトリオットとキャリバーは、近年のアメリカ車の潮流からすると及第点ではあるが、もう少し高くてもよさそうだ。逆に利便性では、相対的な室内空間の広さもあって、パトリオットが最良となり、近いレベルでキャリバーが続く。PTクルーザーは、室内は十分に使いやすいが、ラゲッジルームの容量がもう少し欲しいところではある。また、このクラスながらサイドカーテンエアバッグ(PTクルーザーカブリオはサイドエアバッグ)が標準装備される点も特筆できる。

ジープ パトリオット 関連ページ

ダッジ キャリバー 関連ページ

クライスラー PTクルーザーカブリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジープ パトリオット の関連記事

ジープ パトリオットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較

    3台比較

    クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較

    クライスラーは、アメリカのいわゆる「ビッグスリー」の一角なす自動車メーカーで、クライスラー、ダッジ、ジープの3ブランドを展開している。これま....

  • ジープ パトリオット 試乗レポート

    試乗レポート

    ジープ パトリオット 試乗レポート

    JEEP初のエントリーコンフォートSUVの誕生古くは軍用の総輪駆動車としての歴史を持ち、今では本格派のオフロード4WDとしてレジャーユースに....

  • ジープ パトリオット 海外試乗レポート

    試乗レポート

    ジープ パトリオット 海外試乗レポート

    エントリーモデルでジープが狙う新たな照準ジープブランドのルーツは1940年代に登場した軍用車だ。4輪駆動で道なき道を走り回ることができる性能....

ジープ パトリオット の関連記事をもっと見る

ジープ パトリオット の関連ニュース

ジープ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24