autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較 2ページ目

3台比較 2008/1/18 11:36

クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較(2/4)

クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較

ジープブランドへの期待に応えた

フロントスタイル

ジープブランドのエントリーモデルとして誕生したパトリオットのエクステリアは、スクエアなフォルム、7本スロットグリル、丸目ヘッドライトなど、ジープブランドの伝統を正当に受け継ぐ、いかにもジープらしいデザインを見せる。

メカニズム的には、後述するダッジ キャリバーとプラットフォームを共有しつつ、ジープブランド車らしく、オフロードの走破性にも大いにこだわったことを感じさせる設定となっている。

FFをベースに必要なシーンで4WDとなり、しかも簡易的ながらロック機構をも持つという秀逸なシステムを備えており、かなりの悪路でもものともせず駆け抜ける。エントリーモデルといえども、さすがはジープブランド車だけのことはある。

パワートレインは、三菱やヒュンダイと共同開発した2.4Lのワールドエンジンに、ジープ初となるCVTを組み合わせる。大きな不満はないものの、燃費を重視してか、回転を抑え気味のシフト制御となっている。

全体の走りのフィーリングはそつなくまとまっている。ステアリングの操舵フィールや、静粛性、乗り心地の快適性などをみても、後発であるぶん、たとえばキャリバーよりも、いくぶん洗練されてこなれたように感じられる。

リアスタイルフロントビューリアビューサイドビュータイヤ

ダッジだからこそ生まれたデザイン

フロントスタイルリアスタイル

ダッジというと、もともと非常にアメリカ色の濃いブランドであったが、このところ、世界戦略を視野に入れた車種を矢継ぎ早に開発し、順次リリースしている。

キャリバーは、ダッジの中ではもっともコンパクトなボディのエントリーモデルとなる。しかし、一般的なCセグ車の概念にとらわれず、力強いスタイリングを見せているところは、いかにもダッジらしい。

カテゴライズするのが難しいところだが、5ドアハッチバック車であり、SUVっぽくもあり、4ドアクーペのようでもあるという、これまでになかったタイプのクロスオーバーカーである。乗用車としては最低地上高が高く、OEMでコンチネンタルの215/55R18という、あまり見ないサイズの大径タイヤを履く。

上級のSXTグレードには、18インチクロームアルミホイールや、革巻きステアリングホイールが与えられ、フロントグリルなど外観も、スタンダードのSEグレードと異なる。

日本に導入されるのは、「ワールドエンジン」と呼ばれる2Lエンジン+CVTの組み合わせのみとなる。CVTの制御には、やや旧世代的な引っかかり感が見受けられるが、エンジンは全域で十分なトルクを発揮し、動力性能に大きな不満はない。ただし、もう少し静粛性が確保されていたほうがありがたい。

全体の走りのフィーリングは、いたってイージードライブ。195mmという最低地上高が十分なサスペンションストロークを確保し、快適な乗り心地とともに、リラックスしてドライブを楽しめる。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

世界が共感したレトロモダンデザイン

フロントスタイルリアスタイル

このクルマの最新ニュースは、右ハンドル仕様が追加されたという点が挙げられる。これまでカブリオは左ハンドル仕様しか設定がなく、ハンドル位置を理由に購入を躊躇していたユーザーにとっては朗報だろう。

PTクルーザーというクルマ自体、ルックスこそユニークだが、クルマとしての素性は、意外とオーソドックスといえる。しかし、カブリオに触れると、このクルマだけオープンボディに合わせて、いろいろな部分が特別に仕上げられていることがわかる。

まず、標準のPTクルーザーが4ドア(ハッチバックを入れると5ドア)のところ、2ドアとなっており、非常に開口幅の大きなドアが備わる。そして、リアシートへの風の巻き込み低減とボディ剛性の向上にも貢献する「スポーツバー」が、より個性的なスタイリングをアピールする。また、クローズドモデルよりも全高を100 mm低くすることで、スタイリングをまとめ上げている。

2006年モデルにおいてマイナーチェンジが実施され、フロントまわりを中心にデザインが変更された。

パワートレインは、パトリオットとは異なる143psの2.4L DOHCエンジンと4速ATという組み合わせだが、2007年モデルで、シフトチェンジ時のショックを軽減するバリアブルラインプレッシャー機能が追加されたことで、変速ショックが軽減された。フラットなトルク特性で扱いやすいが、ATにもう1段ぐらい欲しいところではある。

また、2006年のマイナーチェンジでシャシー剛性が向上し、足まわりも進化。乗り心地の悪くない範囲で程よい固さのある、欧州車的な味付けとなった。リアサスペンションがリジッド式となったのが、上記2台との大きな違いではあるが、優れたワッツリンクを採用しており、引け目をほとんど感じさせない。

オープン化によるボディ剛性の低下が気になるところだが、やはりクローズドモデルに比べると、若干の微振動は認められる。とはいえ、このスタイルとオープンエアモータリングを楽しめることを考えれば、許せる範囲ではと思う。

難点は、PTクルーザーのデビュー以来、ずっといわれ続けていることだが、ハンドル切り角が小さいことである。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

近年のクライスラー系各ブランドの車種は、ユニークなデザインを楽しめるところが大きな特長となっている。クルマとしてはオーソドックなまとまりを見せつつも、デザインだけは譲らないというコダワリが感じられる。また、アメリカ車全体のフットワークの洗練ぶりは目覚しいものがあるが、それはこの3台についても当てはまる。登場して間もないパトリオットやキャリバーはすでに高い完成度を見せ、PTクルーザーも完熟の域に達したといえる。

ジープ パトリオット 関連ページ

ダッジ キャリバー 関連ページ

クライスラー PTクルーザーカブリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジープ パトリオット の関連記事

ジープ パトリオットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較

    3台比較

    クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較

    クライスラーは、アメリカのいわゆる「ビッグスリー」の一角なす自動車メーカーで、クライスラー、ダッジ、ジープの3ブランドを展開している。これま....

  • ジープ パトリオット 試乗レポート

    試乗レポート

    ジープ パトリオット 試乗レポート

    JEEP初のエントリーコンフォートSUVの誕生古くは軍用の総輪駆動車としての歴史を持ち、今では本格派のオフロード4WDとしてレジャーユースに....

  • ジープ パトリオット 海外試乗レポート

    試乗レポート

    ジープ パトリオット 海外試乗レポート

    エントリーモデルでジープが狙う新たな照準ジープブランドのルーツは1940年代に登場した軍用車だ。4輪駆動で道なき道を走り回ることができる性能....

ジープ パトリオット の関連記事をもっと見る

ジープ パトリオット の関連ニュース

ジープ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19