autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 日・米・欧プレミアムクロカンSUV 徹底比較 4ページ目

3台比較 2008/2/1 01:56

日・米・欧プレミアムクロカンSUV 徹底比較(4/4)

日・米・欧プレミアムクロカンSUV 徹底比較

多くの人が欲しがる気持ちがわかる

走行走行

ランドクルーザーは、今や世界のオフローダーを代表するモデルに成長した。このクルマは、もともとの素性がオフローダーであるクルマを、オンロードでの快適性をも本腰を入れて追求した結果、このようなクルマになったのであろう。

日本で日常の足として使うには、ボディが非常に大きいし、燃費も決してよろしくないのだが、ひとたび味わうと、このクルマを味わいたいと思うユーザーがこれほど多くなっているのもうなずけてしまう。

そして、大半のユーザーが宝の持ち腐れにしているようだが、このクルマが本領を発揮するのはオフロード。非常に優れた悪路走破性を持っているのだ。

右ハンドル追加で身近な存在に

走行走行

ハマーとしては、H3が最新で最良のハマーであるというふうに謳っている。ハマー車はいずれも日本でも非常に人気が高く、憧れの存在となっている。

ただし、H2ではボディが大きすぎるし、これまでのハマー車は左ハンドル仕様しか存在しなかったため、購入を躊躇していた人も多かったのではないかと思う。

しかし、それなりに大きなサイズではあるものの、H3程度であれば日本の道路事情でもなんとか扱えるだろうし、そのH3に右ハンドル仕様が加わったことで、非常に現実的な選択肢になったのではないかと思うのである。また、H3はH2の縮小版には違いないが、価格に対する価値を考えると、H3のほうが上という印象がある。

ちなみに、今回の撮影時にも、他の2台に比べ軽量かつエンジンが小さいこともあってか、意外なほど燃費に優れた点もお伝えしておきたい。

高級かつオールラウンド

走行走行

レンジローバーの弟分として、まずは高い質感が魅力のモデル。ただし、現時点では、ランドローバー車について、悪路走破性のレベルは申し分ないものの、クルマとしての成り立ちは、クロスオーバーSUV的なつくりになっている。

そして、オンロードを主体として快適性を高く保ちつつ、オフロード性能にも大いに力を入れたという素性のクルマだと思う。さらにディスカバリーは、ミニバンに匹敵する3列シートの居住空間を身につけている。

このルックス、走り、ユーティリティを知るにつけ、同価格帯の高級サルーンを買うよりも、よほど賢明な選択肢ではないかという気もしてくるほどだ。高価ではあるが、非常にオールラウンドな高級SUVである。

トヨタ ランドクルーザー200 関連ページ

ハマー H3 関連ページ

ランドローバー ディスカバリー3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ランドクルーザー200 の関連記事

トヨタ ランドクルーザー200の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ランドクルーザー200 の関連記事をもっと見る

トヨタ ランドクルーザー200 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24