autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 欧州プレミアムBセグメント 徹底比較 3ページ目

3台比較 2011/5/1 00:20

欧州プレミアムBセグメント 徹底比較(3/4)

欧州プレミアムBセグメント 徹底比較

航空機をモチーフにしたインテリアデザイン

アウディ A1アウディ A1

航空機の水平翼にインスピレーションを得たというダッシュボードや、ジェットエンジンのタービンをモチーフとするエアコン吹き出し口など、特徴的なデザインのインテリア。

シートはファブリックが標準だが、オプションのレザーパッケージを選ぶと写真のように上質なミラノレザー仕様となる。こうした雰囲気の仕様を選ぶことができるのはA1ならでは。このクラスのクルマとしては貴重な存在といえる。

さらに、室内色やエアコン吹き出し口の色などについて多彩な組み合わせが可能となっているのも特徴だ。標準でHDDカーナビや地デジチューナー、ミュージックインターフェイスなどを組み込んだMMIが装備されるのもありがたい。

リトラクタブルモニターは、ダッシュボード上面中央に格納され、わずかにドライバー側に傾斜したセンターパネルに操作系が整然とレイアウトされるとともに、ステアリングスイッチも備わる。

リアシートは2人掛けで、シート自体はしっかりとしたものが備わり、座面のセンターにはドリンクホルダーが埋め込まれている。ただし、ルーフ後端がなだらかに落ちるフォルムのため、頭上空間は成人男性が座るには十分とはいえないが、小柄な人であれば問題ない。若夫婦と幼い子どもという家庭であれば、ファーストカーとしても使えなくはないだろう。

リアシートは2人掛けながら左右4:6の分割可倒式で、ダブルフォールディングが可能となっている。

ラゲッジスペースはリアシートを前倒ししなくても270リットルの容量を持ち、大型スーツケースを積めるほどの広さは確保されている。

アウディ A1アウディ A1アウディ A1アウディ A1アウディ A1

ムードを盛り上げるGTI専用アイテム

フォルクスワーゲン ポロGTIフォルクスワーゲン ポロGTI

今回の中ではもっとも端正なデザインのインテリアを持つ。

樹脂パネル類の質感も高く、つや消しシルバーやレッドのステッチが各部に効果的にあしらわれている。スポーティモデルらしくピラーやルーフなどコクピットの内張りはブラックで統一されており、精悍な雰囲気をアピール。

グリップの太いD字型のステアリングホイールや、アルミ調ペダル、ドアシルプレートなど、GTI専用の数々のアイテムもムードを盛り上げている。

同じくスポーティモデルらしくサイドサポートの張り出したシートは、GTIの伝統を受け継ぐ専用の赤黒チェック柄ファブリックが標準で、オプションでアルカンターラ&レザレットシートパッケージ(15万7500円)を選べるという設定になっている。

標準ではラジオおよびCDプレーヤー(RCD310)が付き、写真のHDDカーナビ(RNS510)はオプション(28万3500円)となる。 グローブボックスにはエアコン送風口が付き、運転席にはシートアンダートレーを備えるなど、細かな使い勝手にも配慮されている点はさすがといえるだろう。

日本では5ドアのみの設定であり、リアシートはハッチバック車として一般的なつくりの3人掛けで、今回の中では唯一、乗車定員が4人ではなく5人となる。

ラゲッジ容量は280リットルで、左右4:6の分割可倒式のリアシートはダブルフォールディングが可能であり、すべてフラットにすると952リットルまで拡大される。ベース車のポロ同様、実用性の高さもゴルフGTIの魅力である。

フォルクスワーゲン ポロGTIフォルクスワーゲン ポロGTIフォルクスワーゲン ポロGTIフォルクスワーゲン ポロGTIフォルクスワーゲン ポロGTI

多彩な選択肢から好みにコーディネートできる

BMW MINIBMW MINI

インパネの真ん中に大きなスピードメーター、ドライバーの正面のステアリングコラム上にタコメーター、センターパネルやルームミラーわきにズラリと並ぶトグルスイッチ、あらゆるものの形状を丸くし、浮いたように設置するなど、MINIならではのユニークなつくりが特徴。

操作性については、従来よりも整理されたとはいえ、あまり使いやすいわけではない部分も見受けられるが、とにかく見た目の楽しさがある。こうしたカラーコーディネートや柄など、いくつかのパッケージが選べ、類を見ないほど多彩な中から好みの仕様を選ぶことができるのは、まさにMINIならでは。

現状でも感心するほどだが、さらに選択肢が拡大されているから驚かされる。ただし、カーナビについては、スピードメーター下に搭載するインダッシュ式のものがオプションで用意されているものの、ディスプレイを出すと他の表示や操作スイッチが隠れてしまうなどの難点がある。後付けで何か装着するにしても、収まりよく取り付ける位置には迷いそうだ。

本国にはメーター内にビルトインされるものが用意されており、ぜひ日本にも同様の仕様のものが用意されるよう期待したいところである。

室内の居住空間はそれなりだが、各ウインドウが立っているため、意外やあまり狭さは感じない。後席もスペースこそ小さいが、乗り込んでしまえば成人男性が乗っても頭上には空間が残るほどだ。

ラゲッジスペースはさすがに小さく、通常で160リットル、左右5:5分割のリアシートを両方前倒ししてようやく680リットルといった感じで、実用性については上記2モデルとは異質のクルマであり、そこを重視するのであれば、いまやMINIの中でも他にいくつかある選択肢に目を向けたほうが賢明だろう。

BMW MINIBMW MINIBMW MINIBMW MINIBMW MINI

内装・装備の総評

クルマとしてのキャラクターや機能面で少なからず共通性も見受けられる3モデルだが、この3モデルに限っていうと、使い勝手にはかなり違いがある。最終的には、どのくらいそのクルマが好きか、それは主にデザインで選ぶことになると思われるが、購入後の使い方を考えた上で、各車の使い勝手の違いは認識しておいたほうがいいだろう。安全装備や快適装備については、いずれもこのクラスとしては標準状態でも概ね十分なレベルにある。ただし、たとえばカーナビやHIDなどが標準装備かオプション設定かといった違いはあり、それによって実質的な支払額は大きく変わってくるので、検討の際はそこまで含めた金額で考えたい。

アウディ A1 関連ページ

フォルクスワーゲン ポロ 関連ページ

ミニ ミニ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A1 の関連記事

アウディ A1の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A1 の関連記事をもっと見る

アウディ A1 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円