autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 こだわりの上級ハッチバック 徹底比較 3ページ目

3台比較 2011/3/1 16:47

こだわりの上級ハッチバック 徹底比較(3/4)

こだわりの上級ハッチバック 徹底比較

プレミアム性と先進機能

レクサス CT200hレクサス CT200h

明快なプレミアム感のあるインテリアは、好みに応じてパーソナルなコーディネートが可能で、オーナメントパネルに竹を用いるなど新たな試みも見られる。装備の違いも含め計4グレードが設定されているが、レクサスらしく標準装備品のレベルは高く、HDDナビやプラズマクラスターイオンフルオートエアコンなどがベースグレードでも装備される。

最上級のバージョンLでは、運転席ポジションメモリー機能の付く上質な本革シートが与えられている。水平に広がるインパネと、前方にせりあがるように設定されたコンソールにより、スポーティでタイトな包まれ感のあるコクピットを演出。

快適な運転環境への配慮から、ディスプレイゾーンとオペレーションゾーンが明確に分離し、運転操作に関わるスイッチやシフトノブなどが運転席まわりに集約されている。

センターコンソールには、レクサスならではのアイテムである、カーナビ等を操作する「リモートタッチ」が与えられているのも特徴。その前方にはドライブモードセレクトスイッチが配されており、モードを切り替えると、スイッチやオーバーヘッドコンソールの照明色が変わり、メーター左端がハイブリッドシステムインジケーターからタコメーターに換わるといった、CTならではの演出もある。

後席の乗降性がもっとも良好で、フロアがフラットに近い形状であることもメリット。ただし、頭上空間はそれほど大きくはない、ラゲッジスペースの奥行きはゴルフと同等で、フロア高はやや高めながら、深いアンダーボックスを備える。

その他、装備面では、ミリ波レーダーを用いた前車追従機能を持つクルーズコントロールや、プリクラッシュセーフティシステムが用意されている点も下記2台に対するアドバンテージである。

レクサス CT200hレクサス CT200hレクサス CT200hレクサス CT200hレクサス CT200h

MINIらしさに新しいアイデアをプラス

MINIクロスオーバーMINIクロスオーバー

MINI初の5ドアであり、4人乗りだけでなく5人乗りも選べる初めてのMINIでもある。

センターに大きなスピードメーター、ステアリングコラム上にタコメーターをはじめ、あらゆるものが丸く、フローティングしているように配されたインテリアの雰囲気はMINIそのもの。前後のインナードアパネルにつながる大きな楕円のデザインもユニークだ。

クロームのパーツを効果的に使っており、ズラリと並ぶトグルスイッチもMINIらしい。慣れない人では直感的に操作できないデメリットはあるものの、視覚的な楽しさは大きい。

夜間はブルーのイルミネーションも楽しめる。シートやインナードアパネルのカラーコーディネートやマテリアルの組み合わせを非常に多彩に用意された中から選べるのもMINIならではだ。

一方で、惜しいのはカーナビだ。オプションでスピードメーター下に入るインダッシュ式のものが用意されているが、使うとせっかくのスピードメーターが隠れてしまう。

前後シートのヒップポイントは、今回のほかの2車に対しだいぶ高めに設定されている。また、中央をレールが貫き、好みでアイテムを載せられるようにした新たなアイデアも楽しい。

後席にも成人男性が十分に乗れる居住空間が確保されており、6ライトふうにCピラー後方にも小窓があるため、開けている印象となる。ラゲッジも意外なほど広く、実は横幅の寸法が今回の中で一番広く、深いアンダーボックスも備わる。

リアシートは前後スライドやリクライニングが可能で、90度で止めてパーテーションとして使うこともできるなど、細やかな配慮がなされている。

MINIクロスオーバーMINIクロスオーバーMINIクロスオーバーMINIクロスオーバーMINIクロスオーバー

整然としたクオリティ感のある空間

ゴルフGTIアディダスゴルフGTIアディダス

上記2台が個性的な空間を演出しているのに対し、ゴルフはオーソドックスであることをヨシとした感のある、もっともカチッとした印象のインテリア。

整然とレイアウトされたインパネは、各部のチリの合わせも緻密で、ブラックを貴重にシルバーのパーツを効果的に組み合わせ、クオリティ感をアピールしている。

なお、2010年7月の一部変更で、リアにダークティンテッドガラスが採用された。

同限定車では、赤いサイドサポートと、アディダスを象徴する3本ラインの入った専用レザー&ファブリックシート、ゴルフボールのようにディンプルの入ったシフトノブなどが与えられる。ボディ外寸やホイールベースが3台とも近いところにあるが、居住空間や荷室などのパッケージングの巧みさをもっとも感じさせる。

シートの大きさや、各部のクリアランス、広いガラスウインドウによる開放感など、後席の居住性ももっとも高い。後席乗員向けにもエアコン吹き出し口が設定されている。

ただし、センタートンネルの張り出しはやや大きめとなっている。ラゲッジスペースは、アンダーボックスを持たず、フロア自体が低く設定されており、開口部の面積ももっとも大きく、使いやすそうだ。

後席は6:4分割可倒式で、中央部が抜けるようになっており、後席2名乗車時の長尺物の積載に対応している。

ゴルフGTIアディダスゴルフGTIアディダスゴルフGTIアディダスゴルフGTIアディダスゴルフGTIアディダス

内装・装備の総評

パッケージングは、3台ともそうかけ離れてはいない。MINIクロスオーバーは、これほど個性的でありながら、ユーティリティにも長ける。むしろ、後席が前後スライド可能であるほか、背もたれを90度にリクライニグできたり、5人乗りであれば中央席を独立して前倒しできたりと、後発モデルらしく新しい要素を盛り込んでいるところもポイントである。また、オーディオについても、CTではマークレビンソン、MINIクロスオーバーではハーマンカードンも選べるなど、いよいよこのクラスにもプレミアムという考え方が浸透しつつあることがうかがえる。このクラスは、もはや安全装備についてはそこそこ充実しており、横滑り防止装置も標準で付く。標準装備されるエアバッグの数は、CTは8つ、MINIクロスオーバーは6つ、ゴルフは運転席ニーエアバッグを加えた9つとなっている。

レクサス CT 関連ページ

ミニ ミニクロスオーバー 関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス CT の関連記事

レクサス CTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス CT の関連記事をもっと見る

レクサス CT の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円