autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 Mクラスエアロミニバン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2011/1/5 11:03

Mクラスエアロミニバン 徹底比較(2/4)

Mクラスエアロミニバン 徹底比較

アイドリングストップシステム初採用

日産 新型セレナ日産 新型セレナ

いかにも広そうな室内を想像させる、寸法めいっぱいを室内空間にあてたスクエアなボディ形状はこれまでどおり。

4770mm×1735mm×1865mmというボディサイズは、今回の中で最大となる。先代のイメージを踏襲しつつも、ボディパネルの微妙な抑揚をはじめ随所に新しい要素を採り入れたエクステリアデザインも、今回の中でもっとも新しさを感じさせる。

直噴仕様となったエンジンは、最高出力108kW[147ps]、最大トルク210Nm[21.4kgm]というスペックのとおり、下記2台に対してパワーよりもトルク重視の設定。

エクストロニックCVTの制御はリニアで回転上昇の先行感が小さく、いたって運転しやすい。ただし、セレナにはパドルシフトの設定はない。

そして、カテゴリーで初採用となるアイドリングストップ機構の採用もセレナならでは。ECOモーターという新しい方式を導入した同機構は、ハイブリッドカーなみにスムーズなエンジン停止および再始動を実現しているのが特徴。

これによりセレナは、10・15モード燃費で15.4km/L(2WD)というクラストップの低燃費をマークしたのも特筆できる。

また、これまで少なからず不満の声の聞かれた足まわりも改良されており、ハイウェイスターにはハイスピードダンピングコントロールショックアブソーバーが与えられ、乗り心地の快適性と操縦安定性を高い次元で両立させている。

日産 新型セレナ日産 新型セレナ日産 新型セレナ日産 新型セレナ日産 新型セレナ

洗練されたバルブマチック付エンジンとCVT

トヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシー

ボディサイズは4640mm×1720mm×1850mmと、4700mmをだいぶ下回る全長が特徴。

また、セレナやステップワゴンがスクエアなボディ形状となっているのに対し、ベルトラインよりも上がルーフにかけて絞り込まれているのもヴォクシーの特徴。

これらによりセレナやステップワゴンよりもだいぶ小さく見えるし、室内空間も実際やや小さくなるものの、このほうが空力的には優位で、横風の影響を受けにくく、走りでもロール感が小さくなるなどのメリットがある。

姉妹車のノアがファミリー層を意識した大人しめのルックスであるのに対し、ヴォクシーは、従来よりも控えめになったものの、個性的で若々しい雰囲気のフロントマスクを持つ点も特徴だ。

2010年4月からは、全車に可変バルブ機構のバルブマチックを採用したエンジンが与えられるとともに、7速シーケンシャルシフトマチック付きのスーパー CVT-i組み合わされた。が

スペックは、最高出力116kW[158ps]、最大トルク196Nm[20.0kgm]と、3台中でパワーは最上となっている。また、同マイナーチェンジでこれらの制御が見直され、より自然なフィーリングになるとともに、10・15モード燃費で、従来比+0.2km/L となる14.4km/L(2WD)を達成した。

足まわりも同マイナーチェンジで変更され、従来はスポーティグレードとして少し固めに味付けされていたZSも、ややマイルドな味付けとされ、快適性が向上している。

トヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシー

低床プラットフォームがもたらす走り

ホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴン

ボディサイズは4690mm×1695mm×1815mmと、先代よりも高くなったとはいえ、ハイルーフミニバンとしては低めの全高が印象的。

ちなみに、エアロ系で5ナンバーを維持しているのはステップワゴンスパーダのみとなる。ボディ形状はセレナに近く、ボディ寸法をめいっぱい室内空間の拡大にあてたスクエアなもの。

ただし、ホンダお得意の低床プラットフォームにより、見た目によらず重心が圧倒的に低くなっているのが強み。先代ではそれを前面に押し出し、ハイルーフミニバンとは思えないほどのスポーティな操縦性を実現していたが、現行モデルでは、かつて高めた走行性能で得た余裕を、今度は快適性の向上に当てたという印象。

スパーダ専用となるチューニングサスペンションが与えられた足まわりは、ややコツコツ感をともなうものの、クルマの挙動が把握しやすく、高速走行でも安定している。

ステアリングフィールはクイックでダイレクト感があり、コーナリング姿勢もハイルーフミニバンとは思えないほどだ。

最高出力110kW[150ps]、最大トルク193Nm[19.7kgm]を発生するエンジンは、バランスシャフトが廃されたせいか、やや振動感を伴うものの、動力性能的には十分。スパーダ全車のCVTにパドルシフトが付く。

ホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴン

デザイン・スペックの総評

同じクラスながらボディサイズは意外と異なり、セレナは大きく、ステップワゴンは低い。走りのフィーリングも意外なほど違うのは上で述べたとおり。これまで乗り心地にやや難のあったセレナも、現行モデルは非常によいまとまりを見せ、むしろこの中で最良となった。ただし、走行性能において印象的なのは、低重心という強みを持つステップワゴンである。動力性能は、全車エンジンとトランスミッションの組み合わせは駆動方式に対して1種類ずつ。2リッターという大きいとはいえない排気量のエンジンながら、十分なトルク特性を持ち、またいずれもCVTがよい仕事をしている印象で、感覚こそ異なれど、不満のない乗り味を身に着けている。パドルシフトはヴォクシーZSとステップワゴンスパーダに付く。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13