autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 コンパクトユーティリティカー 徹底比較 4ページ目

3台比較 2010/12/27 14:55

コンパクトユーティリティカー 徹底比較(4/4)

コンパクトユーティリティカー 徹底比較

より選びやすいクルマに

トヨタ ラクティス L’epice(レピス)トヨタ ラクティス L’epice(レピス)

先代のラクティスは、コンパクトトールワゴンの中で、内外装のデザインをはじめ、妙に縦に長いテールゲートや、低いラゲッジフロア、低く収まる後席などの使い勝手も、なかなか特徴的なクルマだったと思う。

それは、カテゴリートップの販売を続けるフィットに対する挑戦の意味合いもあったのではと思う。ところが現行モデルは、その先代の多芸な部分を薄めたようなクルマになり、いい意味で「普通」のクルマになった。

こちらのほうが、より多くの人に受け入れられるし、そのぶん誰でも選びやすいクルマになったのではないかと思う。

ただし、バリエーションが豊富なわりに、グレードと選択可能なオプションを含む装備の組み合わせにやや偏りがあり、本当はこういう仕様のクルマが欲しいというニーズに、いまひとつ応えていないような気もしなくない。

基本的な部分が非常によくまとまったクルマには違いなく、そのあたりが今後もう少し充実するとなおいいのにと思う。

最強コンパクトにさらに付加価値

ホンダ フィット 15Xホンダ フィット 15X

独創のセンタータンクレイアウトを活かした高効率なパッケージングによる広い室内空間や、多彩なシートアレンジ、優れた燃費性能などが、多くのユーザーに評価されてきたフィットは、Bセグで最強のクルマに違いなく、ベストセラーとして君臨している理由のわかるクルマである。

そこに、今回は、「資質の進化」と「価値の拡大」を目指し、ハイブリッドの追加とともに、4つの個性をアピールし、上質さを売りとするXのような、さらに付加価値を高めたグレードが加わったわけだ。

Xは、基本的にはダウンサイジングを図る高年層ユーザーを視野に入れての設定だろうが、若いユーザーにとっても、この装備の充実ぶりは積極的に選びたくなるものがあるのではと思う。

ユーザーにとって選択肢は多いほどありがたいだろうし、今回のフィットのマイナーチェンジの方向性は、いろいろな意味で大いに歓迎したい。

まだまだ現役の第一線

日産 ノート 15X Vセレクション日産 ノート 15X Vセレクション

もともとノートは、初代フィットに触発されたクルマだと思うが、日産の中では、同じクラスにマーチがあり、先代マーチはデザイン優先のクルマで、いささか乗り手を選ぶキャラクターだったのに対し、ノートは普遍性を持ったクルマと位置づけられた印象で、販売的にも発売後ほどなくマーチを上回った経緯がある。

ネーミングとしては比較的新しいが、日産のコンパクトカーの主力モデルに違いない。

今回の3台中では、すでに登場から時間が経過していることもあり、徐々に上級セグメントなみに装備の充実が図られている同クラスの中では、やや遅れた部分も見えてきているのは否めない。

ただし、もともとのセンスが先を行っていたこともあって、視覚的な古さはあまり感じさせないように見える。

また、存在感が欧州車的で、心なしか車格によるヒエラルキーをあまり感じさせず、長く付き合えそうな雰囲気のあるクルマでもあると思う。まだまだ現役の第一線で通用するクルマと捉えていいだろう。

トヨタ ラクティス 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

日産 ノート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ラクティス の関連記事

トヨタ ラクティスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ラクティス の関連記事をもっと見る

トヨタ ラクティス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28