autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 人気の国産SUV 4WDモデル 徹底比較 3ページ目

3台比較 2010/12/9 17:28

人気の国産SUV 4WDモデル 徹底比較(3/4)

人気の国産SUV 4WDモデル 徹底比較

さりげなくアイデア賞モノの装備が

スバル フォレスター XSプラチナセレクションスバル フォレスター XSプラチナセレクション

インプレッサと共通部分の多い乗用車的な雰囲気のインテリアながら、パッケージングはSUV的で、巧みにスペースが創出されている。「プラチナインテリア」のように明るい内装色の設定があるのはフォレスターならでは。

マイナーチェンジで、インパネ上部にソフトフィール塗装が施され質感が向上したほか、左右独立温度調整機能付フルオートエアコンが装備(「2.0X」を除く)され、新デザインのスポーツルミネセントメーターが採用されるなどした。装備面では、2.0Xを除きクルーズコントロールが標準で付くのも特徴だ。

収納スペースなどユーティリティに特筆すべき点こそないが、前席にはマルチファンクショナルセンターコンソール、後席には座面の中央の一部を回転させるとドリンクホルダーとトレーになるリトラクタブルリアテーブルを設定するなど、さりげなくアイデア賞モノの装備を付け、使い勝手を高めている。

ソフトフラットシートの着座感も良好で、やや立ち気味とされた各ウインドウによる適度な開放感と、高めのヒップポイント~アイポイントが快適な居心地をもたらす。大開口の大型ガラスサンルーフを選ぶこともできる。

後席の座面は3台中でもっとも大きく、平らに近い角度に設定されており、後席のドア側にもドリンクホルダーがあるのはフォレスターのみ。ただし、機構的な宿命により、センタートンネルの盛り上がりが少々高いのは否めない。

安全装備では、サイド&カーテンエアバッグが2.0Xを除き標準装備され、横滑り防止装置が全車に標準装備される。

スバル フォレスター XSプラチナセレクションスバル フォレスター XSプラチナセレクションスバル フォレスター XSプラチナセレクションスバル フォレスター XSプラチナセレクションスバル フォレスター XSプラチナセレクション

もっともSUV色を感じさせる

日産 エクストレイル 20GT日産 エクストレイル 20GT

今回の中で最もSUV色を感じさせるインテリアだ。クリーンなデザインと見晴らしのよさが印象的。ガラスも立ち気味なので、他の2モデルとキャビン寸法は大差ないが、広々感はダントツ。

マイナーチェンジで、大径メーター、瞬間燃費やメンテナンス時期などの情報を表示し、ドライブコンピュータ機能も備えたインフォメーションディスプレイが付く。また、シート素材をスペースファブリックからスウェード調トリコットに変更。

保温保冷機能付きの大容量グローブボックスも全車に標準装備された。センターパネルのインストアッパーボックスや、両サイドのフタを開けたらエアコン吹き出し口の脇でドリンクホルダーになる仕組みなど、豊富な収納スペースを持つ。

後席も開放的で、背もたれが高く、5段階のリクライニング機構を持つ。前席パワーシートの設定はないが、今回で唯一、後席にエアコン吹き出し口があり、また20GTには設定はないが、後席にもクラスで唯一のシートヒーターの設定がある。後席は唯一ダブルフォールディングが可能だ。

また、20GTにはエクストレイルの特徴である防水仕様のインテリアの設定はないが、ウォッシャブルラゲッジボードが設定され、引き出し式のアンダートレイもある。

荷室の奥行きは今回の3台中ダントツで大きく、3台ともネットを掛けるためのフックが備わるが、側面や天井にまで付けているのはエクストレイルならでは。

安全装備では、横滑り防止装置が標準装備。サイド&カーテンエアバッグはオプション。ヒルディセントコントロールやヒルスタートアシストなども設定されている他、同マイナーチェンジで、より高い速度まで設定できるようになったアドバンスドヒルディセントコントロールが採用された。

日産 エクストレイル 20GT日産 エクストレイル 20GT日産 エクストレイル 20GT日産 エクストレイル 20GT日産 エクストレイル 20GT

日常的な使い勝手はイチバンか

三菱 RVR G(4WD)三菱 RVR G(4WD)

上記2モデルに比べると、容積追求型ではないが、乗用車的なパッケージの中で巧みに空間を創出している。

ブラック基調のインテリアの雰囲気も、アウトランダーよりも乗用車色が濃く、触感の良いソフトパッドやトリム生地の採用により、質感は高い。ゲート式のシフトノブや、Gグレードにはパドルシフトも備わる。

座席は前席主体でスポーティなシートが付く。RVRの特徴であるロックフォードフォズゲートのプレミアムサウンドシステムや、大開口の固定式ガラスルーフにLEDイルミネーションを施したパノラマルーフは、Gグレードのみオプション設定が可能。

また、Gグレードには、スーパーワイドHIDヘッドライト(光軸自動調整機構付)が標準装備(Mグレードではオプション)される。この明るさと夜間視認性のよさは特筆できる。

後席のポジションはアップライトで、シート自体は大きいものの、上記2モデルに比べるとニースペースはさすがに小さいが、前席下の足入れ性は最も上。また、ウエストラインが後ろに行くに連れて上がっているので、窓は広くないし、頭まわりの余裕もあまりなく、日常的に後席を使うユーザーには一考の余地はなくはない。

ラゲッジ開口部も今回の中では小さいほうだが、ちょっとした買い物などで日常的に頻繁に開閉するユーザーにとっては、ゲートの自重が軽く、またCピラーの傾斜が大きく、開閉に大きな力やスペースを要しないRVRのほうが重宝するシチュエーションも少なくないはずだ。

ラゲッジスペースも、上記2モデルほどの広さはないものの、これだけあれば十分だろう。

安全装備は、運転席ニーエアバッグが全車に標準で、サイド&カーテンエアバッグはオプションとなる。4WD車には横滑り防止装置とヒルスタートアシストが標準となる。

三菱 RVR G(4WD)三菱 RVR G(4WD)三菱 RVR G(4WD)三菱 RVR G(4WD)三菱 RVR G(4WD)

内装・装備の総評

サイドウインドウをはじめ各ガラスウインドウの絞り込みは、RVR、フォレスター、エクストレイルの順で大・中・小となっている。使い勝手については、アウトドアユースを強く意識したエクストレイルのバリエーションに富んだユーティリティ性能の高さが光る。ただし、日常的な使用においては、よりコンパクトで前席主体のRVRや、乗用車的なフォレスターのほうが適するシチュエーションも少なくないだろう。なお、最低地上高は、フォレスター215mm、エクストレイル210mm、RVR195mmとほぼ同じとなっている。装備面では、チルト&テレスコピックステアリングはほぼ全車(フォレスターの2.0Xを除く)に標準装備。横滑り防止装置は、RVRの2WD車にはオプションながら、それ以外の全車に標準装備される。後席中央の3点式シートベルトについても、3車種ともいずれも装備されている。

スバル フォレスター 関連ページ

日産 エクストレイル 関連ページ

三菱 RVR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル フォレスター の関連記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25