autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 お手頃ハイブリッドカー徹底比較 3ページ目

3台比較 2010/10/29 16:48

お手頃ハイブリッドカー徹底比較(3/4)

お手頃ハイブリッドカー徹底比較

センタータンクレイアウトによる広さと使い勝手

ホンダ フィットハイブリッドホンダ フィットハイブリッド

ベース車と同様、ガラスエリアが広く、広い三角窓が設定されており、ちょっと高めのアイポイントとあいまって、視界は非常に良好だ。足元や頭まわりの広々とした感覚は、このクルマならではだ。

インパネの要素はベース車と共通で、シャンパンメタリック塗装の専用インテリアパネルや、エコドライブのコーチング機能やティーチング機能が備えた、インサイトに準じた専用メーターが与えられる。

ベース車と同じく前席下にガソリンタンクを備えるセンタータンクレイアウトを採用する点も特徴で、ベース車ではラゲッジフロア下に床下にある収納スペースにバッテリー等が搭載されるため、これによりベース車と同等の居住空間の広さやシートアレンジなど使い勝手を実現している。

3台の中では、もっともラゲッジフロア高が低い。ただし、ベース車ではラゲッジルーム床面のボードを開けると245mm低くなり、1200mmの高さを得ることができたのも特徴だが、さすがにそれはできなくなっているが、後席を跳ね上げた状態とすれば、そこに1280mmの室内高が得られ、背の高い荷物も積載できる部分はベース車と同様である。また、後席の乗降性のよさも特筆できる。

ドアが広く開く上、ドア内側下部のスピーカーの部分が薄くされているため、足を運び入れやすい。

後席はヒップポイント高く、着座姿勢がアップライトなので、開放感も上々だ。

ホンダ フィットハイブリッドホンダ フィットハイブリッドホンダ フィットハイブリッドホンダ フィットハイブリッドホンダ フィットハイブリッド

本革シートの設定など上級路線に進歩

ホンダ インサイトホンダ インサイト

フィットとデザインテイストは似ているが、車高が低く、室内はタイト。ステアリングホイールよりも高い位置にあるデジタルスピードメーターは、ポジションを上手く調整しないと速度が見にくいという問題があるのが、見た目にもとても新鮮だ。

メーターには、色の変化でエコドライブ度を表現するという、新しい手法も採り入れている。

今回の中ではインサイトのみフロントピラー前に三角窓がないが、視界は悪くない。インテリアカラーはブラックのみで、ドア内張りのファブリック面積はフィットよりも小さい。

2010年10月の一部改良では、エアコンアウトレットとドアライニングにシルバー加飾が施され、センターパネルのデザインを変更されるなどした。さらに、LSグレードに本革巻セレクトレバーが標準装備され、LとLSグレードにクルーズコントロールとリアワイパーを標準装備。

また、LSには運転席&助手席シートヒーター付本革シート&専用インテリアをオプション追加。前席のヒップポイントは低めで、スポーティなポジションが得ることができる。

後席については、当初から指摘されていることだが、ルーフラインが低く、テールにかけて落ちていくため、乗降性時に頭が当たりそうになる。

また、乗り込んでからも頭上まわりの空間にあまり余裕はない。そのあたりはフィット ハイブリッドとの大きな違いである。

ラゲッジルームは、寸法としてはプリウスよりもひとまわり小さいものの、フィットに比べると奥行きはだいぶ大きい。

フロアは高さが2段階に調整できるようになっており、一部が深くくり抜かれているのも特徴だ。

ホンダ インサイトホンダ インサイトホンダ インサイトホンダ インサイトホンダ インサイト

ハイブリッドの特徴を活かした装備

トヨタ プリウストヨタ プリウス

先代までの未来感を残しつつも、乗用車的にアレンジされたインパネのセンター上部には、横方向に長く、ハイブリッド専用車の特徴を生かした各種情報の表示が映し出される。

センター下部は、ブリッジ状にコンソールにかけてつながっているのも特徴。

プリウスにはもともとレザーシートやスエード調ファブリック(写真のGグレードでは上級仕様となる)など上質な表皮の設定がされている。ややアップライトなポジションの前席は、狭さも感じさせず、ちょうどよい高さ感があり居住性は高い。

先代の前期までは、頭上の狭さが指摘されていた後席も、ルーフラインのピークが後方に移動したことで、不満点はずいぶん解消されている。むしろ、足もとの広さが印象的だ。

ラゲッジルームは、フロア高が今回の中でもっとも高くなっているが、縦横方向の寸法は今回の中ではダントツで大きい。深さのあるデッキアンダートレイが設定されているのも特徴。

また、ソーラーベンチレーションシステム、リモートエアコンシステム、インテリジェントパーキングアシスト、タッチトレーサーディスプレーなど、これまでのクルマにはないアイテムがいくつも設定されているのも現行プリウスの特徴だ。

なお、2010年10月に、トヨタのハイブリッド車の国内累計販売台数が100万台を達成したことを記念した、LEDヘッドランプを採用し、ブラックとバイオレットのツートーン本革シートを採用するなど内装にも特別な装備を施しつつ、価格上昇を抑えた、お買い得な特別仕様車「LEDエディション」を設定されたのもニュースである。

トヨタ プリウストヨタ プリウストヨタ プリウストヨタ プリウストヨタ プリウス

総評

安全装備は、フィットハイブリッドとインサイトについては、最上級グレードにはVSAが標準装備され、エアバッグは、一部グレードを除き、サイド&サイドカーテンエアバッグがオプションで選べる。プリウスは、S-VSCやサイド&サイドカーテンエアバッグが全車に標準装備されるほか、Gグレードにはプリクラッシュセーフティシステムも設定されている(ツーリングセレクション・レザーパッケージに標準装備、その他では14万7000円でオプション装着可能)

ホンダ フィットハイブリッド 関連ページ

ホンダ インサイト 関連ページ

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィットハイブリッド の関連記事

ホンダ フィットハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィットハイブリッド の関連記事をもっと見る

ホンダ フィットハイブリッド の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円