autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産コンパクトクロスオーバー徹底比較 4ページ目

3台比較 2010/8/16 15:39

国産コンパクトクロスオーバー徹底比較(4/4)

国産コンパクトクロスオーバー徹底比較

とにかくデザインがすべて

日産 ジューク日産 ジューク

登場前は賛否両論で、どちらかというと悪評のほうが多く聞かれた印象だったが、実際に発売されると、賛辞のほうが上回ったように思える。このデザインのまま世に出てきたところに大きな価値があるに違いない。

このクルマを使って何かをするというよりも、このデザインのクルマに乗ること自体を楽しみたい人にとって、大いに「買い」の1台となる。

逆にいうと、後席の使用頻度が高いとか、積載性などユーティリティを重視する人にとってはあまり適さない。

車高が高いので、SUVとのクロスオーバーに見えることは事実だが、実際には見た目以外にSUV的な要素はほとんどなく、デザインを差し引くと、意外と何も残らないクルマではある。

しかし、ジューク本質はまさにそこで、他車と迷ったときに決め手になるのはやはりデザインにほかならない。

今のところ予想を大幅に上回る受注をマークしているようだが、それはこのデザイン、商品コンセプトに共感する人が少なくないことを証明している。

また、もし走りにこだわるのであれば、まもなく発売予定のターボ4WDモデルを見てからにしたほうがいいかもしれない。

ベース車プラス10万円でこれほどの付加価値

スバル インプレッサXVスバル インプレッサXV

ベース車との価格差は実質約10万円程度ながら、ガラッとテイストが変わっているところがうれしい。

この雰囲気が好きな人には、とても買い得感のあるクルマといえるだろう。また、変わっているのは基本的に見た目だけで、クルマの素性としては乗用車的なままで、あまりSUV的になっていないところも、とっつきやすくていいと感じる人も少なくないのだろう。

今回の比較車に対しては、車高および地上高の低いクルマであること、ボクサーエンジンを搭載したシンメトリカルAWDレイアウトが基本のクルマであることが特徴で、走りのフィーリングにおいて、そのメリットは少なからず感じられる。ただし、動力性能について物足りなさを感じるのは否めない。

WRX STIとまではいわないが、今後、レガシィと同じ2.5リッター自然吸気や、ハッチバックにはある2リッターターボあたりの追加はないものかと期待してしまうのが正直なところではある。

それでも一歩引いて考えると、この価格帯で、これほどの付加価値を持ったクルマはそう多くないことにも、あらためて気づかされる1台である。

適度なボディサイズと高いコストパフォーマンス

三菱 RVR三菱 RVR

上の後発の2台に比べると、RVRはコンパクトSUVとして、いたって直球勝負のクルマといえる。

SUV色は最も濃く、SUVらしいクルマであることへの期待に応えるクルマであり、さらに本格的な悪路走破性を身につけた4WD車がラインアップされていることもポイントである。

キャラクターの似たクルマはいくつもあるが、ボディサイズが小さめであることもRVRの特徴だ。

アウトランダーやエクストレイルなど上のクラスでは大きいと感じていた人にも、臆せず使うことのできるであろうサイズである。それでいて実用性も高く、後席のスペースや荷室なども広く、日常の道具としての使い勝手に優れる。

こうして比べても、あらためてRVRは、コストパフォーマンスが高いということを痛感させられたクルマであった。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ジューク の関連記事

日産 ジュークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ジューク の関連記事をもっと見る

日産 ジューク の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/15~2017/12/15