autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産コンパクトクロスオーバー徹底比較 3ページ目

3台比較 2010/8/16 15:39

国産コンパクトクロスオーバー徹底比較(3/4)

国産コンパクトクロスオーバー徹底比較

ユニークなのはインテリアも

日産 ジューク日産 ジューク

インテリアもかなりユニークだ。真っ先に目に入るのは奇抜なセンターコンソールで、写真のような大胆なレッドを選ぶこともできる。

初の試みであるインテリジェントコントロールディスプレイも面白い。

前席が乗用車的、後席がアップライトなシートポジションは、基本的に前席重視で、後席はやや常用に適さないという印象もある。

全体的なユーティリティについては、後席の居住性や積載性について、Bセグのハッチバック車の水準には達しているので、それなりに実用性はあるものの、SUV的な使い勝手はあまり持ち合わせていない。

ラゲッジスペースは、上方に行くに従い絞り込まれる形状で、トノカバーの設定自体がないという点もユニークだが、いざとなればリアシートを前倒しすればフルフラットになるし、フロア下には深いアンダーボックスも設定されているので、日常的にそれほど大きな荷物を積むわけでなければ、これで十分だろう。

装備については、上級の15RXでは、オートライト、オートエアコン、プライバシーガラス、本革巻きステアリング、スウェード調トリコットシートなどが標準装備される。約10万円差で、下の15RSとこれほど装備が異なるので、販売のほとんどがRXとなっている現状もうなずける。

安全装備については、前席サイドおよびカーテンエアバッグは標準で付くが、横滑り防止装置の設定はない。

日産 ジューク日産 ジューク日産 ジューク日産 ジューク日産 ジューク

パッケージングはベース車より不変

スバル インプレッサXVスバル インプレッサXV

見た目からして、なんとなくハッチバックモデルよりもユーティリティ性能が上がっているような錯覚に見舞われるところだが、パッケージングとしてはベース車から何も変わっていない。

ヒップポイントが前席よりもやや高めに設定された後席の居住性も良く、前席も含め足を投げ出す感じで座る乗用車的なポジションとなっている。ただし、構造的に後席のフロアトンネルはもっとも大きい。

ラゲッジスペースは、奥行きもあり、横幅が広く、フロア面積は大きい。ただし、意外とフロア高は高く、床下に収納スペースはない。

装備面では、ベース車には設定のないホワイトルミネセントメーターが標準で付き、ブラウンのシート生地が与えられている点も新しい。さらに、本革巻きステアリングホイール&シフトノブ、前席8ウェイパワーシート、フルオートエアコン、アルミパッド付きスポーツペダルなどが全車に標準で与えられる。

1.5iと2.0iの装備の違いはほとんどなく、XV自体がベース車よりも上級と位置づけられているようで、上級装備が標準のままで充実している。ただし、いずれもオートライトの設定自体が無いところは、一世代前のスバル車から共通する泣きどころといえる。

安全装備は、SRSサイド&カーテンエアバッグはオプションで、横滑り防止装置の設定はない。

スバル インプレッサXVスバル インプレッサXVスバル インプレッサXVスバル インプレッサXVスバル インプレッサXV

コンパクトSUVという雰囲気ではない

三菱 RVR三菱 RVR

ブラック基調のインテリアは、実はなかなか特徴的なデザインなのだが、上の2モデルに比べるとオーソドックスな印象が強い。

ドライビングポジションが前後ともアップライトである点がインプレッサXVとの大きな違い。また、サイドウインドウを立て気味にして、ルーフにかけてあまり絞り込まず、前後席ともに横方向も高さ方向もボディサイズのわりに居住空間に余裕があるように感じさせる点がジュークとの大きな違いといえる。

後席乗員が前席下に足を入れるための空間もたっぷりと確保されている。実際のサイズ以上に室内は広く感じられ、あまりコンパクトSUVという感じはしない。

装備も充実しており、収納スペースも豊富に設定されている。センターコンソールがボックス状になっているのはRVRのみだ。

エントリーグレードの「L」は、価格は100万円台後半だが、最低限の装備は付くものの、ファーストカーとしては不十分で、オプションの選択も制約があり、一般ユーザーには割り切りが必要となりそう。

ひとつ上の「M」では、概ね装備類は充実し、最上級の「G」となると、本革巻きステアリングホイールや専用インパネとシート生地、アルミホイールなどが装備される。

安全装備は、全車に運転席ニーエアバッグが標準で付くが、サイドおよびカーテンエアバッグはオプション。横滑り防止装置とヒルスタートアシストが4WD車では標準となり、2WD車にオプションで用意される。

エマージェンシーストップシグナルシステムや、大光量でワイドな配光のスーパーワイドHIDの設定も特徴だ。

三菱 RVR三菱 RVR三菱 RVR三菱 RVR

内装・装備の総評

サンルーフについて、ジューク、インプレッサXVには設定がなく、RVRには大面積の固定式ガラスルーフ「パノラマガラスルーフ」が用意されており、さらにLEDイルミネーションまで付く。ステアリングテレスコピックについて、ジュークには設定がなく、RVRとインプレッサXVには全車標準で付く。安全装備では、横滑り防止装置についてメーカーに苦言を呈さなければならない状態で、今回の中ではRVRの4WD車にしか設定がないのは片手落ちというほかない。

日産 ジューク 関連ページ

スバル インプレッサXV 関連ページ

三菱 RVR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ジューク の関連記事

日産 ジュークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ジューク の関連記事をもっと見る

日産 ジューク の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26