autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 欧州Bセグ上級グレード 徹底比較 3ページ目

3台比較 2010/7/23 12:00

欧州Bセグ上級グレード 徹底比較(3/4)

欧州Bセグ上級グレード 徹底比較

極めてオーソドックス

フォルクスワーゲン ポロフォルクスワーゲン ポロフォルクスワーゲン ポロフォルクスワーゲン ポロ

端整なデザインのインパネに整然と配されているメーターやエアコン吹き出し口などは、クロームで処理され、質感が高まっている。

ハイラインには、新感覚の縦縞模様を配したチタンブラック色のシートが与えられる。このほか、アルカンターラ&レザーレットシートもオプションで用意されている。

サイドウインドウの下端の一番前方の高さが下の2モデルとだいぶ違い、高くなっているので、包まれ感がある。ただし、ドアミラーの写す範囲がちょっと小さめなのが気になる。

エアコンはセミオートで、オートライトやサンルーフは設定自体がないため、ポロが好きだが、どうしてもサンルーフが欲しいという人は、GTiの登場を待たなければならない。

一方、オプションで用意されているカーナビには、かなり使い勝手がよいものがあり、社外品でこれを上回るものはなかなかないと思わせるほどだ。

コンパクトなクルマだが、室内の居住性はそれほど悪くなく、後席の空間もそこそこ確保されている。

テールゲートはおなじみ、VWワッペンを回してオープンにするタイプ。ラゲッジスペースは長方体に近い形状で、下の2モデルに比べると横幅もわずかに小さく、フロアがやや高めに設定されているが、深いアンダーボックスが備わる。

ダブルフォールディングが可能なリアシートの背もたれを前倒しすると、そのラゲッジフロアの高さでフラットになる。

ESP(横滑り防止装置)、フロント、サイド、カーテンエアバッグ、前席むち打ち低減ヘッドレストは全車標準装備される。

フォルクスワーゲン ポロフォルクスワーゲン ポロフォルクスワーゲン ポロフォルクスワーゲン ポロフォルクスワーゲン ポロフォルクスワーゲン ポロフォルクスワーゲン ポロフォルクスワーゲン ポロフォルクスワーゲン ポロフォルクスワーゲン ポロ

ゼニスウインドウがもたらすかつてない感覚

シトロエン C3エクスクルーシブシトロエン C3エクスクルーシブ

C3最大の特徴はゼニスウインドウだ。

たとえ大面積の固定式ガラスルーフでも、どうしてもAピラーの上に境目のピラーが存在するが、それをなくしたのがポイント。かつてない広い視界と開放感を実現している。

インテリアも、ユニークなデザインと高い質感を誇る。柔硬を巧みにコントラストさせたダッシュボードや、メーター上のフローティングバイザーなども特徴的。

助手席側グローブボックスをえぐることでスペースを稼いでいるところも合理的だ。ただし、カーナビを付けると、せっかくのインパネが台無しになってしまうところが惜しまれる。

クルーズコントロール、スピードリミッター、オートエアコンなどは標準装備となる。

1530mmと、他の2モデルよりも50mm以上高いだけでなく、それを巧く使ったスペース効率の高さもC3のアドバンテージだ。

アルカンターラとファブリックを組み合わせたシートのポジションはアップライト気味で、高い位置から広いウインドウを見下ろす感覚。

後席は、他の2台が座面を斜めにしてオシリを落とし込ませて頭上空間を稼いでいるが、C3はほぼ平らで、頭上はもっとも余裕がある。また、前席の肩の部分が丸く落とされているため視野が広く、後席の乗員も開放感を楽しむことができる。

後席を立てた状態でのラゲッジスペースは300リットルという今回の中で最大の容量を確保。ただし、後席はシングルフォールドにつき、前倒しすると段差は残る。

ラゲッジフロア下には厚いマットが配されており、防振防音対策の結果、乗ると確かに静粛性の高さを実感させられる。

装備面では、サイド、カーテンを含む6エアバッグが全車に標準装備され、エクスクルーシブには、ESP(横滑り防止装置)が装備される。

シトロエン C3エクスクルーシブシトロエン C3エクスクルーシブシトロエン C3エクスクルーシブシトロエン C3エクスクルーシブシトロエン C3エクスクルーシブ

シエロというラインアップ

プジョー 207シエロプジョー 207シエロ

エクステリアとの調和を図った躍動感のあるインパネのデザインも興味深い。

207の中でいうと、「プレミアム」という上級グレードに対し、さらに上の「シエロ」という上級仕様が選べるのもプジョーならではであり、こうした設定があること自体も特徴的といえるだろう。

シエロでは、パノラミックガラスルーフや、レザーとファブリックを組み合わせたスポーツタイプのシートが標準装備される。クルーズコントロールは、ほぼ全グレードに標準で付く。

瞬間燃費や走行可能距離、目的地までの距離、平均燃費や平均速度、5人の乗員のシートベルト警告灯などの情報を表示するマルチファンクションディスプレイも特徴的装備である。

さらに、マイナーチェンジで、ワンタッチウインカーレバー、リモコンキーによるウインドウガラスのオートクローズ機能などが備えられた。

スポーティな外観とは裏腹に、後席居住性や積載性も十分に確保されており、上手くパッケージングされていることを感じさせる。

リアシートの座面長も測ると3モデル中でもっとも短いのだが、座ってみてもその差はほとんど感じられないし、頭上空間も狭いというほどではない。

ラゲッジスペースも、このスタイルから想像すると、あまり広くなさそうに見えるが、そんなことはななく、下へいくほど広くなっていて、容量的にも上の2モデルと大差ない。むしろ荷室の横幅の実質的な長さは、もっとも大きくなっているほどだ。

安全装備については、サイド&カーテンを含む6エアバッグが207全車に標準装備。

ESP(横滑り防止装置)はプレミアムとシエロに標準装備され、シエロのみコーナリング時にコーナー内側を照らす固定式ディレクショナル・ヘッドランプが装備される。

プジョー 207シエロプジョー 207シエロプジョー 207シエロプジョー 207シエロプジョー 207シエロ

内装・装備の総評

サイドから見たシルエットでは、とくにCピラーの角度がだいぶ違うのだが、居住空間やラゲッジスペースなど、3台ともそれぞれに工夫を凝らして、ファーストカーとしても過不足ない、「実用車」としてパッケージングが構築されている。安全装備を含む基本的な装備面でも大差はなく、充実している。また、どのモデルもレザーシート仕様を選ぶこともできる。このあたりは、日本の同クラス車も見習うべき点であろう。ただし、VWポロはオートライトやサンルーフなどが選べないこと、シトロエンC3はオプションのカーナビがあまり現実的でないことなどの制約も挙げられる。

フォルクスワーゲン ポロ 関連ページ

シトロエン C3 関連ページ

プジョー 207 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事

フォルクスワーゲン ポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ポロ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円