autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 高級スポーティセダン徹底比較 3ページ目

3台比較 2008/5/9 20:34

高級スポーティセダン徹底比較(3/4)

高級スポーティセダン徹底比較

機能的レイアウトと挑戦的デザイン

インパネフロントシート

アスリート全体では、黒木目調パネルと、ダークブラウンの本革もしくはファブリックのシート、あるいはグレーのファブリックのシートが組み合わされる。3.5のGパッケージでは、ダークブラウンの本革シートが標準装備になる。

デザイン面では、クラウンの室内はオーソドックスという先入観があったが、インパネやドアトリムなども、クラウンでここまでやるかという印象のあるものとなった。えぐった助手席前のインパネや、ドアトリムのパーティングラインなど、各部に挑戦的なアプローチが見受けられる。

木目の樹脂の素材には、新しい感覚の質感がある。インパネの機能や要素はGSとの共通性が見られるが、個々のスイッチを大きくしたり、見やすくレイアウトしたりと、デザインもさることながら、年配ユーザーにもわかりやすくしている。

アスリートの本来のコンセプトからすると、もう少し違うデザインにしたかったのかもしれないが、ロイヤルのユーザーへの心配りから、あえてこうしているのだろう。直感的にわかりやすく、あって欲しいものがそこにあるという印象だ。

また、一時期のトヨタ車は、スターターボタンをステアリングコラム左側に配置していたが、クラウンでは右に戻されている。Gパッケージでは、後席の快適性を主体に、さらなる装備の充実が図られている。

安全面での装備の充実ぶりも素晴らしい。後方車両への対応や、ドライバーの目の開き具合を監視するドライバーモニターという高度なシステムを組み合わせたプリクラッシュセーフティなどの取り組みも評価したい。レーダークルーズコントロールの制御も、現時点では同様のシステムを持つ他車と比較しても、もっとも優れているといえるだろう。

ただ、アイドリング状態で車外の人にとっては、直噴エンジンの高圧ポンプの音がやや気になる点はマイナス。そのレベルは、従来ほどではないものの、なぜか同じエンジンを搭載するGSよりも大きく感じられた。

リアシートメーター&ステアリングセンターコンソールリアセンターアームレストトランク

わかりやすい上質感をアピール

インパネフロントシート

インパネに段差を設け、3段の構成としている。オーディオ系の操作スイッチのあるセンターパネルの上に大きく傾斜させたパネル空調やナビなどの操作系、空調、オーディオなどを集中させて、その上にナビ画面、エアコンの吹き出し。その奥のダッシュボード中央にはボーズのウーハーが付く。視覚的にすっきりしていて、視認性も良く、操作性もいい。

このレイアウトはよくできているし、モニターと目の高さが近いため、視線移動量が小さくてすむというメリットがある。画面の処理も改良されており、眩しくなく見やすくなっている。

ドアトリムやアームレストにも、大胆にレザーを用い、ピアノ調フィニッシャーとしたパネルを使うなど、パッと見の印象は、3台の中ではフーガがもっとも上質にできていると思える。

パッケージングには、トヨタよりも車種ラインナップを絞っているため、これ1台でいろいろなユーザーを取り込もうという意図があったのか、あるいは北米のユーザーの体格にも対応できるようにしたからか、スペース効率は極めて高い。

前席のシートは大柄で、助手席にはオットマンが装備されている。また、肩の部分にスピーカーを付けるという手法をいち早く採用した。収納スペースの数や容量も十分に確保されている。後席は、ヒップポイントを低めとし、背もたれを適度に寝かせるなどし、頭上空間を確保している。斜め後方にもウインドウがあり、横方向もあまり絞り込みがきつくなく、サイドウインドウがわりと立ち気味となっている。

安全装備面では、インテリジェントペダルに注目したい。もともといちはやく全速度域に対応させるなどレーダークルーズコントロールについては先進性のあった日産だが、これにブレーキ制御だけでなく、アクセルペダルを押し戻すという制御を加えたもの。特に日本の都市部のような交通事情下では効果的だろう。

リアシートメーター&ステアリングセンターコンソールインテリジェントペダルトランク

マイナーチェンジで雰囲気が変わった

インパネフロントシート

マイナーチェンジで、インテリア全体の雰囲気がかなり変わった。レザーシートの縫製や、パーティングラインの入れ方、革の質感そのものも日本車らしからぬ印象となった。これはドイツ車というよりも、ボルボやサーブあたりの、北欧車に近いテイストがあるように思う。

S字をモチーフとしたインパネやドアトリムのラインには独特の印象があり、パネル自体も面白いシボの処理がされている。センタークラスターのモニターの周囲に丸いスイッチを並べて配するなど、デザイン性と使い勝手を両立するアプローチも興味深い。

追加されたバージョンIには、セミアニリンシート&ドアトリム、本木目+本革ステアリング/シフトノブなどが標準装備される。GS自体が、上にLSがあるため、ドライバーズカーと位置づけられているせいか、どちらかというと前席重視の設定のようだ。

ただし、このフォルムからすると、後席の居住空間もそれなりに確保されているとは思うが、ヒップポイントが高めで、背もたれが立ち気味となっており、頭上空間はあまり広くない。ウインドウ面積は広く、明るい印象がある。安全装備の充実ぶりは、レクサス車はおしなべて素晴らしい。

また、レクサス車の場合は、マークレビンソンプレミアムサウンドシステムが選べるところがポイント。さらに、クラウンにも同様のシステムが用意されているが、「Gセキュリティ」の恩恵にあずかれるところもレクサスならではである。

リアシートメーター&ステアリングセンターコンソール開閉式スイッチボックストランク

内装・装備の総評

いずれも装備類の充実ぶりはさすがだ。インテリアの雰囲気も、フーガにはわかりやすい高級感がある。インテリアデザインは好みの問題だろうが、クラウンがチャレンジングなデザインで、GSがエキゾチックなテイストなのは興味深い。

トランク容量については、いずれもかなり広く確保されている。クラウンとフーガにはトランクスルーが付く。ラゲッジの形状については、クラウンとGSはボディパネルぎりぎりのところまで攻めているようで、最大の横幅になっている部分がフーガよりも微妙に広い。奥行きもクラウンがもっとも上だろう。タイヤハウスの部分はフーガの方が広い。フーガは形状的に少し犠牲になっている部分がある。しかし、荷室の高さや深さはフーガのほうが上。いずれも十分に使えるが、ゴルフバッグをもっとも楽に積めるのはクラウンだろう。

トヨタ クラウンアスリート 関連ページ

日産 フーガ 関連ページ

レクサス GS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ クラウンアスリート の関連記事

トヨタ クラウンアスリートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンアスリート の関連記事をもっと見る

トヨタ クラウンアスリート の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23