autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 スポーティMクラスハイルーフミニバン徹底比較 3ページ目

3台比較 2008/5/16 19:38

スポーティMクラスハイルーフミニバン徹底比較(3/4)

スポーティMクラスハイルーフミニバン徹底比較

スペース、ユーティリティ、スポーティを両立

インパネフロントシート

ややスイッチが目立つのが気になるものの、スッキリとレイアウトされたインパネは使いやすい。収納スペースの広さ、数、それぞれの容量も申し分ない。

運転席に座ると、ウインドウの角度と面積、形状、上面をえぐったダッシュなどにより、非常に広く感じられる。ハイウェイスターにはファインビジョンメーターが採用され、燃費表示機能付きのオドメーターが与えられた。

シートにはオレンジのダブルステッチが入り、よりスポーティな印象となっている。セレナはテレスコピックが付かないのだが、大きく高さ調整のできるシートと、アップライトなポジションにより、それほど姿勢を合わせにくいことはない。後席についても、広さの感覚というのは、このクラスとしては感心するレベルだ。横幅、頭上空間、頭の斜め上とも、3台の中では圧勝である。

シートは、2列目も横方向は十分に広く、座面長を2列目だけでなく3列目まで全部長く確保している。3列とも同じような平板な形状で、アレンジしやすい。2列目のセカンドマルチシートはセレナならでは。前席に持ってくることもできるし、2列目の左側を横方向にスライドできて、使い勝手の可能性を広げている。右側は座面を引き起こすこともできる。対座以外のシートアレンジについては、まさに自由自在である。ラゲッジルームも、荷室開口高さは1205mm、荷室長さは1720mmと、かなり広い。ラゲッジアンダーボックスの容量も大きく、4WD車でも2WD車と同容量を確保しているところも特長だ。

ヴォクシーのようにワンタッチではないが、3列目の跳ね上げ機構は操作力が軽くすむので、これも十分に操作しやすい。また今回、先進機能のアラウンドビューモニターがオプション設定されたこともありがたい。高価ではあるが、非常に有益な装備である。

2列目シートメーターラゲッジ3列目シートパーソナルテーブル

最も個性的かつスポーティで乗用車的

インパネフロントシート

インパネは左右対称を意識したデザインとなっている。ダッシュの奥のほうに横長の大表示のメーターがあり、その手前のドライバー側には収納スペースがある。

乗用車的な空間であることを強く意識した印象でもあり、オデッセイほど極端ではないが、SFチックなデザインアプローチも見られる。シートの形状も乗用車っぽくなっていて、ドライビングポジションも、ほかの2台がアップライトなのに対してステップワゴンはもう少し乗用車的。1列目シートの前後位置も、もっとも後方である。

スパーダでは、本革巻ステアリングホイール、メタル調パネル、新シート表皮クールブラック内装などを採用する。インパネに一体化された純正カーナビは、やや直感的に使いにくい面もあるが、機能的にかなり充実している。

2列目シートは、乗用車的な形状で、各部のクリアランスを見ても、2列目を重視して設計されたことがうかがえる。また、マイナーチェンジで2列目キャプテンシート仕様がオプション設定されたこともニュースである。

逆に、3列目のスペースはあまり期待できず、2列目シートをかなり前に出さないと、3列目の居住空間を満足に確保できない。また、3列目シートを跳ね上げるときに、従来はベルトをフックにとても掛けづらかったのだが、どうやら改良されたようだ。ラゲッジスペースのフロア下には、スペアタイヤ(シャシー側)があるため、ほかの2台のようなアンダーボックスは備わらない。

そして、ステップワゴンにはCMBSが設定されている点が特徴だ。追突を予防する上で、非常に有効なデバイスであり、誤認識によるわずらわしさもほとんどないところもいい。

2列目シートメーターラゲッジ3列目シート9インチワイドディスプレイ

独自の使い勝手を追求した2、3列目

インパネフロントシート

セレナに比べると、多少サイドウインドウをルーフにかけて絞り込んでいるが、それでも十分に室内は広い。

インテリアは唯一、センターメーターを採用する。ヴォクシーはグレー系カラーを基調とし、ZS、Zにはスポーティなジャージのシートが備わる。

スポーティ仕様にはオプティトロンメーターが付く。ATセレクターはゲート式で、ZSではステアリングホイールにパドルが付く。

収納スペースも助手席の前にえぐってちょっとした物を入れられるようにするなど、実用性を高めている。各部にトレー状の収納スペースを設定し、オーバーヘッドコンソールには、ステップワゴンのような後席確認ミラーが付く。

日本に特化したというか、シートなどもやや小ぶりで、チルト&テレスコピック機構の調整幅をたっぷり確保するなど、女性が運転することをかなり意識したと思われる。標準では「ワンタッチタンブルシート」となり、写真の「ロングスライドマルチ回転シート」は3万5700円で装着することができる。こちらは、助手席側を60度まで回転でき、チャイルドケアモードにもできる。運転席側も30度回転できる。また、対座モードにすることもできる。

3列目シートに、レバーを引くだけで自動的に跳ね上がる「ワンタッチスペースアップシート」という優れた機構を実現した点も特筆できる。ラゲッジフロア下の「スーパーラゲッジボックス」は、セレナと同等に大容量で、ヴォクシーでは、フロアボードを曲げられるようにした点がポイント。こうすることで、部分的に畳んで荷物を出し入れできるようになる。

2列目シートメーターラゲッジ3列目シート床下収納スペース

内装・装備の総評

室内の雰囲気は、いずれもダーク系のスポーティなインテリアカラーとなっている。スポーティミニバンといっても、やはりミニバンであるからには、居住性やユーティリティが重要。シートアレンジのバリエーションをはじめ、ユーティリティの機能についても3台の性格がけっこう異なる。購入検討の際は、そこに着目して、もっとも自分の使い方に合った1台を選ぶとよいだろう。シンプルにいうと、広さを最優先するとともに、考えうる限りのユーティリティを盛り込んだセレナ、広さはそこそこに、機能をさらに洗練し、質感を高めたヴォクシー、乗用車的であることをヨシとしたステップワゴン、というところだろうか。

ユーティリティについては、優劣で考えるよりも、できることの種類が異なるという観点で、選択の際には、何が必要か、何ができるかを検討して考えるべきだろう。居住性については、開放感も含め、セレナに軍配。とはいえ、ヴォクシーでも十分に広いし、ステップワゴンも、外観を一見したところでは劣るような印象を受けるが、低床化により、フロア全体が低くなっただけで、居住空間はそれほど犠牲になっていない。ただし、乗員が感じる見晴らしのよさについては、目線が下がったぶん落ちたといわざるをえない。また、ハイウェイスター、スパーダ、ZSそれぞれの、スポーティモデルとしての雰囲気に期待して見た場合、もっともスポーティであるのは、スパーダだろう。

日産 セレナ 関連ページ

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20