autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 エアロ系Mクラスミニバン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2010/6/30 17:49

エアロ系Mクラスミニバン 徹底比較(4/4)

エアロ系Mクラスミニバン 徹底比較

コダワリに応え、万人にウケる

トヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシー

ヴォクシーは、最上級のZSグレードの販売比率が半分に達しているという。

このカテゴリーのミニバンの中でもとくに、コダワリを持って購入するユーザーの割合が多い車といえる。これまでのZSを含むヴォクシーの「S」の付くエアロ系モデルは、ちょっと奇抜なルックスとし、足まわりを固めにチューニングされていた。

ところが、販売比率の高さを鑑み、従来のやや尖った部分を丸めたのがマイナーチェンンジの狙いだったようだ。それでもこの3台の中でデザインはもっともユニークといえそうだが、中身はもっともオーソドックスといえる。乗り心地や静粛性も含めた快適性への配慮も、もっとも行き届いていると思える。

こうしたクルマは、気になる部分ができるだけ少ないことこそ大事だろうが、その観点では、もっとも万人ウケするようにはなっているといえる。

下記2台に対しては、7人乗り、回転シートを選べる点が大きな違い。また、全席3点式シートベルトとヘッドレストをいち早く採用した点も、こうした部分を気にする人にとっては見逃せないポイントだろう。

オールマイティな箱型ミニバン

ホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴン

低床プラットフォームを採用し、走りを全面的にアピールした先代のコンセプトもまったく間違ってはいなかったと思う。

しかし、販売面でジリ貧になったのは、せっかくハイルーフミニバンを買おうというユーザーの心理に応えていない部分が見えたせいだろう。

もしくは、万人向けではなかったデザインのせいでもあるだろう。現行モデルでは、そのあたりを極めてオーソドックスにまとめてきた。プラットフォームは低床には違いないが、ルーフを高めることで、ワンステップフロアや低重心による走行性能を受け継いだまま、より広い室内空間を得た。

視覚的にも、箱型ミニバンらしさをアピールするとともに、押し出し感もあるスタイリングとされた。さらに、もともと素性のよい走行性能は、余裕を快適性に回したという印象。また、先代ではなにかと不満の聞かれた動力性能についても待望のCVTが全車に導入された。

かくしてステップワゴンは、カテゴリーでもっともオールラウンド(=万能)というか、オールマイティ(=最強)なミニバンになったといえる。好調な販売は、そのあたりが評価されてのことだろう。

まだまだ現役で通用する!?

日産 セレナ日産 セレナ

そう遠くないうちにモデルチェンジを迎えるセレナだが、現行モデルの人気が高く、見た目にもあまり古くなった印象もなく、モデルチェンジの必要性がないように感じるほど。

いかにも広そうな室内、収納スペース、シートアレンジの多彩さなど、その視覚的なわかりやすさは、後発モデルに対しても、依然としてアドバンテージといえるほどだ。

反面、デビュー当初はライバルをしのいでいた、エンジン~CVTの制御も、今となってはライバルに追いつき追い越された印象もあるし、乗り心地やフットワークのまとめ方も、やや古さが感じられるようになった。そのあたり、こうして後発モデルと乗り比べると、如実に感じられてしまう。

また、カーナビやAV、アラウンドビューモニターなど、後付けで対応できるものについては、アップデートが図られたが、エアバッグや横滑り防止装置、全席3点式シートベルトなど、車両の基本部分にかかわるアップデートできない部分の安全装備の問題だけは、後発モデルに比べると引け目を感じるのは否めない。

ミニバンとしての商品性は今でも一線級だが、クルマとしてはやや遅れた部分もあり、そのあたりが次期モデルで進化するのか、良い部分がどう受け継がれるのか、楽しみだ。

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/20~2017/10/20