autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 エアロ系Mクラスミニバン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2010/6/30 17:49

エアロ系Mクラスミニバン 徹底比較(3/4)

エアロ系Mクラスミニバン 徹底比較

7人乗りマルチ回転シートも選べる

トヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシー

従来よりセンターメーターを採用したインパネが特徴。前席アームレストは、ほかの2台がなっていないところ、ヴォクシーのみラチェット式になっており、好みの角度に合わせやすい。

また、快適温熱シートを設定している点もアドバンテージだ。マイナーチェンジで、2列目について、7人乗りマルチ回転キャプテンシート車と、8人乗り6:4分割チップアップシートのどちらかが選べるようになったのも特徴である。

サイドウインドウのガラス面積がステップワゴンやセレナに比べるとやや小さめで、また上方に行くにしたがって絞り込んでいるため、広々感や開放感はほかの2モデルに及ばない。

また、全体的にフロアが高いため、足を載せるためのステップの高さはセレナよりも低いものの、段差はやや大きめとなっている。

3列目に、ロックを解除すると自動的に跳ね上げられる「ワンタッチスペースアップシート」を採用しているのもヴォクシーの特筆点。女性でも片手でスムーズにアレンジできる秀逸な機構である。

ラゲッジスペースは、大容量のアンダーボックスに、3WAYのラゲージリッドを持つ。またマイナーチェンジで、2列目、3列目の中央席のヘッドレストと3点式シートベルトも全車で標準装備化されるなど、将来の法規を視野に入れた変更も行なわれている。

安全装備については、S-VSC(横滑り防止装置等)がヒルスタートアシストやサイドおよびカーテンシールドエアバッグとともにオプションで全車に用意されている。

トヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシー

クラス最大の室内空間

ホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴン

低床のままルーフのみを高め、室内高を大きく確保したステップワゴンは、スペース的にはかなり有利で、クラス最大級の室内空間を持つ。

乗り込む際に最初に足を載せるステップとフロアの段差がなく、ワンステップで室内にアクセスできるのは、低床プラットフォームに強みだ。

反面、最初の一歩目はほかの2モデルよりも高く、子どもには数センチの違いが大きく感じられるかもしれない。大面積のガラスサンルーフや、フローリングフロア仕様を選べるのも特徴だ。

着座位置も低めで、自然なドライビングポジションを得ることができる。収納スペースは、数が十分にある上、容量の大きいという印象。3列目はクラス初の格納式となっていて、上げているときは大容量アンダーボックスとして使うこともできる。

2列目は、6:4分割タンブルシートと、同チップ&スライドシートが用意されている。今回の撮影車両はチップアップ&スライド。

2列目中央を跳ね上げるとウォークスルーが可能となるし、ロングスライドも可能。タンブルシートの場合は、ワンモーションオープン機構が備わり、最大荷室状態での容積が大きくなるなど、使い勝手が変わってくる。

安全装備については、VSA(横滑り防止装置等)とヒルスタートアシストが「Z」「Zi」に標準装備。最上級の「Zi」では、サイドおよびカーテンエアバッグ(他グレードではオプション)、CMBS(追突軽減ブレーキ)、前席プリテンショナー(他グレードには設定なし)などが標準装備される。

ホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴン

依然として優位なシートアレンジ性

日産 セレナ日産 セレナ

丸みを帯びた滑らかなラインに包まれたインパネは、乗用車から乗り換えても違和感はない。ステッチの入った新しい感覚のシート生地など、室内の雰囲気も垢抜けていて、登場から時間が経過しているにもかかわらず、古さを感じさせない。

その中に、収納スペースがくまなく設定されている。さらに、シートの背もたれの背面にパーソナルテーブルを付けることもできる。シートアレンジ性は、後発の2モデルに比べてもアドバンテージがあり、見た目は平板だが着座感のよいシート形状も、アレンジ性を考慮しているのだろう。

セカンドマルチセンターシートがセレナならではの特徴。2列目の左側シートは横スライドも可能で、2~3列目のウォークスルーも楽にこなすことができる。

長尺モードは、助手席を前倒しできるセレナが最大。3列目シートも座面のサイズは大きめで、3台の中で唯一前後スライドも可能となっている。その3列目は跳ね上げ式で、ヴォクシー/ノアの登場によりインパクトは薄れたが、軽い操作力でアレンジできるところもよい。

また、2列目のシートベルトアンカーの高さ調整が付いているのはセレナのみだ。安全装備については、サイドエアバッグは運転席、助手席のみ設定があり、全車オプション扱い。後席にはサイドエアバッグの設定はない。

また、横滑り防止装置は設定自体がないなど、やや見劣りするのは否めない。

日産 セレナ日産 セレナ日産 セレナ日産 セレナ日産 セレナ

内装・装備の総評

インテリアの雰囲気、ユーティリティについて、それぞれ独自のアプローチをしていて、同じ箱型ミニバンながら内容はけっこう異なるのは興味深いところ。安全装備について、サイドエアバッグや横滑り防止装置など、メーカーも後付けで対応しにくい部分については、セレナはややがある。ただし、途中で日産では「アラウンドビューモニター」と呼ぶ俯瞰の画像による運転支援アイテムを用意するなど、あとで対応できる部分については、セレナも可能な限り努力している模様である。ちなみにホンダも「マルチビューカメラシステム」と呼ぶ同様の機構を用意。対するトヨタはお得意の「インテリジェントパーキングアシスト」をヴォクシーに用意している。

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20