autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 エコカー減税対象車 異種タイプ徹底比較 4ページ目

3台比較 2010/6/3 19:38

エコカー減税対象車 異種タイプ徹底比較(4/4)

エコカー減税対象車 異種タイプ徹底比較

良い部分もいまひとつな部分も確認した上で

フォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフ

本来はCセグメントの世界標準たるゴルフだが、日本ではそのゴルフもちょっとしたプレミアムコンパクトと認識されている。

GTIやRを除き、1年前に出たゴルフには、これまでハイラインとコンフォートラインがあったが、今回、ボトムとなるモデルとした追加されたのがトレンドライン。

装備の簡略化もそうだが、最大の特徴は、1.2リッターTSIエンジンだ。

ただし、上記のように期待したほどの実燃費が得られない状況もあるだろう。

エンジン出力に対し、1270kgのボディは、組み合わせとしては、少々重いのかもしれない。

燃費以前に、走りの素性のよさにおいては、国産2モデルをだいぶ上回るのはさすが。

ただし、走り出してしまえばいいのだが、車庫入れなどでの細かな動きや、発進停止においては、DSGはATやCVTほどスムーズではない。

それら良い部分もいまひとつな部分も試乗して体感した上で選ぶかどうかを決めるべきだろう。

価格もプリウスと比べて大差なく、販売網もそこそこ充実しているので、輸入車ながら、競合車としては十分に俎上に載せることのできるクルマといえる。

時代にもっとも合ったエコカー

トヨタ プリウストヨタ プリウス

発売以来、ずっと月販でナンバーワンの座を続けているプリウスだが、触れるほどに、売れている理由がわかるクルマだとつくづく思う。

まずは燃費への期待に十分に応えている。今回の他の2モデルに比べて、特段にエコドライブを心がけなくても、様々なシチュエーションで安定した好燃費を出せてしまう。この部分はプリウスの大きなアドバンテージにほかならない。

また、すでに定着した高い好感度も、プリウスの購買意欲を高める上で大きな武器になっている。

かつて高級車に乗っていた多くのユーザーをも取り込むことができているのは、プリウスの商品性の勝利といえるだろう。

実力もイメージ面でも、総じて今の時代にもっとも合ったエコカーといえるのではないかと思う。

フィットハイブリッドにも期待

ホンダ フィットホンダ フィット

2009年はHV人気が沸騰し、その余波がまだ続いているが、そんな中でフィットは月販ランキングでほぼプリウスに続く2位につけた。

2009年4月から2010年3月までの販売台数も、プリウス(277,485台)に次ぐ173,154台をマークし、3位のヴィッツ以下に大差をつけ、大健闘している。

フィットは特殊なことを何もやらず、クルマとしての素性を磨くことで優れた燃費をマークしている上、軽快なドライブフィールに好感を抱かせる仕上がりとなっている。

また、コンパクトカーに属するクルマには間違いないのだが、ファーストカーとしても使えるだけの居住空間を身につけている。

センタータンクレイアウトのフィットは、非常にユーティリティ性能の高いクルマだと改めて感じる。

しかも、価格がとても安い。販売面でも、やや失速したインサイトに対し、フィットの勢いは未だ衰えていない。

そして、そう遠くないうちに、「グリーンマシーン004号」として、フィットハイブリッドが追加されることも、すでにホンダよりアナウンスされている。

これら現行フィットの数々のアドバンテージを持ち合わせた上で、あまり価格が上がることなく、さらに優れた燃費や走りを実現してくれることに期待したい。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

トヨタ プリウス 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円