autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 OEM軽トールワゴン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2010/5/24 15:06

OEM軽トールワゴン 徹底比較(4/4)

OEM軽トールワゴン 徹底比較

オールラウンドな大容積系軽カー

スバル ルクラスバル ルクラ

軽自動車はすっかりトールワゴン系が主流となっているが、その中でも標準的なものから広大な室内空間を持つミニバン的なものまで多様化してきた。

そしてこれまで軽自動車界でも独自のスタンスを取っていたスバルだが、トヨタ、ダイハツとの提携により、軽自動車についてはダイハツから供給を受ける運びとなった。

スバル側としても、どの車種をラインアップに据えるかの選択には悩んだことと思われるが、ベーシックな軽自動車であるミラをプレオとして発売し、トールワゴン系のルクラをムーヴやコンテ、タントではなく、タントエグゼをベースとしたのは、最新モデルであるのはもちろん、もっともオールラウンドで適任と判断したからだろう。

価格帯はやや高めながら、室内が非常に広く、上質感のあるルクラは、「スバルの軽自動車」へのコダワリを持つユーザーにも訴求できるのではないかと思う。

日産軽カーの頂点でかつミニバンのボトムという二面性

日産 ルークス日産 ルークス

日産の軽自動車ラインアップの充実が図られる中で、ルークスは軽自動車の中では頂点となる車種であり、最大のスペースを持つクルマとなる。

それと同時に、日産のミニバン系モデルのラインアップの中では最小となるが、こうしてハイウェイスターをラインアップし、さらにオーテックのアーバンセレクションという特別仕様車も設定するなど、日産ブランドとして期待される部分にも応えている。

そしてルークスの本命は、やはりハイウェイスターではないかと思う。

クルマ自体としては、広い室内空間はもちろん、両側スライドドア、低いフロアがポイント。両側スライドドアは、乗用タイプの軽自動車では、ベース車であるパレットとルークス以外に現時点で選択肢はない。

軽自動車としては少々高価ではあるが、このクルマしか持ち得ない、またベース車ではなくルークスしかもハイウェイスターでしか味わえない感覚があるのも、このクルマならではといえるだろう。

売れ続けている理由がわかるクルマ

日産 モコ日産 モコ

登場から時間が経過しており、内容的にも一世代前のクルマではあるが、軽自動車の販売では2009年の年間販売台数でも8位につけるほど高い人気を保っている。

これはベースであるMRワゴンよりもはるかに上の順位であるわけだが、日産の販売力もさることながら、MRワゴンが女性にターゲットを絞っているのに対し、モコは万人受けしそうなデザインとしたことも要因といえるだろう。

そしてもとよりコストパフォーマンスという観点から見ても、軽自動車全体の中では高く、売れている理由がうかがい知れるクルマである。

また、上記2モデルほど広さを追求していないことで、ATのままでも優れたモード燃費を達成しているし、車重が比較的軽いため、こうして重いクルマと乗り比べるとなおのこと、軽快な走り味には好感を抱く。

スバル ルクラ 関連ページ

日産 ルークス 関連ページ

日産 モコ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル ルクラ の関連記事

スバル ルクラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル ルクラ の関連記事をもっと見る

スバル ルクラ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22