autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 OEM軽トールワゴン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2010/5/24 15:06

OEM軽トールワゴン 徹底比較(2/4)

OEM軽トールワゴン 徹底比較

軽自動車らしからぬ快適な乗り心地

スバル ルクラスバル ルクラ

ディテールにまでこだわった有機的デザインによる、個性的で上質感のあるエクステリアを持つ。

室内広々系の軽自動車としてはフロントウィンドウが比較的寝ており、ミニバン的な雰囲気がいくぶん薄められている。標準のルクラに対し、ルクラカスタムは開口部が大きく大型フォグランプを両脇に配したフロントバンパーや、メッキグリルなどが与えられている。

エンジンはルクラが自然吸気のみで、ルクラカスタムでは自然吸気のほかにターボも選べる。撮影車両は自然吸気エンジンを搭載するR Limitedグレード。

軽自動車としては重い900kg近くの車両重量ながら、効率のよいCVTにより限られた出力を有効に引き出し、さほど不満のない動力性能を得ることに成功している。

燃費は同グレードで21.5km/Lとなっており、2WDの自然吸気エンジン車のみエコカー減税の対象となっている。ドライブフィールは、重心が高いため上屋の重い感覚は拭えないものの、乗り心地と操縦安定性は上手くバランスされている。

さらに、軽自動車最長のホイールベースや、安定指向でセッティングされたシャシーにより、いたってリラックスして乗ることができる。

その感覚は軽自動車離れしたもので、後席の乗り心地も、5ナンバーのハイルーフミニバンの2~3列目よりも快適と感じさせるほどの仕上がりだ。

スバル ルクラスバル ルクラスバル ルクラスバル ルクラスバル ルクラ

ハイウェイスターらしい見た目と走り

日産 ルークス日産 ルークス

ルークスにも2種類のエクステリアが用意されている。日産お得意のハイウェイスターは、パレットSWをベースに設定。フロントグリルやバンパー、テールランプなどがベース車と比べて差別化されている。

エンジンは自然吸気のほかハイウェイスターではターボが選べ、ベース車であるパレットの一部改良時に採用された新しい副変速機付きCVTが組み合わされる。なお、パレットにはある4速ATの設定はルークスにはない。

撮影車両はハイウェイスターターボで、低回転域からパワフルなターボエンジンと幅広い変速比幅を持つCVTにより、960kgという軽自動車としては比較的重い車体ながら不満のない加速を得ることができる。

ターボ車はエコカー減税の対象となっていないが、自然吸気エンジンの2WD車はエコカー減税に適合している。

走りは、ルクラのベースであるダイハツのシャシーが安定性・快適性志向であるのに対し、ルークスがベースとするスズキの最新プラットフォームは、十分な安定性を持ちながらも、スポーティと表現すべき味を備えている。

引き締まった乗り心地や、高い車高のハンデをあまり感じさせないキビキビとした走りは、パレットSWと変わりなく、結果的に「ハイウェイスター」の名の付くクルマとして相応しいフィーリングを身につけている。

日産 ルークス日産 ルークス日産 ルークス日産 ルークス日産 ルークス

自然なフィーリングの運転感覚

日産 モコ

ベース車である現行MRワゴンは、小さな子どもを持つ女性ユーザーにターゲットを絞っているが、こちらのモコは可愛らしいながらもユニセックスな印象だ。

ヘッドライトやフロントグリル、ボンネットやバンパーなどフロントマスク一式がモコ専用となっており、ちょっとユーモラスなMRワゴンに比べて、日産のコンパクトカーと共通イメージの、いくぶんオーソドックスなデザインとされている。

なお、MRワゴンには設定のあるエアロ系の「Wit」に相当するモデルは、モコには設定がない。

2009年6月のマイナーチェンジでは、ボディカラーに新色のコーラル(写真)とペールブルーが追加され、サイドターンランプ内蔵電動格納式リモコンカラードドアミラーが採用されるなどした。

エンジンは、S系・E系グレードが自然吸気、G系グレードがターボとなる。

トランスミッションは全車4速ATで、自然吸気エンジンとの組み合わせでは、Eグレードで820kgという比較的軽い車重ながら、さすがに上り勾配では少々つらい場面も見受けられる。

逆に、発進・停止を繰り返す市街地では、応答遅れのないATらしい自然なフィーリングがむしろ好印象で、乗りやすさはCVT車をしのぐ。

さらに、上記のマイナーチェンジ時に新シリンダーヘッドの採用などにより22.0km/Lの燃費を実現し、エコカー減税の対象となった。

一世代前のワゴンR旧世代のプラットフォームがベースなのだが、上記2モデルに比べると、トールワゴンとはいえ10cmほど車高が低く重心も低いため、ロール感も小さく、運転感覚はより自然なものとなっている。

日産 モコ日産 モコ日産 モコ日産 モコ日産 モコ

総評

全長3400mm未満、全幅1480mm未満という軽自動車規格の中で、全高はルクラとルークスが1700mmを超え、モコはそこから100mm程度低い。車両重量はモコが800kg台前半、ルクラが900kg前後、ルークスが900kg超。ホイールベースは、モコが2360mm、ルークスは2400mm、ルクラは2490mmとなっている。

トランスミッションは、ルクラがダイハツでいうインプットリダクション式CVT、ルークスが副変速機付CVT、モコが4速ATとなっている。当然ながら、走りの印象はこのあたりのスペックの違いに左右されているが、車高が高く重い2台も、あまりハンデの影響を強く感じさせない仕上がりとなっている。

スバル ルクラ 関連ページ

日産 ルークス 関連ページ

日産 モコ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル ルクラ の関連記事

スバル ルクラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル ルクラ の関連記事をもっと見る

スバル ルクラ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21