autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産スポーティ高級セダン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2010/4/8 15:22

国産スポーティ高級セダン 徹底比較(3/4)

国産スポーティ高級セダン 徹底比較

インパクトのある空間

日産 フーガ日産 フーガ

曲線を多用した有機的デザインのインパネに、銀粉をまぶした本木目パネル、素材にソフィレスを用いたアームレストや、セミアニリン本革を用いたシートなど、視覚的にも触感もインテリアはフーガがもっともインパクトがある。そして、エクステリアとの調和も上手く図られていると思う。

デザインの面白さもさることながら、操作性に優れるインパネが好印象だ。また、広々としながらタイト感を演出した、独特の空間が構築されている。助手席にオットマンの設定があるのも日産の高級セダンならでは。

前席のヒップポイントが従来よりもやや低く設定されたことで後席との段差が広がっており、車高の高さも手伝って、後席は前席よりあきらかに高い位置に配していながら頭上空間もかなり広い。そして、後席からでも独特のインテリアの雰囲気は十分に楽しむことができる。

座面サイズも後席はとても大きく、後席の居住性を求めるのであれば、フーガがもっとも上である。

森の空気を感じさせるフォレストエアコンも注目の新装備だ。ラゲッジルームは、リアサスペンションの変更のせいか、横幅が狭くなった部分が増えた印象もあるが、高さは十分に確保されており、ゴルフバッグなどの大荷物も積みやすいだろう。

装備面では、安全性、快適性に関する先進の各種装備を積極的に盛り込んでいるところは注目に値する。

日産 フーガ日産 フーガ日産 フーガ日産 フーガ日産 フーガ

オーソドックスなデザインと合理的なパッケージ

トヨタ クラウンアスリートトヨタ クラウンアスリート

インパネの形状は、あくまで端正な中で、意図的に変化をつけたような印象。

年配ユーザーに配慮してか、ナビ画面はGSが7インチであるのに対しクラウンは8インチと大きく、操作スイッチ類もよりわかりやすく配置されている。

2010年2月のマイナーチェンジでは、独特の風合いだった木目調パネルが、艶のある一般的なものとされたほか、インパネ下部が明るい色調に変更されている。

また、ステアリングスイッチ、シフトレバーの周辺やアームレストの一部にシルバー加飾が施された。

装備については、HDDナビに目的地の目の前まで案内する機能や、携帯型オーディオの接続が可能なUSB端子がコンソールボックス内に設定されるなどの改良が施されている。

反面、カードキー、前後ドアイージークローザー、リバース連動ドアミラーなど、上級グレードには設定があるものの、全体的に装備が見直され省かれた部分もあるのが少々残念なところ。

後席の居住空間は、外見からイメージするよりもずっと広く、合理的なパッケージングが構築されている。後席がリクライニング可能なのはクラウンのみである。

ラゲッジ形状もやっぱりクラウンが実質的に一番広く、これもまた合理的であると感じさせる点。奥行きはむしろ他の2台が広いが、横方向はボディパネルの際の限界まで攻めた印象で、クラウンのほうがタイヤハウスに制約されたところがなく、実質的な縦横の高さのスペースが一番広くとられている。

トヨタ クラウンアスリートトヨタ クラウンアスリートトヨタ クラウンアスリートトヨタ クラウンアスリートトヨタ クラウンアスリート

パーソナル感のある空間

レクサス GSレクサス GS

センターモニターの両側に丸いボタンを縦に並べてあるのが印象的な、ユニークなデザインのインパネ。英字表記を選ぶことができるのもGSの特徴だ。

登場から時間が経過しても、このあたりのセンスは色あせることはない。ただし、今となって見比べると、全体の質感は上記2モデルのほうが上という印象はある。

「バージョンI」というグレードは、上質な素材によるインテリアや充実した快適装備が与えられるという位置づけで、バージョンI以上にはセミアリニン本革シートが標準装備される。

マイナーチェンジで、アイボリー系の色調がより明るくなった。また、前席の背もたれの後ろにも、クルマのキャラクターを反映して、GSのみグリップハンドルが付けられていない。

このあたり、あくまでパーソナルカーであるというアピールが感じられる。

ただし、ショーファーには適さなくとも、後席の居住空間も狭いわけではない。頭上の余裕は大きくはないが、座面を低くしてスペースを稼ぎ出している。

ラゲッジスペースのつくりはフーガに近いが、幅はGSのほうが概ね広い。

2009年8月の改良では、HDDナビに地図の自動更新をするマップオンデマンドや、地デジチューナーが追加されたほか、携帯型オーディオに対応するUSB端子がコンソールボックス内に設定された。

また前席にアクティブヘッドレストを装備するなど、各部がアップデートされている。

レクサス GSレクサス GSレクサス GSレクサス GSレクサス GS

総評

インテリアにも3車のキャラクターが表れており、雰囲気はまったく異なる。中でもフーガはやはり印象的。居住性としては、後席の考え方がだいぶ異なる。フーガはシーマの代役としても使えそうな空間を、デザインを犠牲にすることなく実現している。装備面では、この価格帯ともなれば、安全性、快適性に関する装備は、さすがに充実しているが、現状での完成度はさておき、フーガが新しいものを積極的に採り入れている姿勢は評価したい。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 フーガ の関連記事

日産 フーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フーガ の関連記事をもっと見る

日産 フーガ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/12~2017/12/12