autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 最新高級ミニバン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2008/6/20 20:58

最新高級ミニバン 徹底比較(4/4)

最新高級ミニバン 徹底比較

本当のライバルは同じトヨタの中にアリ

走行走行

初代アルファードを、今でも気に入って乗っている人も多いはずだが、2代目はそんな人に買い換えたいと思わせることが使命のひとつという。さらに、不満点をしっかり克服し、前記のようなわかりやすい魅力をたくさん備えた新型車ヴェルファイアは、初代オーナーあるいはミニバンを欲しいと思うすべてのユーザーにとって、コンセプトどおり、“欲しくてしょうがなくなる”ミニバンかもしれない。ライバルと比べても、後発モデルらしく、そつない仕上がりと、なるほどと納得させられる部分が多々ある。商品力においても、さらに一歩、抜きん出た感がある。

こうなると、ヴェルファイアの本当にライバルは何か?を考えると、それは新型アルファードはもちろん、初代アルファードを愛用していて買い替える意思のないとか、あるいはその中古車の購入を検討していたり、エスティマやヴォクシー/ノアも選択肢に入れている人。つまり、同じトヨタの中にライバルがいっぱいいて、それらに勝るための明確なアドバンテージが必要だったのではないかと思うのだ。

ちなみにハイブリッドも気になるところだが、今のところ発売の予定がないようだ。

このクルマのみ持つ唯一無二の価値

走行走行

初代のヒットを受け、コンセプトを正統に受け継いで登場した2代目だが、販売的にはトヨタの刺客である初代アルファードにだいぶ差をつけられたのは事実だ。

FF化のウワサのある次期モデルの登場も、まだかなり先の話。しかし、こうして特別仕様車を設定したり、必要な部分に改良を施したりと、しっかりテコ入れして現役モデルであることをアピールしている。

熱心なファンが多いのもエルグランドの特徴であり、その点ではアルファード/ヴェルファイアやエリシオンよりも、こだわって乗っている人の多いクルマではある。

現行モデルが初代のようなヒットを飛ばしていないのは、商品力に劣っているわけではなく、強力なライバルが最大の理由だろう。そしてそのライバルが、ひと足先に次世代に移行したため、さらにアドバンテージが広がってしまった感もあるが、FRならではの走り、全席ファーストクラスの乗り心地、独特のインテリアなど、エルグランドのみ持つその価値は、いまだ色褪せない。

好みであれば現時点でも積極的に“買い”のクルマである。

見た目と走り、目的のハッキリしたミニバン

走行走行

LLクラスミニバン後発らしく、満を持して、独自の特色を出して登場したエリシオンだったが、もうひと押し欲しかったところで、のちに追加されたのがプレステージだ。

プレステージが登場した際、初代アルファードとの類似点が指摘されたものだが、今度は逆に、このクルマが先に打ち出したコンセプトのいくつかが、新型アルファード/ヴェルファイアにも盛り込まれている。

まず、低床プラットフォーム。ミニバンの走りを向上させるには欠かせない要素であり、トヨタも採り入れた。あるいは、インテリアの一目瞭然の高級感もそうだろう。

プレステージは、高級ミニバンの価値を、高級サルーンと同等に考えて開発されたことがうかがえる。見た目と走りという、実に目的のハッキリしたクルマである。

ただし、確信犯ではあるのだろうが、後席の乗り心地については、仮にもミニバンであるからして、もう少し配慮されていてもよかったのではと思う。

トヨタ ヴェルファイア 関連ページ

日産 エルグランド 関連ページ

ホンダ エリシオン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴェルファイア の関連記事

トヨタ ヴェルファイアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴェルファイア の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴェルファイア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/20~2017/10/20