autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 注目の最新軽自動車 徹底比較 3ページ目

3台比較 2010/2/5 10:58

注目の最新軽自動車 徹底比較(3/4)

注目の最新軽自動車 徹底比較

カジュアルな感覚の空間

スズキ アルトスズキ アルト

インパネ中央にサークル状のセンターパネルを設定し、助手席側に大きなインパネトレーを設定。目の前に大きなスピードメーターを配している。タコメーターは付かない。

インパネ全体を、丸みを帯びた柔らかなフォルムで包んで浮かせたように配置し、その下は抜けているので、前席の乗員に窮屈さを感じさせない。

リーズナブルな価格のクルマだが、インテリアの雰囲気はけっして安っぽさを感じさせず、むしろカジュアルな感覚に満ちていることが好印象。

粗いシボを施したダッシュボードや、布を模したベージュの部分、シートなど、それぞれ形状も素材感も悪くない。

ドア開口面積は前後ともかなり大きく、とくにフロントの広さが印象的。フロア高は3台中でもっとも低く設定されている。

リアシートのサイズも意外と大きく、成人男性が座るにも申し分ない。トールワゴン系のクルマではないが、比べてもそれほど劣らない居住性が確保されている。

一体ではなく分割可倒が可能で、前倒しするとフラットなラゲッジルームを得ることができる。2シーターにして、後ろをラゲッジとして使うには、意外ながら、他の2モデルよりもアルトがもっとも適するといえる。

視界については、車体剛性確保のためか、フロントピラーの付け根が遮る面積がやや大きいところが気になる。またBピラーが太く、サイドウィンドウ上のルーフラインも低めになっているので、開放感はそれほど高いわけではない。

スズキ アルトスズキ アルトスズキ アルトスズキ アルトスズキ アルト

上級装備を与えた広大なスペース

ダイハツ タントダイハツ タント

ブラック基調のインテリアに、RSではシート表皮が専用のものになるほか、MOMO社製本革巻きステアリングホイールも標準装備される。

ソファのように分厚いシートは、部分的に合皮を配するなど上級感にこだわっている。

タントの特徴である左側センターピラーレス&スライドドアを廃しているが、前後左右とも約90度開くスイングドアが与えられている。

フロントピラー前方に小窓があるが、前席に座った感じではフロントピラーがかなり太く、遮られる面積が大きいところはやや気になる。

コラムシフト状だが軸を回転させるタイプのシフトレバーも特徴的。センターフロアコンソールやオーバーヘッドコンソールの設定も特徴的で、青いイルミネーションによる演出も面白い。

全車にオートエアコンや自発光式メーターが標準となり、上級イメージをアピールしている。広大なスペースやたっぷりとしたシートは、やはりこのクルマの最大の強み。

リアシートに乗ったときの広さ感はダントツだ。リアシートは255mmもの前後スライドが可能で、最後端に設定すると驚くほど広いニースペースを得ることができる。

リアシートにはダブルフォールディング機構を採用しておらず、前倒ししてもラゲッジフロアはあまりフラットにはならないが、段差を埋めて使いやすくなるようボードが設定されている。

ダイハツ タントダイハツ タントダイハツ タントダイハツ タントダイハツ タント

全方位にわたる良好な視界

ホンダ ライフホンダ ライフ

直線と曲線を組み合わせ、変化のあるデザインとされたインテリアだが、つくり自体はいたってオーソドックスといえる。

収納スペースの設定自体は標準的で、ハンドルの下や助手席前をえぐるなどし、限られたスペースを活用している。

タコメーターは丸いスピードメーターの中心の下に液晶(バーグラフ)で表示されるのも特徴的だ。色の変化でエコドライブ度を示すエコランプのアイデアは新しい。

ベーシック系とトールワゴン系の中間的なパッケージングで、頭上空間の余裕もあり、前席も含めフロアがもっともフラットで、後席の足元スペースも広い。

各ピラーを細くし、サイドウィンドウのウエストラインを下げ、後方のガラス面積を大きく確保していることで、全方位にわたり良好な視界が確保されている。

さらに、バックモニター付きオーディオも用意されている。なお、パステルには、スマートパーキングアシストを選ぶことができるが、ディーバには設定がない。

ラゲッジは標準的だが、リアシートはシンプルに前倒しするタイプで、最大荷室にしても、大きな段差が残るのは、使い勝手の面ではいまひとつ。むしろシートのしっかり感が好印象で、後席を常用するユーザーに適するといえるだろう。

ホンダ ライフホンダ ライフホンダ ライフホンダ ライフホンダ ライフ

総評

キャラクターの異なる3台で、それぞれの特徴は上記のとおり。当然ながら、広さではタントエクゼカスタムの圧勝で、装備面でも充実ぶりが光る。

ただし、いずれにしても、全車ステアリングにテレスコピックが欲しいところである。ラゲッジルームの使い勝手について、リアシートを前倒ししたときにフロアが広くフラットになり、もっとも使いやすいのはアルトだ。

安全装備について、EBD+ブレーキアシスト付ABSは、アルトとライフでは一部グレードを除き全車標準装備。

プリテンショナー&フォースリミッター機能付きフロント3点式ELRシートベルトは、タントエグゼ(カスタム)とライフに全車標準装備、アルトは上級グレードに標準装備。

前席エアバッグは全車標準装備で、ライフはサイドSRSエアバッグも用意されている。ただし、どの車種にも横滑り防止装置の設定がない。

スズキ アルト 関連ページ

ダイハツ タントエグゼ 関連ページ

ホンダ ライフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ アルト の関連記事

スズキ アルトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ アルト の関連記事をもっと見る

スズキ アルト の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17