autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 上級ステーションワゴン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2010/1/21 21:03

上級ステーションワゴン 徹底比較(3/4)

上級ステーションワゴン 徹底比較

十分な居住空間とやや高めのヒップポイント

スバル レガシィアウトバックスバル レガシィアウトバック

ボディサイズの拡大により、室内空間は相応に拡大されている。とくに、これまで何かと不満の声が聞かれた後席の居住性がかなり向上した。200mmという最低地上高により、乗降時にややサイドシルの高さを感じ、また乗り込むと高めの位置に座ることを実感する。

アウトバックは、スバルの最上級モデルらしい上級装備を身につけている。ヘッドライトやワイパーに、これまでスバルでは導入の遅れていたオートモードが備わったことは歓迎したい。さらに、電動パーキングブレーキも与えられた。もちろん、これまでどおり高音質のマッキントッシュ製オーディオが低価格で選べる。木目調パネルも上質感を演出しているし、パドルシフトも付く。

シートについては、ファブリック(写真)と本革が選べ、いずれもオフブラックとアイボリーが選べる。ただし、ファブリックシートのラグジュアリークロスは、見た目や触感はよいものの、毛のようなゴミが付きやすく取れにくいのが少々難点だ。

後席は左右4:6の可倒式で、ラゲッジルーム側からも遠隔操作で前倒しすることができる。ラゲッジルームは、従来のレガシィに比べると、全体の容量は増したものの、奥行きが若干小さくなり、そのぶん後席の居住性の拡大に当てられている。フロア下にはウレタンで仕切られたアンダーボックスが備わる。

SIクルーズには、0~100km/hまでの広い車速域で追従走行を可能とする全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールを搭載。

高速走行時だけでなく渋滞時のノロノロ運転であっても、0km/hまでのブレーキ制御を行い、さらに一定時間停止しているような状態では保持機能が作動するのが特徴。ドライバーの負担を大幅に軽減してくれる。ただし、同モデルではサンルーフを選べないのが難点だ。

スバル レガシィアウトバックスバル レガシィアウトバックスバル レガシィアウトバックスバル レガシィアウトバックスバル レガシィアウトバック

上質かつワゴンとしての使い勝手を極めた

ボルボ V70ボルボ V70

V70も、従来モデルよりボディサイズが拡大されたことが居住空間の拡大につながっている。

フリーフローティングセンタースタックの採用をはじめ、インパネやシフト周り、インナードアパネル上部などに大胆に配した、ところどころツヤを消した独特の質感を持つアルミパネルや、新しい感覚のシボを入れたダッシュボードなど、ボルボ流の上質感を表現したインテリアも興味深い。

スッキリとしたデザインで、スイッチの表示もわかりやすい。従来はカーナビの設置方法に難のあったボルボだが、今ではダッシュボード中央に、格納も可能なように上手く搭載されている。

サイドウィンドウ下部が太くなっているあたりもボルボ車に共通するつくりで、広々感の中に頑健な車体に守られている感覚をもたらしてくれる。

オプションのレザーパッケージによるシートの触感や座り心地も、ドイツ車とは一味違うもので、大ぶりで柔和な雰囲気。前席より少し高めの位置にある、丸い形状のリアシートも居住性はかなり高い。

リアシートは三分割が可能で、センター部を単独で倒せば、長尺物を積んで4人が快適に移動することもできる。オプションでボルボならではのインテグレーテッド・チャイルドクッションを選ぶこともできる。

Dピラーが直立気味で、サイドウィンドウ上方にかけての絞り込みも小さいため、大きなボディサイズがそのまま室内空間の拡大につながっている。ラゲッジフロアも非常に広いが、そのまま高さ方向も有効に使うことができ、使い勝手に優れる。

また、ラゲッジフロアを高くし、その下に大容量のアンダーボックスを設定するとともに、タイヤハウスの張り出しを小さく抑えており、ラゲッジ横幅もかなり広く確保でき、大きくスクエアな形状の荷室空間が得られている。

さらに、アルミレールが付き、ロードフックを備え、必要に応じてフロアを立ててグロサリーバッグ・ホルダーとして使えるようになっているなど、ワゴンの使い勝手に配慮したさまざまなアイデアが見られるし、アンダーボックスやテールゲートの裏にも上質なトリムが配されているところも好印象だ。

ボルボ V70ボルボ V70ボルボ V70ボルボ V70ボルボ V70

ドライバーオリエンテッドなスポーティワゴン

アウディ A4アウディ A4

センターを運転席側に傾けるなど、全体が明快にドライバー中心にレイアウトされた、アウディならではのスポーティなドライビング空間が構築されている。

S-lineでは、インテリアカラーはブラックとなり、マットアルミのデコラティブパネルが配され、スポーティな形状のシート、ステアリングホイールが与えられる。標準では、レザーとファブリックを組み合わせたシート生地となる。

フロントシートは肩まで包み込むたっぷりとしたもので、全体のレイアウトもコクピット的にあえてタイトに仕立てられているようだが、右ハンドルだと左足のスペースの狭さが気になるのは否めない。シートアンダートレーが標準で付く。ATセレクター後方に配された、カーナビなどをダイヤル式スイッチで操作するMMI(マルチメディアインターフェース)も特徴的。

ただし、操作性にやや難があり、Q5など後発モデルではそのあたりがだいぶ改善されているので、A4も早期のアップデートに期待したい。リアシートはそれほど広いわけではなく、頭上空間もそれほどあまらない。ボディ自体もルーフにかけてきつめに絞り込んでいるので、広々とした印象はない。全体的にタイトな空間設計である。

ラゲッジルームも同様で、奥行きはそれなりに大きいが、側面がタイヤハウスの端に合わせて平面とされているし、高さもあまりないため、容量自体はワゴンとしてはそれほど大きいわけではない。ただし、視覚的には非常に上質で、充足感は大きいと思われる。

また、2009年8月の一部改良で、A4アバント全車にオートマチックテールゲートが採用された。同時に、隣りの車線で接近する車両の存在を知らせるアウディ・サイド・アシストが、アダプティブクルーズコントロールとセットで全車にオプション設定された。

アウディ A4アウディ A4アウディ A4アウディ A4アウディ A4

総評

全体の高級感は価格相応で、やはりA4アバントは高いレベルにあるが、ワゴンとしての使い勝手に目を向けると、A4アバントはアウトバックやV70に比べるといささか劣る。V70はプラミアムブランド車としての高級感もさることながら、ラゲッジルームの使い勝手に高いプライオリティを置いている。アウトバックは、ボディサイズの拡大が居住性や積載性の向上に直結している。また、SIクルーズコントロールの設定が特筆できる。装備の充実度や質感は、それぞれ価格相応という印象だが、中でもV70の価格に対するバリュー感の高さが際立つ。

スバル レガシィアウトバック 関連ページ

ボルボ V70 関連ページ

アウディ A4アバント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィアウトバック の関連記事

スバル レガシィアウトバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィアウトバック の関連記事をもっと見る

スバル レガシィアウトバック の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/24~2017/8/24