autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ドライバーズミニバン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2008/12/12 20:09

ドライバーズミニバン 徹底比較(3/4)

ドライバーズミニバン 徹底比較

運転支援、安全対策、快適装備など万全に

インパネフロントシート

立体駐車場に入る全高を先代より受け継ぎ、現行モデルではさらに若干低くした。インテリアの要素も先代を継承しながら、デザインのテイストは先進性を感じさせるものとなり、質感も向上した。

SFライクなインパネは、同心円状っぽいメーターが備わり、デザイン面でも外観とのマッチングもよろしく、ドライビングを高揚させる演出が見られる。

フロントピラーの形状を工夫して、有効視界をより広く確保しているところも特筆できる。アブソルートは、サイドサポート張り出したフロントシートが与えられる。1列目から3列目にかけてV字レイアウトとされているため、後席でも見晴らしがよい。

3列目は、外観から想像すると、3台の中でもっとも狭いように思うところだが、実際には反対で、意外やシートの座面長や背もたれのサイズはもっとも大きい。

ラゲッジスペースは、テールゲートの開口部の形状を、下部が広く改良された。3列目シートを使っても、その後方のスペースはけっこう広く得られる。さらに、スペアタイヤを廃し、パンク修理キットとしたことで、大容量アンダーボックスを実現した。

また、従来より好評の床下に格納される3列目シートを継続採用。ただし、先代にはあった電動機構の設定がなくなるとともに、リアゲートの電動開閉機構も設定がなくなったのは少々残念ではある。

現行モデルでは新たに、日産のアラウンドビューモニターと同様の技術をより進化させたマルチビューカメラシステムを用意した点も特筆したい。他にも、ACC(車速/車間制御機能)、LKAS(車線維持支援機能)、VSAと協調するモーションアダプティブEPSなど、運転を支援する先進機能を設定している点にも注目だ。

3列目シートアンダーボックスメーターシフトマルチビューカメラシステム

乗用車的な空間を構築

インパネフロントシート

手頃なボディサイズの中に2-3-2人掛けの3列7人乗りのシートを配置し、全員をちゃんと座れるだけの居住性をパッケージングした巧みさが光る。

1列目から3列目にかけて70mmずつヒップポイントが高くなるシアターシートレイアウトを採用。これに、オプション設定の大面積のパノラミックガラスルーフが加わり、後席からの見晴らしがよく、開放感の高い室内空間が実現している。

フロントウインドウ角度が起きているのも特徴で、インパネ~ダッシュの位置関係、センタートンネルの存在、アップライトなシートポジションなど、乗用車的な空間が構築されている。視界についても、相当に努力したと伝えられるオデッセイよりも、エクシーガのほうがいいように感じられるほどだ。

外観はレガシィに似ているが、インテリアはインプレッサやフォレスターに近い。室内空間は、明らかに2列目を重視した設定で、2、3列目へのアクセス性も、シートとドアの間が広く開いているし、サイドステップに足の置き場を設定するなど、努力の痕跡が見られる。

そして、後席の乗員は、大きなガラス面積を持つパノラミックガラスルーフも恩恵にあずかれる。

3列目のサイズは、MPVよりシート自体は大きく、だいぶ高い位置に座るようになり、3列目シートを使うと、ラゲッジスペースはあまり広くは残らない。アンダーボックス容量も、他の2車に比べると小さいのは、車体構造上いたしかたないところである。

3列目シートアンダーボックスメーターシフトパノラミックガラスルーフ

2列目シートの機能がポイント

インパネフロントシート

やはりMPVのインテリアはミニバンらしく、室内空間は圧倒的に広い。シンプルなインパネは、夜間の光の演出も楽しい。収納スペースも豊富に設定されている。

この広さもさることながら、2列目シートが持つファンクションこそMPVの真骨頂だ。

スーパーリラックスシートは、せっかくこのような機能を持ちながら、従来は少々不足気味だった前後スライド量がマイナーチェンジで拡大された。座面はリクライニングだけでなく角度も調整できるし、大きなオットマンも付くし、リクライニングに合わせてヘッドレストも通常とは逆方向に角度を調整することができる。

2列目はマツダお得意のカラクリシートを採用し、横方向に移動してキャプテンシートとできるところもポイントだ。豊富なシートアレンジができる点も強みである。

3列目は、意外とシート自体のサイズは小ぶりで、フロアも高くなっているのだが、横方向の余裕は大きく、センターアームレストも付いている。また、ツメが当たりそうな箇所にフェルトを貼るなど、こうした細部への心配りは、マツダならでは。

ラゲッジスペースは、3列目を使った場合でもそこそこ広いが、それ以上にありがたいのは、深く、容量の大きなアンダーボックスが備わる点だ。これも、乗用タイプのミニバンに対して大きなアドバンテージといえる。

また、ATのセレクターのマニュアルモードが、マツダ流に、押して「-」、引いて「+」になっている点も特徴だ。

マイナーチェンジで追加された「Lパッケージ」は、サンドベージュ色の本革シート、前席シートヒーター、運転席8ウェイパワーシート、パワーリアゲート、サードシート電動復帰機構などの上級装備が与えられる。

3列目シートアンダーボックスメーターシフトスーパーリラックスシート

内装・装備の総評

走り系のミニバンは、おしなべてダーク系のインテリアカラーが用意され、ドライバーズミニバンという観点では、オデッセイの独特のインパネは、かなりポイントが高い。いうまでもなく、オデッセイとエクシーガは前後スイングドアで、MPVは後席がスライドドアである。2列目のサイドウインドウは、MPVは前端が3cmほど残るだけで、ほとんど開き、スイングドアの2台は前端で10cmほど残る。フラットモードは、オデッセイとエクシーガが1、2列目、MPVは2、3列目で行なう。

カーナビは、オデッセイはプログレッシブコマンダーを駆使して操る進化版のHDDインターナビが用意され、MPVとエクシーガは、トヨタ譲りのG-BOOKとなる。

ホンダ オデッセイ 関連ページ

スバル エクシーガ 関連ページ

マツダ MPV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ オデッセイ の関連記事

ホンダ オデッセイの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ オデッセイ の関連記事をもっと見る

ホンダ オデッセイ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28