autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産スポーティSUV 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/12/25 17:16

国産スポーティSUV 徹底比較(3/4)

国産スポーティSUV 徹底比較

気の利いた装備が大幅に充実

マツダ CX-7マツダ CX-7

インテリアは乗用車的で、コクピット感覚のタイトな空間が構築されている。

大きく寝かされたフロントウィンドウが印象的で、両端のAピラーは太いが三角窓が視界確保に貢献している。ATのマニュアルシフトが、前方で「-」後方で「+」とされているのもマツダ流。

また、ETC車載機が運転席のサンバイザー上のルーフに設定されているのもマツダ車ならではだ。今回のマイナーチェンジでは、樹脂パネルにシボを入れ、メタル調の装飾を多用するなど、インパネの質感向上を図った。

その他では、燃費やメンテナンス情報などを表示する「マルチインフォメーションディスプレイ」の追加が目につく。また、オートライトシステム、レインセンサーワイパー、アドバンストキーレスエントリー&スタートシステムなども標準装備されている。

さらに、緊急ブレーキの際にハザードランプを高速点滅し後続車に注意喚起する「エマージェンシーシグナルシステム」を全車に、隣車線の後方から接近する車両の存在を警告するRVM(リアビークルモニタリングシステム)が、クルージングパッケージに標準装備された。

クルージングパッケージのシート素材は、上質感のある黒色本革を採用。たっぷりとしたサイズのフロントシートは、シート自体の減衰特性も見直されたことで、乗り心地が向上し、長距離ドライブ時の疲労低減も図られた。また、前席カップホルダー後方の大型マルチパーパスフロアコンソールに複数のトレイを新設するなど使い方も向上している。

さらに、全車のステアリングにテレスコピック機能が備わったほか、クルージングパッケージには3通りのポジションのメモリー機能や、助手席パワーシートが設定された。後席では、センターコンソール後方にドリンクホルダーが新設定されている。

外見のとおりドア開口部は小さいため、シートは大ぶりだが、居住性はそれほど広く確保されているわけではない。ただし、ラゲッジルームの両側に設けられたレバーによって分割可倒式のリアシートを倒すと、広々としたラゲッジスペースが生まれる。

マツダ CX-7マツダ CX-7マツダ CX-7マツダ CX-7マツダ CX-7

もっともSUV的な室内空間

ホンダ CR-Vホンダ CR-V

ほかの2モデルに対し、室内空間のつくりはSUV的というかミニバン的な要素が随所に見られる。

前席サイドスルーが可能で、収納スペースも豊富に設定されている。前席だけでなく後席の居住性や、ラゲッジスペースの容量も十分に確保されている。インテリアにはメタル調のパーツを多用して質感を高めているのが印象的。また、シンプルな機構ながら左側面の死角を小さくした「プリズムアンダーミラー」により、補助ミラーを不要としている点も特徴だ。

初代ストリームのようなサイドウィンドウグラフィックからは、クーペのようにスポーティなイメージを狙ったことが見て取れるが、室内空間を有効に稼ぐため、ルーフエンドは後端まで伸ばされている。

ラゲッジルームのフロアはもっとも低く、後席使用時の容量はもっとも大きい。また、10kgの荷重に耐える丈夫なトノボードが備わることで、より便利使えるようになっている。2009年9月のマイナーチェンジにより、アルカンターラシートが本革とのコンビとされ、ファブリックシートはよりスタイリッシュな表皮パターンに変更された。

また、前席アームレストのサイズを拡大するとともに、角度調節機構を追加してより使いやすくなっている。全車にオートライトコントロールが標準装備されたことも歓迎したい。

HDDインターナビシステムは、ハードディスクが30GBから40GBに容量UPされるとともに、地デジ対応ワンセグTVチューナーが追加されたほか、iPodなどの接続に対応するUSBジャックが追加された。

ホンダ CR-Vホンダ CR-Vホンダ CR-Vホンダ CR-Vホンダ CR-V

スペシャリティカーさながらの空間

日産 スカイラインクロスオーバー日産 スカイラインクロスオーバー

インテリアはスペシャリティカー的な雰囲気があり、上記2モデルとは明らかに異質の空間は、SUVっぽさを感じさせない佇まい。車両価格がそれなりに高いこともあり、れっきとしたラグジュアリーカーとして仕立てられているようだ。

ただし、全車にHDDカーウイングスナビゲーションや、運転席・助手席パワーシートなどが標準装備されるなど、実際には、他の2モデルに対してそれほど極端に高価ではないことになり、上記2モデルとの実質的な価格差はもっと小さいものとなる。

後席の居住性にはあまり期待できないが、ラゲッジスペースは奥行きこそ少々劣るものの、他の2モデルと同等のフロア面積を確保しつつ、後席を遠隔操作で前倒しできるのはCX-7と同じだが、電動で復帰させることができるようになっているのがポイントだ。

さらに、ラゲッジルームがフロアだけでなく側面にも質感の高いフェルトが貼られているのはこのクルマだけである。

荷物の積載によるキズもつきにくい上、見た目の質感も高く仕立てられている。上級のタイプPでは、パーソナルドライビングポジションメモリーシステムを備えたレザーシートが標準装備となるほか、ドアミラーがポジションメモリー連動式となる。

加えて、ステアリングのチルト&テレスコピックが電動調整可能となるなど、ラグジュアリーカーとして相応しい装備がフルに備わる。また、アラウンドビューモニターも標準装備される。

せっかくこのクルマを選ぶのであれば、ぜひタイプPを選びたいところである。

日産 スカイラインクロスオーバー日産 スカイラインクロスオーバー日産 スカイラインクロスオーバー日産 スカイラインクロスオーバー日産 スカイラインクロスオーバー

総評

後席を常用するのであれば、CR-Vがもっとも適する。CX-7とスカイラインクロスオーバーは、北米でよくある前席主体のパッケージングである。それは、スカイラインクロスオーバーがより顕著で、もともと2ドアのSUVも多かった北米市場に向けたモデルであるから、むしろ後席ドアがとりあえずでも存在することで、ヨシとすべきかもしれない。安全装備面では、いずれも非常に充実しており、高価なスカイラインクロスオーバーはさることながら、CR-Vがこの価格帯のクルマでありながら、ホンダの上級セダンにもひけをとらない設定となっている点は特筆できる。CR-Vは、見た目や走りの上質感に加え、その点でも非常に買い得感の高いクルマといえるだろう。

マツダ CX-7 関連ページ

ホンダ CR-V 関連ページ

日産 スカイラインクロスオーバー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-7 の関連記事

マツダ CX-7の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 国産スポーティSUV 徹底比較

    3台比較

    国産スポーティSUV 徹底比較

    日本におけるSUVの市場は縮小気味だが、不景気とはいえ北米市場でのSUVを求める声は相変わらず高く、そこに向けて世界中の自動車メーカーは、さ....

  • 国産スポーティSUV 徹底比較

    3台比較

    国産スポーティSUV 徹底比較

    キャラクター性の高い、スポーティでスペシャリティなSUVが各メーカーからラインアップされるようになった。この背景にあるのは、SUVの販売が縮....

  • マツダ CX-7 試乗レポート

    試乗レポート

    マツダ CX-7 試乗レポート

    スポーツカーとSUVをクロスオーバーマツダは少し前までトリビュートをラインナップしていたが、現在ではSUVを持たない数少ないメーカーになって....

マツダ CX-7 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-7 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22