autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 最新スポーティミニバン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2009/12/11 18:57

最新スポーティミニバン 徹底比較(4/4)

最新スポーティミニバン 徹底比較

不得手な部分を払拭した乗り味

ホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴン

スポーティ方向に振りすぎた先代は、当初の売れ行きこそ好調だったものの、時間の経過とともに好調を維持したライバルを尻目にジリ貧となってしまった経緯がある。

そこで、現行の4代目ではそれ以前の方向性に戻した。初期受注は、標準モデルよりもスパーダの比率のほうが高いとのことで、やはりこうしたスポーティモデルのほうが人気は高いようだ。

絶対的な室内空間の広さを求めると、ハイルーフミニバンに勝るものはなく、乗車したときの広々感はロールーフとはまったく異質。

ただし、クルマとしての根本的な部分で、ステップワゴンが「低い」とはいっても重心は高く、車両重量も大きく、空気抵抗は大きいことで、どうしても走りには不得意な部分が残り、燃費も相対的にはよろしくなくなる。

とはいえ、現行ステップワゴンが、そうした不利な中で洗練を深め、欠点らしい欠点が見当たらないほどとされたことは大いに評価したい。

さらに、このパッケージのなかで、運転のし易さ、乗り心地を含む居心地、使い勝手など、あらゆるところ気配りして開発されたことがうかがえる。5ナンバー枠のハイルーフミニバンとして最良のクルマとなったといえるだろう。

非常に合理的なパッケージング

スバル エクシーガスバル エクシーガ

現状の国産3列シート車の中で、もっとも乗用車的といえるのがエクシーガだ。それでいて、3列目まで常用に耐えうる居住性を確保し、しかも3列目を使ってもラゲッジスペースが残るという、5ナンバー枠に捉われなかったことで、本来あるべきスペースユーティリティを実現している。

比較的3列目を常用して、荷物も積みたいというユーザーにとっては、エクシーガのサイズは必要といえる。

3列目までフルに乗車した際も、シアターシートレイアウトにより後席でも見晴らしはよく、全席にわたり足元のスペースも確保されている。シンメトリーAWDなど独自のレイアウトもそうだが、スバルのパッケージの巧さというのは、こうした部分にも表れているのだと思う。

走りも期待に沿うもので、乗用車と比べて遜色ないドライバビリティが、このクルマの素性のよさをストレートに表現している。走行性能、居住性、ユーティリティのすべてをバランスよく両立した、非常に合理的なパッケージングを持つ3列シート車といえるだろう。

ウィッシュの異端児でありながら万能性も高い

トヨタ ウィッシュトヨタ ウィッシュ

大ヒットモデルの後を受けた2代目は、まさに正常進化で、すべてを高めた。手頃な価格とボディサイズ、親しみやすいデザイン、そこそこ不満のない走りと居住性、3列シート車としてまずまずのユーティリティなど、売れる要素が凝縮されたクルマである。

ウィッシュ自体が、ミニバンと乗用車の両方の側面を巧く併せ持ったクルマで、乗用車のようなとっつきやすさを持ちながら、室内はミニバン的なユーティリティを可能としている。

そこへ、さらに本格的なスポーティテイストを加えたのがZグレードで、いわばウィッシュの中では異端児だ。ウィッシュの評価された部分を持ちながら、スポーティな走りに特化したクルマ。それでいて、走りに神経質なところはなく、乗り心地も悪くない。そういう意味では、実に万能性の高いクルマである。

ちなみに、ウィッシュには1.8リッターモデルにも「1.8S」というスポーティグレードがあり、内外装などそれなりの雰囲気は味わえるが、走りはまったく別物。Zグレードは、内容のわりに価格が安いところもメリットといえる。

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

スバル エクシーガ 関連ページ

トヨタ ウィッシュ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ステップワゴン の関連記事

ホンダ ステップワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ステップワゴン の関連記事をもっと見る

ホンダ ステップワゴン の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円