autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産アッパーミドルセダン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2009/11/30 19:49

国産アッパーミドルセダン 徹底比較(4/4)

国産アッパーミドルセダン 徹底比較

クラウンとの違い、日本的なカッコよさ

トヨタ マークXトヨタ マークX

セダン市場が落ち込んだ中で、マークXは先代もかなり健闘したほうだと思う。それだけ高く評価されていたということに違いない。

続く2代目は「変わらない」ことも大事だったはず。それでもクラウンとは違うクルマでなくてはならない。そうした難しい中で、クラウンに対しては、ひけをとらない質感、さらには若々しさ、充実した装備を持ち、さらにはスポーティな走りへの期待にも応え、それでいて価格はクラウンよりも圧倒的にリーズナブルというクルマになった。

そして、今回のほかの2台もそうだが、今や日本のメーカーが日本市場のために開発したクルマは、とくにセダンのカテゴリーでは数えるほどしかなくなった中で、マークXは日本的なカッコよさがある。かつて黙っていても飛ぶように売れた時代の遺伝子をしっかり受け継いでいると感じさせる。

高級セダンとしての資質を高めた

スバル レガシィスバル レガシィ

ボディサイズがここまで大きくなり、レガシィらしからぬ派手なエクステリアデザインとなったが、レガシィに期待される本質は変わらず受け継いでいる。ボクサーエンジンを軸に、シンメトリカルAWDシステムとした、全天候型のツアラーである。

エンジンやトランスミッションだけでなく、クレドール構造マウント、リアダブルウィッシュボーンサスペンションなど、数々の新しいメカニズム面を採用し、高級セダンとしての資質を高める努力をしながらも、価格の上昇を抑えた点は大いに評価していいだろう。

ただし、デザインもとやかくいわれているが、それは好みの問題として、とにかく問題はボディサイズが大きくなったこと。ここまで一気に大きくなると、レガシィを乗り継ぐコアなファンにとっても、買い換えを躊躇する気持ちは理解できる。

刺激的スポーツセダン

日産 スカイライン日産 スカイライン

マークXが、かつて大ヒットしたころのマークXの面影を感じさせるのに対し、スカイラインは往年の歴代車とのつながりを感じさせる部分はなく、V35以降はまったく違うクルマになった。

それでも北米市場ではヒットモデルとなっているので、メーカーとしてはいいのかもしれないが、日本市場では、トヨタ勢にだいぶ水を開けられている。

日本でももっと売れていいはずのクルマだが、デザインテイストがこのクルマのセダンを求める層の好みではないのは否めないのだろう。クルマとしては、華のあるスタイリングに、高いパフォーマンスの走り、充実した装備など、けっして悪くはない。

フットワークも、強化された足まわりにクイックなハンドリングを持ち、積極的に運転を楽しむための刺激的なスポーツセダンに仕上がっている。新しいエンジンとトランスミッションを得たことも大きなプラス要素だ。万人向けではないかもしれないが、ハマる人にはたまらないクルマだろう。

トヨタ マークX 関連ページ

スバル レガシィB4 関連ページ

日産 スカイライン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ マークX の関連記事

トヨタ マークXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ マークX の関連記事をもっと見る

トヨタ マークX の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21