autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 スポーティな軽トールワゴン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2009/11/6 18:00

スポーティな軽トールワゴン 徹底比較(2/4)

スポーティな軽トールワゴン 徹底比較

世界初となる副変速機構付CVTの採用もニュース

パレットSW:フロントスタイルパレットSW:リアスタイル

当初のパレットにもスポーティグレード「TS」が存在したが、ダイハツのお家芸であるカスタムに比べると物足りない印象だった。そこで、ワゴンRでいうスティングレーに相当するモデルをパレットに追加したのがSWだ。

エクステリアでは、立体感ある造形の前後エアロバンパー、大開口のロアグリル、ヘッドランプと一体デザインとしたスケルトン構造のフロントグリルと専用デザインのHID、スモークタイプのリアコンビネーションランプなどを採用。アルミホイールも専用品が与えられる。

走行性能面では、市販車で世界初となる副変速機構付CVTの採用がニュース。前進用に2段の変速機構を備え、ローギアとの組み合わせで発進時の加速を、ハイギアと組み合わせでは燃費の向上を図るのが狙い。さらに停止時にニュートラル制御を行なうことで、燃費を向上させている。

エンジンは従来よりも低速トルクが向上され、実用域でのスムーズな加速と優れた低燃費を実現。ただし、スペックは最高出力47kW(64ps)/6,000rpm、最大トルク95Nm(9.7kgm)/3,000rpmと、タントカスタムRSよりもピークトルク値は劣る。

CVTは、タントに比べると走り出しでもたつく印象は少ないが、ペダル操作に対するレスポンス遅れが認められる。速度域によっては再加速時の変速制御のタイムラグが大きく出るところもある。中間加速においては、1トン近い車両重量のクルマながら上手く変速して力強く引っぱるが、タウンスピードレベルのあまり過給しない走りでは、自然吸気エンジンの方がマッチングよく感じられた。

パレットSW:フロントビューパレットSW:リアビューパレットSW:サイドビューパレットSW:タイヤパレットSW:エンジン

快適性の高いドライブフィール

タントカスタム:フロントスタイルタントカスタム:リアスタイル

2代目となる現行モデルは、まったく初代のキープコンセプト。こちらもタントに対し、大型エアロバンパーや低重心グリルなど、見てのとおりスポーティな外観が与えられている。

タントカスタムのみターボエンジンを搭載するRSグレードが用意されており、インプットリダクション方式3軸ギアトレイン構造のCVTが搭載されている。

同CVTは、入力軸上に減速ギアを組み込んだもので、機構的にもさまざまなメリットがある上、燃費や加速面でも有利となる。

エンジンスペックは、最高出力47kW(64ps)/6,000rpm、最大トルク103Nm(10.5kgm)/3,000rpmとなっている。

実際、これらの恩恵と思われるが、パレットSWと同じく軽自動車としては重い1トン近くの車両重量を持ちながら、走り出してしまえば、あまり大きな不満もなく加速させることができている。ただし、走り出しのごく初期において、不感帯のような領域が認められるのは否めない。また、ハーフスロットルで細かく操作したときに、期待値と実際の加速感のズレがやや大きい。

ドライブフィール全般については、あくまで快適性の高さを重視しているようだ。まず、直進安定性が高い。このフォルムゆえ横風の影響は受けやすいのだが、超ロングホイールベースを持つシャシー自体の素性としては直進性に優れている。

クルマの動きは全体的にゆったりとしており、乗り心地も比較的ソフトで、ロールもそれなりにする。高い重心に対しアンダーステアを強めにすることで、横転の危険性を回避しているようだ。

走行性能面では不利な条件の重なったクルマながら、そのハンデをあまり感じさせない仕上がりとなっている。

タントカスタム:フロントビュータントカスタム:リアビュータントカスタム:サイドビュータントカスタム:タイヤタントカスタム:エンジン

素性の違いとセッティングの巧さ

ゼストスパーク:フロントスタイルゼストスパーク:リアスタイル

先代ライフをベースに、直線基調のデザインとしたスクエアなボディを載せたのがゼスト。当初よりゼストスポーツというスポーティモデルが存在したが、それに代わって登場したゼストスパークは、専用バンパー&グリル、HID、ウインカー付きリモコンカラードドアミラーなどが与えられ、ボディカラーにも専用色が用意されている。

さらに、上級のW系グレードには、大型テールゲートスポイラーやカラードサイドシルガーニッシュ、14インチアルミホイールなどがおごられる。

SOHCターボエンジンは、最高出力47kW(64ps)/6,000rpm、最大トルク93Nm(9.5kgm)/4,000rpmのスペックで、電子制御4速ATが組み合わされる。

駆動力を得たいときに、即座にスッと前に出るのは、もともとトルコン式ATの得意とするところで、CVTの上記2車に比べても強み。ただし、その先ではトルク感の薄い印象は否めず、もっと上まで回さないとパワフルな印象とはならない。

50km/h程度に達するまでの所要時間は、CVT車のほうがだいぶ短そうだ。とはいえ、上記CVT車がいずれも初期レスポンスがよろしくなく、ダイレクト感に乏しいため、3台の動力性能において、どれがもっとも好印象だったかというと、筆者にとってはゼストスパークであった。

定評のあった先代ライフがベースであるだけに、しっかりとした乗り味には素性のよさを感じさせる。「Wターボ」グレードにはスポーツサスペンションが与えられ、引き締まったフットワークが楽しめる。ただし、限界付近でのハンドリングは頑固なアンダーステアを示す。

ゼストスパーク:フロントビューゼストスパーク:リアビューゼストスパーク:サイドビューゼストスパーク:タイヤゼストスパーク:エンジン

デザイン・スペックの総評

タントカスタムが、タントの上級版という印象であるのに対し、パレットSWはボーイッシュなイメージが色濃い。ゼストスパークは、もともとスポーティな印象のあるゼストを、より強調して個性を際立たせている。

走りのフィーリングは、ゆったりとしたタントカスタムと、スポーティなゼストスパークに対し、パッケージングではタントに近いパレットSWながら、いい意味で、両者のほぼ中間的な印象の仕上がりとなっており、ハンドリングもニュートラルで好印象だ。

スズキ パレット 関連ページ

ダイハツ タント 関連ページ

ホンダ ゼスト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ パレット の関連記事

スズキ パレットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ パレット の関連記事をもっと見る

スズキ パレット の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24