autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 新型フリードvs現・売れ筋コンパクト徹底比較 2ページ目

3台比較 2008/7/25 17:31

新型フリードvs現・売れ筋コンパクト徹底比較(2/4)

新型フリードvs現・売れ筋コンパクト徹底比較

ミニバンっぽさを嫌ったコンパクトミニバン

フロントスタイルリアスタイル

一見したところ、これまでのホンダ車とずいぶん雰囲気が違う。ボディサイズに不似合いなほど大きなメッキグリルをはじめ、押し出しの強いフロントマスク、抑揚あるボディサイドやラインの入れ方など、従来にはなかったアプローチ。フロントウインドウを強く寝かせ、サイドウインドウをルーフにわたって少し絞り込ませている。

3列シート車の制約こそあるものの、あまり大きく見えず、また極力ミニバンっぽく見せないよう、あくまでスタイリッシュなコンパクトカーの路線としてデザインされたように思える。

さらに、コンパクトで背高なクルマであることに対し、走りの印象もそのハンデをあまり感じさせない。

乗り心地について、もっとも快適なのは1列目で、2~3列目はやや固さを感じるものの、概ね乗り心地は良好。コンパクトながらそれなりに大きなボディだが、静粛性はまずまずである。

攻めた走りでは、重心がそれなりに高いにも関わらず、そのハンデをドライバーに与えない。このセッティングのまとめ方のバランス感は、なかなかよい落としどころだと思う。

ステアリングは非常に軽いのだが、直進性が乱れることもあまりなく、従来の同クラスのホンダ車に見られた切り始めの遊びもより小さくなっている。

エンジンは1.5Lのみで、ホンダらしくダイレクト感のあるCVTとの組み合わせにより、スムーズで過不足のない動力性能をもっている。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

違和感を与えない見た目と走り

フロントスタイルリアスタイル

エンジンは1.5L と1.3Lがラインアップし、上級グレードではパドルシフト付き7速アクティブCVTシステムが与えられる。パドルは今回の3代の中でも唯一の設定となる。

現行ヴィッツで「燃費はいいが遅すぎる」と不評だったCVTの変速制御も見直され、ラクティスはちゃんと加速感を感じられるようになっている。スポーツモードにすると、マニュアルシフトの変速タイミングが速くなり、レスポンスもよく、またエンジン回転数を高めにキープするようになる。

走った印象はいたってそつがない。トレッドのわりに背の高いクルマゆえ、もっと乗り心地が固かったり、上屋がグラグラしてもおかしくないのだが、上手くロールを抑え、突っ張る感じもない味付けだ。

事実上の前身であるファンカーゴは、ややパイクカー的な要素のあるルックスだったが、車名も変更したラクティスは、男性も普通に乗れるスタイリングで、車格感も上がったように思える。個性的でありつつオーソドックスでもあり、見るものに嫌悪感を与えない、なかなか上手い落としどころだと思う。

それもあってか、2007年12月のマイナーチェンジでも、パッと見ではわからないほど、外観を変えていない。具体的には、ヘッドライトやリアコンビネーションランプ、ホイールキャップのデザイン、グリルとリアライセンスガーニッシュの色などが変更されている。

こうしたパッケージのクルマとしては、非常にまとまりのよいルックスと走りを実現している。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

大胆にリフレッシュしたフロントマスク

フロントスタイルリアスタイル

2008年1月のマイナーチェンジで、ヘッドランプやグリルなどフロントデザインを変更。ヘッドライトがギョロッとした目つきになり、フロントグリルはカラードとガンメタリック、スポーティグレードにはスモークメッキが採用された。

もともとノートは、やや控えめなフロントに対してリアセクションがずいぶん特徴的だったため、このデザイン変更でバランスがよくなったと思う。ルーフエンドに配したテールランプや、ウインドウグラフィックなど、今見ても斬新さがある。日本よりも欧州市場を見据えたデザインテイストのように思える。また、今回の中では唯一、立体駐車場にも入る全高である。

エンジンは1.5Lのみで、FFのほかe-4WDもある。このボディに1.5Lであれば動力性能は十分。CVTの制御には、ハンチングやレスポンス遅れなどは見られず、ベース性能のポテンシャルは高いのだが、やや“動かしすぎ”のきらいがある。3000回転以上を多用する設定で、少し前のCVTに見られた、スピードが上がっているのに回転が落ちるとか、エンジン回転数を一定に保つのが難しいなど、やや違和感がある。反面、これらは加速がいいように感じられるので、この味付けは、動力性能の演出には一役買っているようだ。

前出の2台よりも重心が低いので、フットワークは当然ながら、乗用車的な感覚で運転できる。ハードなコーナリングを試すとロールするが、それは足まわりのしなやかさの一側面でもあり、ナチュラルな動きはノートが他のクルマより一歩上である。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

フリードは従来のホンダ車のエクステリアの殻を打ち破り、抑揚と躍動感あるスタイリングを実現している。登場から時間が経過し、最近マイナーチェンジしたラクティスとノートだが、ラクティスはもともとの完成度が高かったとの判断からか、ほとんど変更なし。コンパクトなトールワゴンスタイルのクルマとしては、個性的で存在感のあるデザインといえる。ノートは、欧州風味のスタイリングが好評だったが、やや没個性的な印象もあったところ、マイナーチェンジでそのあたりをテコ入れしてきた。いずれも、あまり古さを感じさせるものではない。

走りついては、コンパクトクラスゆえ、動力性能はそれなりだが、一般走行におけるハンドリングやスタビリティは、背の高さのデメリットを感じさせない仕上がりとなっている。その中で身軽さと背の低さで優位なノートは、他の2台よりも圧倒的に素直な走り味を持っている。

ホンダ フリード 関連ページ

トヨタ ラクティス 関連ページ

日産 ノート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フリード の関連記事

ホンダ フリードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フリード の関連記事をもっと見る

ホンダ フリード の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24