autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 女性向け軽自動車 徹底比較 4ページ目

3台比較 2009/9/28 18:17

女性向け軽自動車 徹底比較(4/4)

女性向け軽自動車 徹底比較

若い女性向けに特化したクルマ

ミラココア:走行ミラココア:走行

アルトラパンのヒットを尻目に、ダイハツでは、ムーヴコンテだけでなく、こうしてより商品コンセプトの近い対抗馬として、ミラココアまで市場に投入した。

両者の関係は、ちょうど、ムーヴとワゴンR、タントとパレットの関係に似ていて、室内空間の広さや、上級装備の設定など、目に見える部分でわかりやすくアルトラパンを凌駕している。

これは、後発モデルとしてのアドバンテージというよりも、ダイハツの考え方を反映したものだろう。また、デザインはアルトラパンと似ている部分もあるものの、より特徴的なものとされているし、質感や快適性も高めている。

乗り心地をソフトにして、アルトラパンが走行性能を意識して仕上げられているのに対し、女性ユーザーの街乗りを想定し、それに特化したセッティングを施すことで、「アルトラパンより乗り心地がいい」というイメージを植えつけたかったのだろう。

これらにより、アルトラパンより上であることアピールしたいのではないかと思う。

ちなみに、基本3グレードのアルトラパンがどれもそれなりに選択肢に挙げられるのに対し、ミラココアは計5モデルあるが、廉価グレードはABSまでレスとなるなど、かなり装備が簡略化されるため、あまり現実的な選択肢ではなくなってしまう。

このカテゴリーの王道を行く

アルトラパン:走行アルトラパン:走行

ワゴンRの2世代分を一気に飛ばして変わったため、初代では旧態依然としていたものが、いきなり最新にグレードアップされたアルトラパンのモデルチェンジは、内容的には大幅な「進化」である。

しかしながら、月販は約5,000台と、十分な数字をマークしているものの、予想をはるかに上回るヒット作となった初代ほど売れてないというのは、いかにも軽自動車という商品企画の難しいところではある。

もともとアルトラパンは、パイクカー的な印象が強く、ミラココアにもその側面はあるが、アルトラパンには「普遍性」というか、このカテゴリーの王道を行っている印象がある。

ミラココアもそうなるのか、あるいは1代限りとなるかはわからないが、アルトラパンの境地に達するには、これから時間と実績が必要ではないかと思う。

アルトラパンについては、もう少しバリエーションが選べてもいいのではと思わなくもないところだが、初代もそうだったように、これから特別仕様車が続々と出てくるはずなので、そちらに期待してもいいだろう。

軽自動車であることに媚びない

i(アイ):走行i(アイ):走行

革新的なクルマであり、i-MiEVも出たことで、再び目を向けられているようだ。

当初、ターボモデルのみのラインアップだったときの価格帯が高めだったためか、軽自動車界のプレミアムモデルとしてのイメージが強くついた部分はあるし、メーカーもそれを強調していた部分もあった。実際、軽自動車であることに媚びることなく乗れるクルマであり、所有することを誇れる1台だと思う。

すでにこのクルマに、「女性向け」というイメージはないだろうが、このデザインは、もちろん女性が乗ってもよく似合うし、誰が乗っても絵になるといえる。

また最近、他の三菱の軽自動車4車種と同時に、i(アイ)にも99万8,000円という低価格を実現した特別仕様車「Limited」シリーズが設定されていることも知っておいていいだろう。

ダイハツ ミラココア 関連ページ

スズキ アルトラパン 関連ページ

三菱 アイ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ミラココア の関連記事

ダイハツ ミラココアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ミラココア の関連記事をもっと見る

ダイハツ ミラココア の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17