autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 女性向け軽自動車 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/9/28 18:17

女性向け軽自動車 徹底比較(3/4)

女性向け軽自動車 徹底比較

質感が高く広い室内空間

ミラココア:ステアリングミラココア:ラゲッジ

ダイハツ車らしく、前後ドアは約90度開く。ドアのアームレストは、後方にくぼみを設けてひじが置きやすくされている。

水平基調のシンプルな基本造形にラウンドスクエアとしたインパネは、アイボリーとブラックのコントラストが鮮やかで、全体の質感も高い。シフトレバーが斜めに張り出したセンタークラスターに配されていることで、ドライビングポジションからのリーチ性にも優れる。

インパネまわりの雰囲気はアルトラパンに似ているが、比べると、こちらのほうがウインドウガラスが低い位置まであり、さらにリアドア後方にもラウンドしたガラスが配されるなどしたことで、視界に優れ、開放的に感じられる。

シートやエアコン吹き出し口はパイピング処理するなど、質感を高めている。ミラココアプラスには、上質なスエード調シート表皮が装備され、デオドラント機能も備わる。

室内長1,930mm、室内幅1,345mm、室内高1,240mm、前後席間距離930mm、と、すべてにおいて、アルトラパンでも十分なところを、さらに上回る。

前後シートは横幅も十分にあり、前席もそうだが、後席の座面長がかなり長く確保されているし、後席フロアはまったくフラットとなっている。

また、バックモニター内蔵自動防眩機能付きルームミラーをはじめ、リバース連動ドアミラー、オートライト、シートヒーターなど上級車なみの装備を設定しているのも特徴だ。

ミラココア:メーターミラココア:シフトミラココア:フロントシートミラココア:リアシートミラココア:ラゲッジ

ユニークなアイデアも

アルトラパン:ステアリングアルトラパン:ラゲッジ

自分の部屋のような、リラックスできる居心地のいい空間を目指したシンプルかつスタイリッシュに仕立てられたインテリアは、新世代プラットフォームにより、従来よりもかなり広い室内空間がもたらされている。

大型の単眼メーターは速度計のみで、タコメーターはマルチインフォメーションディスプレイ液晶表示のひとつとされている。

前席のドアハンドル部にフォトフレームを配したり、スピーカーをスモールライトに連動してオレンジに光らせるイルミネーションによる演出など、ユニークなアイデアも面白い。

ただし、Tグレードでは、スポーティモデルという位置づけからか、アイボリーやブラウンは選べず、ブラック内装しか選べないところはちょっと惜しい。

ドアの開く角度は、前席が66度、後席が80度で、ほぼ直角に開くダイハツに比べると小さいが、これだけ開けば十分。前席の足元はセンターの隆起も小さくミラココアよりも広い。

全高は1,510mmと低めに抑えられており、室内長は1,870mm、室内幅、HP570、室内長、室内幅1,235mm、室内高1,215mm、前後席間距離840mm、と、初代に比べると、室内空間を大幅に拡大されているところもポイント。

Tには豪華な装備を備えたLパッケージの設定もあり、オートライト、ディスチャージヘッドライト、フォグランプ、イルミネーションスピーカーなどが標準となる。

運転席助手席のSRSエアバッグは全車に標準で、軽自動車としては珍しく、SRSサイド&カーテンエアバッグがT Lパッケージにオプション設定されていることを歓迎したい。

アルトラパン:メーターアルトラパン:シフトアルトラパン:フロントシートアルトラパン:リアシート(リクライニング)アルトラパン:ラゲッジ

他の軽自動車ではありえない空間

i(アイ):ステアリングi(アイ):ラゲッジ

独創的なエクステリアデザインに対し、インテリアもユニーク。

高めに設定されたフロアと、スラントした面積の大きなフロントウインドウから連なるワンモーションシルエットのキャビンは、やや高めのアイポイントとあいまって、非常に開放感のある空間となっている。

ドライビングポジションは、フロントにエンジンを積まれていないため、十分なクラッシャブルゾーンを確保できていることから、クルマの前のほうに座る格好となる。「エコテックス規格100」をクリアしたシート生地を日本車として初めて採用したのも特徴だ。

インテリアカラーは、2008年の一部改良で、レッドインテリアが廃止され、グレーインテリア、ミント&ブラウンインテリア、ブラックインテリアの3つに整理された。

ビバーチェでは、汚れプロテクト加工シートの付くミント&ブラウンが標準で、オプションでブラックが選べる。ターボのTではブラックしか選べない。

後席にはセンタートンネルあるが、ラゲッジスペース容量は十分に確保されている。

ただし、全体の質感については、軽自動車もレベルアップが著しい現在となっては、もう少し質感があってもよかったという気もするところではある。

ビバーチェではSより14万7,000円高となり、Sより上の2グレードには、電動格納式ドアミラー、リアワイパー、CD&AM/FMラジオ、キーレスオペレーションシステム、撥水機能付きUV&ヒートプロテクトガラス、親水鏡面リモコンドアミラー、運転席・助手席チケットホルダー付きバニティミラーなどが装備される。

ターボのTでは、本革巻きステアリングホイールやシフトノブなども与えられる。

i(アイ):メーターi(アイ):シフトi(アイ):フロントシートi(アイ):リアシート(リクライニング)i(アイ):ラゲッジ

内装・装備の総評

元祖のアルトラパンと、後発のミラココアでは、インテリアのデザインテイストは似通っている。また、収納スペースもいずれも充実している。

室内スペースの、各部のクリアランスや、装備面での差別化が図られており、ミラココアはすべてにおいてアルトラパンを上回ることを目的として設計されたことがうかがえる。

ただし、ラゲッジルームの使い勝手では、下の2モデルがリアシートを前倒ししたときにフラットになるのに対し、ミラココアは段差ができることと、リクライニング機構を持たない点が惜しまれる。

最小回転半径は、ミラココアが4.2~4.5m、アルトラパンが4.4m、i(アイ)が4.5mと、いずれも小回り性は十分である。

ダイハツ ミラココア 関連ページ

スズキ アルトラパン 関連ページ

三菱 アイ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ミラココア の関連記事

ダイハツ ミラココアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ミラココア の関連記事をもっと見る

ダイハツ ミラココア の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/19~2017/8/19