autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ハイブリッド高級サルーン 徹底比較

3台比較 2008/8/8 15:50

ハイブリッド高級サルーン 徹底比較(1/4)

ハイブリッド高級サルーン 徹底比較
ハイブリッド高級サルーン徹底比較

ハイブリッドに力を入れるトヨタは、レクサスGS、LSに続いて、2008年2月に登場した13代目となる現行クラウンに、ロイヤルサルーンやアスリートより3ヶ月遅れて、ハイブリッドをラインアップした。

クラウンハイブリッドには、基本的にGS450hと共通のFR専用ハイブリッドシステム「2段変速式リダクション機構付のTHS II」が搭載される。グレードは基本的に1種類で、装備品のいくつかを簡素化した「スタンダードパッケージ」も存在する。新たに「EVモード」を設定したことが特徴で、最後発モデルだけに、トヨタが誇る各種安全装備も非常に充実している。

GS450hは、エコだけでなく動力性能を充実させるという、ハイブリッドの可能性を開拓するモデルとして、2006年春に追加された。高級サルーンのカテゴリーで、世界で初めてハイブリッドシステムを搭載したモデルであり、トヨタとしても初の後輪駆動車へのハイブリッド採用となった。2007年秋に一部改良され、内外装の変更と燃費向上などが実施された。

LS600hは、レクサスのフラッグシップモデルであるLSの中でも、トップモデルとして君臨。ハイブリッド仕様は、ベーシックな600hと、ロングホイールベースで後席居住性を向上させた600hLをラインアップする。

価格でいうと、約600万円、約800万円、約1200万円となる、トヨタが誇るハイブリッドの高級サルーン3台の特徴を紹介する。

トヨタ クラウンハイブリッド 関連ページ

レクサス GSハイブリッド 関連ページ

レクサス LSハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ クラウンハイブリッド の関連記事

トヨタ クラウンハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンハイブリッド の関連記事をもっと見る

トヨタ クラウンハイブリッド の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21