autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 スポーティ・クロスオーバーSUV 徹底比較 4ページ目

3台比較 2009/9/19 10:00

スポーティ・クロスオーバーSUV 徹底比較(4/4)

スポーティ・クロスオーバーSUV 徹底比較

このオシャレさがわかる人に

スカイラインクロスオーバー:走行スカイラインクロスオーバー:走行

スカイラインセダンのほぼ最高価格からスタートという設定は、日本車としてはけっこう高価格帯といえる。

この価格帯ともなれば、ほかに魅力的な選択肢もあり、その中であえてこのクルマを買おうというのは、けっこうな「冒険」かもしれない。

実際の話、それほど多く売れることは見込めないだろうし、そもそもこのクルマを日本市場に導入したことには、日産としてもかなり勇気が必要だったはずだ。

しかし、このクルマは乗ることを大いに誇れるクルマだと思う。現に、筆者自身が当初はあまりピンと来ていなかったのだが、このクルマのスタイリングには、筆者の周囲でも少なからず反響がある。SUVの中にも、こうしたクルマがあってもいいと思う。

本当はクーペに乗りたいが、背に腹は代えられず、やむなくセダンやワゴン、SUVに乗っている人も少なくないだろう。しかし、どちらかというとクーペに未練のあるような人、あるいはストレートに、このオシャレさがわかる人に、ぜひ目を向けて欲しい1台である。

割安感のある価格設定

XC60:走行XC60:走行

日本でのボルボのイメージは非常によろしく、ドイツのプレミアム3ブランドと肩を並べるほどである。そして、いうまでもなく安全性への期待は大きく、それにもしっかり応えている。

599万円という価格は、今回の3台の中ではずば抜けて高いが、このクルマが本来ライバルと想定しているアウディQ5(3.2FSIクワトロが660万円)やメルセデス・ベンツGLK(300 4MATICが675万円)、BMW X3(xDrive30iが645万円)と比べて、仕様/装備の充実ぶりと考えると、とても割安感があるのだ。まるで、最近行なわれたV50シリーズのような大幅値下げを、XC60では最初からそうしたようにも思えるほどである。

あるいは、XC90では大きすぎるとか、XC90はもう古いと感じている人に対しても、このクルマの訴求力は非常に高いのではないかと思う。

ただし、1,890mmという全幅は、“コンパクト”なプレミアムSUVのつもりで使うには大きすぎる。日本で使うとなると、それなりに覚悟も必要だろう。クルマ自体は、いかにもプレミアムSUVという感覚に満ちている。

オーソドックスを極めた良さ

ティグアン:走行ティグアン:走行

2007年に登場し、欧州で大ヒットモデルとなったティグアンは、手頃な価格をはじめ、その使いやすいサイズや、とっつきやすい内外装デザイン、VWらしい走りなどが受けて、日本でも安定した販売を見せている。このクルマには、“オーソドックス”を極めた良さがある。

ただ、上級グレードとして位置づけられた「スポーツ&スタイル」は、「トラック&フィールド」の367万円という価格に対してそれなりに高いため、こちらに目が向きにくくなっているという現実もなくはない。それはもったいない話。

両グレードはエンジンだけでなく、装備もかなり異なるので、実質的な価格差は数字よりもはるかに小さく、むしろスポーツ&スタイルのほうが買い得感があるという見方もできるのだ。

また、このクルマを他の車種と比べると、高級感については価格相応に違いはあるものの、前記の下級モデル(Q5 2.0TFSIクワトロ569万円、X3 xDrive25iが570万円)や、日本のレクサスRX(460万円~565万円)や、ムラーノ(315万円~404万2,500円)あたりを引き合いに出しても、このクルマのコストパフォーマンスの高さは際立つと思う。

日産 スカイラインクロスオーバー 関連ページ

ボルボ XC60 関連ページ

フォルクスワーゲン ティグアン 関連ページ