autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 低価格ロールーフミニバン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2009/7/28 14:13

低価格ロールーフミニバン 徹底比較(4/4)

低価格ロールーフミニバン 徹底比較

キャリーオーバーとアップデート

走行走行

初代の登場から6年以上が経った2008年ですら4万台近くを販売したウィッシュは、2代目となってもその基本コンセプトをそのまま受け継ぎつつ、着実にグレードアップをはたした。

今回、プラットフォームをキャリーオーバーしつつ、1.8Lと2Lの両エンジンをバルブマチック化し、全車にCVTを採用。さらには主要な安全装備を全車に標準装備とするなど、ライバルに例のないほど、あらゆる部位がアップデートされた点は強みである。

こうしたクルマは、何かに秀でていることよりも、いかに気になる部分が少ないかが重要だと思うが、まさにそのとおりの仕上がりとなっている。

走りも、軽快でスポーティな感覚もあり、乗り心地も悪くなく、いたってそつのない仕上がり。コンセプトとして掲げた「スマートマルチプレーヤー」の意図がうかがえる。オールマイティに使えるのが、ウィッシュの本質といえるだろう。

大きく洗練されたドライブフィール

走行走行

もともと、5ナンバーサイズのロールーフミニバンの開拓者であった初代ストリームが、ウィッシュの登場により主役の座を追われた。

そして、一足先に2代目にモデルチェンジしたストリームは、見た目も走りも、実に割り切ったスポーティミニバンとなった。ただし、仮にもミニバンである以上、後席に乗る人のことを考えると、走りの味付けは、少々やりすぎという感は否めなかった。

ところが今回、サスペンションのチューニングが変更され、大きく洗練させた。結果として得られた乗り味は、本来こうあって欲しいと思えるものであった。それでいて、持ち前のスポーツカーに匹敵するフットワークは、たとえ今回のベーシックなXグレードであっても損なわれていない。

ただし、惜しいと思うのは、10・15モード燃費が1.8Lと2Lで逆転している点や、実際のドライバビリティを考え合わせると、1.8L車を選ぶメリットが車両価格以外には見えにくいことだ。

もっとも買い得感のある7シーター

走行走行

3列シート車のラインアップを持っていなかったスバルだが、レガシィのような3列シート車を求める声に応えてスバルが開発し、世に送り出したのがエクシーガだ。

ボクサーエンジンにシンメトリカルAWDという、スバルのコア技術を持ちながら、一方で、より低価格なFF車をラインアップしているところもエクシーガのポイントである。

3列シート車ではあるが、乗用車的な室内空間となっているところもエクシーガの持ち味のひとつ。まさにレガシィに3列目シートを追加したようなクルマであり、それを求める人にとっては、実に期待に応えたクルマに仕上がっている。

さらに、車格としてはオデッセイらと同じクラスに属しながらも、価格は5ナンバークラスと大差ないところもエクシーガの魅力である。もっと目を向けられてしかるべきクルマのように思う。

トヨタ ウィッシュ 関連ページ

ホンダ ストリーム 関連ページ

スバル エクシーガ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ウィッシュ の関連記事

トヨタ ウィッシュの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ウィッシュ の関連記事をもっと見る

トヨタ ウィッシュ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21