autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 低価格ロールーフミニバン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2009/7/28 14:13

低価格ロールーフミニバン 徹底比較(2/4)

低価格ロールーフミニバン 徹底比較

ひとクラス上の車格感を手に入れた

フロントスタイルリアスタイル

プラットフォームは基本的に従来を踏襲。フロントピラーが前方に出たことで、シルエットのワンモーション的な印象が強まった。

全体的にリフレッシュされたデザインは、より躍動感あるものとなり、リアには乗用車的デザインの横長なテールランプが配されるなどし、パッと見ではエスティマと見まちがうほどの車格感を身に着けた。 ドライブフィールは、初代も万人向けで尖ったところのない仕上がりだったが、その美点は2代目も受け継いでいる。

初代と同じく1.8Lと2Lの排気量を持つエンジンは、いずれもバルブマチック仕様となり一新された。また、4WD車も含め全車CVT化された点もニュースだ。

動力性能の印象は、2Lではよりわかりやすくパワフルさが演出されており、排気量の差以上に印象が違う。ただし、1.8Lのほうが人間の感性に即した印象で、乗りやすさでは上といえる仕上がり。7速スポーツシーケンシャルシフトマチックのマニュアルシフト時の素早い変速レスポンスも申し分ない。

足まわりは、FF車の中だけで3通りの設定があるが、いずれも乗り心地は不快に感じる固さもなく、常用する1~2列目の快適性は高く保たれており、気になる部分は小さい。それでいて、十分な快適性の中に、軽快でスポーティな味が上手く盛り込まれている。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

ドライブフィールも変わった

フロントスタイルリアスタイル

3列目シートの存在を感じさせない、ちょっと背の高いステーションワゴンのようなスタイリングがストリームの特徴。中でもサイドのウインドウグラフィックや、縦長のテールランプが印象に残る。

2009年6月のマイナーチェンジでは、エクステリアの前後デザインが小変更され、走りに関しても、足まわりのチューニングが改良された。

現行ストリームの初期モデルでは、RSZだけでなくベーシックなXグレードであっても、けっこうスポーティな感覚の仕上がりとなっていたのだが、後席の乗り心地はあまりよろしくなかった。ところがマイナーチェンジで跳ねる感じが減り、いくぶんしっとりとした良好な乗り味となった。ミニバンにふさわしい乗り味になったという印象だ。また、コーナリング時にも突っ張った印象のない自然なロール感を身に着けた。

また、初期モデルでは、電動パワステのセンターの遊びからくる直進性の甘さが気になっていたのだが、その感覚は薄れた。

全体的に、従来は気になっていた部分の多くが払拭されていることが感じ取れたのである。 パワートレイン系に変更はなく、エンジンは1.8Lと2Lのi-VTECが2機種。トランスミッションは、1.8L車が5速ATで、2L車はFFがCVT(RS系はパドルシフト付き)、4WD車は5速ATとなる。

ATらしいナチュラルな加速フィールが好みという人には、むしろ1.8L車のほうが適するだろうが、出足から中間加速は2L車のほうがだいぶ上だし、JC08モード燃費では逆転していることをお伝えしておきたい。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

素直で快適な走りが印象的

フロントスタイルリアスタイル

エクシーガは「SIシャシー」と呼ぶ、現行インプレッサやフォレスターと共通性のあるプラットフォームをベースに、レガシィに通じる雰囲気を見せながら、3列シートのボディを載せたというクルマ。

2LボクサーターボエンジンにシンメトリカルAWDという、お家芸のレイアウトを持つ「GT」を筆頭とするが、エクシーガの場合、2LのNA(自然吸気)エンジンを搭載したFFレイアウトのグレードがラインアップされているのが特徴。ベーシックな「2.0i」のほか、ラグジュアリーな「2.0i-L」、スポーティな「2.0i-S」という3つのグレードが用意されている。取材車両の2.0i-Sは、17インチタイヤを履き、サイドシルスポイラー/ルーフスポイラーが与えられるなど、GTに通じるルックスとなっている。

運転した印象は、あまり気になる部分もなく、素直に動いて、いたって運転しやすい。そのこと自体が印象的だ。十分にストロークを確保した足まわりにより、後席も含め乗り心地も快適に仕上がっている。駆動方式がFFであることについては、ドライ路面で一般走行をする限りでは、AWDとの明確な違いは体感されない。

ただし、大きめのボディに2Lエンジンと4速ATという組み合わせによる動力性能には、やや物足りなさを感じる。ゼロスタートの最初の瞬間こそATらしくグッと前に出る感覚はあるが、その先の中間加速が薄いのだ。4,000rpm以上回すとそれなりに力感はあるが、常用域においては、もう少しピックアップして欲しいというのが正直なところだ。

このあたり、5代目レガシィに採用された2.5Lエンジン+CVTが非常によくできていたので、エクシーガにも採用されることを、望み