autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ドイツ製ハイパフォーマンスクーペ 徹底比較 3ページ目

3台比較 2008/8/22 21:13

ドイツ製ハイパフォーマンスクーペ 徹底比較(3/4)

ドイツ製ハイパフォーマンスクーペ 徹底比較

整然とした中に高級感とスポーティテイストを演出

インパネフロントシート

奇をてらわず、直線基調の整然としたレイアウトをもとに、ドライバー視点で配列した左右非対称のコクピット。加えて、アルミパーツや専用のSスポーツシート、高級かつスポーティな数々のS専用装備を持つ。ステアリングホイールにはパドルが備わる。

大柄なシートは、サイドサポートも大きく張り出し、ヘッドレストが固定式という仕様。撮影車両のように、マグマレッドのレザーも設定されている。

センターコンソールやインナードアパネルにカーボンを配したり、クロームをエアコン吹き出し口やドアノブ、メーターまわりに使っている。これがあるとないでは質感がだいぶ違う。Sであればこうした仕様も選べるのである。

アウディ独自のインターフェイスである「MMI」が標準装備され、高級オーディオブランドであるバング&オルフセンのオーディオシステムも標準装備される。

リアシートは完全セパレートの4人乗り仕様で、こちらもスポーティな形状となっている。クーペゆえ、それほど居住性を重視する必要もないだろうが、ヒップポイントが前席より少し高めで、ひざまわりも広くなく、成人男性が満足に乗れるようなつくりにはなっていない。むしろラゲッジルームの奥行きの大きさを重視しているようだ。

そのラゲッジルームも、横幅が狭く、ゴルフバッグは斜めに置くようになる。また、リアシートをラゲッジルームの上の左右にあるレバーにより、6:4分割で前倒しできるようになっている。

リアシートメーターモニターシフトラゲッジ

スポーツカーである以前に高級パーソナルクーペ

インパネフロントシート

あくまでドライバーをメインにレイアウトしたインパネ。ドライバーの前にメーターフードを、ダッシュ中央に独立してBMW独自の「iDrive」のモニターを設置しつつ、全体をエキゾチックな雰囲気で包むという最近のBMWの手法はM3でも同じ。そして、グリップの太いステアリングホイールやシフトノブ、人間工学に基づいて設計されたメモリー付きM スポーツシートなど、各部がM3専用に仕上げられている。

専用の高級なノヴィロレザーを用いたシートは、今回の中で最もサイドサポートの張り出しが大きく、適度なホールド感を得られつつもリラックスして座れるので、長時間の乗車でも疲れ知らず。トリム類も、より上質なM3専用マテリアルが使われている。こちらはブラッシュ仕上げのアルミニウム・シャドー・トリムとなっている。それなりに高価なクルマであり、スポーツカーである以前に、高級パーソナルクーペとして仕立てられている印象だ。

こちらもリアシートは完全セパレートの4人乗り仕様。やはり、頭上空間にはあまり余裕がないが、座点が低く、またクーペのわりには座面がかなり長く、成人男性もちゃんと座れる居住空間は確保されている。

リアシートメーターモニターシフトカーボンルーフ

シンプルな構成のコクピットは実用性にも配慮

インパネシート

意外なほどシンプルな構成のコクピットは、そもそもボクスターがタイプ987にモデルチェンジした際、インテリアデザインがガラッと変わったことを思い出す。従来のほうが奇抜なデザインだったのだが、安全性や生産性を意識したのか、スッキリとしたデザインとなった。そして、それが基本的にそのままケイマンに受け継がれている。

今回唯一の2シーターだが、適度にリラックスして座れつつ、ホールド性にも優れるグレインレザーのシートは、非常に低いポジションを得られるところも魅力。

また、最新のエルゴノミクスに基づいて設計されており、視認性の良いメーターや、正確なスイッチ類の配置、操作性に優れるシフト、適切なペダルレイアウトなど、スポーツドライビングに徹することのできるコクピットのつくりは、さすがはポルシェである。日常のドライビングでも、スポーティテイストを高い快適性とともに堪能することができる。

限られた空間のコクピットは、タイトであること自体がこのクルマの味であり、広いウインドウにより開放感もある。そして、意外なことに収納スペースが充実している。また、フロントに約150L、リアのリッドの下にも約260Lというラゲッジコンパートメントが設定されており、そこそこ大きな荷物も積載可能で、実用性も遜色ない。

ドアメーターモニターシフトラゲッジ

内装・装備の総評

いずれもドライバー最優先を謳っており、この価格のクルマだけに、十分な高級感が与えられている。ハイパフォーマンスカーである以前に、高級車でもある。さらに、現代に生まれた高性能高級スポーツカーゆえの、装備類の共通性が見られる。

いずれもドライバー最優先を謳っており、この価格のクルマだけに、十分な高級感が与えられている。ハイパフォーマンスカーである以前に、高級車でもある。さらに、現代に生まれた高性能高級スポーツカーゆえの、装備類の共通性が見られる。

アウディ S5 関連ページ

BMW M3 関連ページ

ポルシェ ケイマン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ S5 の関連記事

アウディ S5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ S5 の関連記事をもっと見る

アウディ S5 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円