autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 200万円台ハイブリッドカー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/7/3 14:48

200万円台ハイブリッドカー 徹底比較(3/4)

200万円台ハイブリッドカー 徹底比較

従来の不満点を解消し、より使いやすく進化

ステアリングメーター

インパネの幅がワイドになり、良好な視界とあいまって開放感が増した。

センタークラスターは、オーリスのようにインパネからコンソールボックスへと縦の流れを強調し、乗用車的な包まれ感を表現している。

センターメーターとマルチインフォメーションが特徴。走行中のエネルギーの流れや区間燃費などもこちらに表示されるようになり、ナビ画面が見られなくなるということもなくなった。多彩な機能にアクセスできるステアリングスイッチやメーターでは、エコドライブモニターがエコ運転をよりわかりやすく後押しする。

前席シートのサイズはプリウスのほうが大きい。前席は背もたれを30mm薄型化しつつも、ホールド感/フィット感が向上している。

もうひとつ、3代目の大きな進化点が、後席の居住性だ。従来の2代目は当初、後席はクッション長が短く、シートバックが起き気味でオシリの収まりが少々悪く、それでいて頭上が狭いなど、後席の居住性があまりよろしくなかったが、途中で少し改善された経緯がある。しかし3代目では、ルーフのピークが少し後方に移動したこともあり、頭上の圧迫感が緩和された上、前席の薄型化により、ひざまわりの余裕も増している。後席の使い勝手は格段に増した。

シートは、グレードにより、本革/ファブリック/上級ファブリックの3タイプを用意。ドアが長くて乗降性は良好。ラゲッジスペースは横幅が小さく、ゴルフバッグの積載性もロアは高いがアンダーボックスを備える。

また、インテリジェントパーキングアシストの設定があるのもプリウスならではだ。

シフトフロントシートリアシートユーティリティアンダーボックス

多彩なエコアシスト機能

ステアリングメーター

ドライバーを囲むようデザインされたインパネは、近年のホンダ車に共通するSFチックな雰囲気。ただし、率直にいって、インテリア各部にはコストダウンの痕跡が見え隠れするのは否めない。

機能面に目を向けると、興味深い部分がいくつかある。その最たるものは、色の変化でリアルタイムにエコ運転度をドライバーに知らせるアンビエントメーターであり、それと連動して加減速を表示するエコドライブバーも特徴的だ。

さらに、低燃費運転の習得度合いをリーフ(葉)で採点するティーチング機能、インターナビシステムを介して燃費向上のアドバイスを得ること、インターナビ・プレミアムクラブのパーソナルホームページで採点履歴の経過や、全国のランキングを閲覧するなど、低燃費運転に関する情報をゲーム感覚で多角的に得られるようにしているところも興味深い。

後席の居住性は、足元はそこそこ余裕があるが、標準的な成人男性でもルーフが頭上ギリギリに迫ってしまう。

ラゲッジルームについては、フロア下にバッテリーを置くが、コンパクトに収めているため、ラゲッジルーム容量が犠牲になっているような印象はない。

シフトフロントシートリアシートユーティリティラゲッジ

上級イメージのある居住空間

ステアリングメーター

ベースであるシビックそのものの要素を多分に引き継いでいる。低く前後方向に長いダッシュボードが控えるインパネは、このクルマもSFテイストのデザイン。

差異があるのはメーター程度で、上段で速度計と燃料計、下段でタコメーターやバッテリー残量計、IMAの出力や回生状態を示すインジケーターが備わる。上段左側のディスプレイは、各種表示を任意に切り替えることができ、可能航続距離や瞬間燃費を表示させることができる。

もともとコンパクトセダンとして成り立ったクルマであるだけに、収納スペースの設定は最大公約数。印象各部に小さなポケットを配し、ドリンクホルダーはドアとコンソールボックス(スライドリッド付)に設置されている。

ボディサイズのわりには後席の居住空間が広く確保され、頭まわりもそれほど広くないが、閉塞感はない。ヒップポイントが低く、膝が持ち上がるような着座姿勢となり、シートバックの角度もあるため座り心地は良好だ。

太いサイドシルにより乗降性はやや不利な印象だが、センタートンネルの出っ張りは非常に低い。後席に人を乗せるのであれば、このクルマがもっとも適するだろう。あらためてベース車のパッケージングの巧みさを感じさせられる。

「高級感」というと語弊はあるが、プリウスやインサイトと並べると、シビックHVのMXSTグレードは、このクラスのセダンとしては上級イメージがある。VSAやCMBSなども装備面での充実度も見られる。

4ドアセダンにつき独立したトランクルームを持つのも、この3台の中では特徴的といえる。ノーマルのシビックに比べると、幅/高さは十分だが、後席後方にバッテリーを積むため、奥行きは短くなっている。トランク容量は小さくなっているが、ゴルフバッグも簡単に積み込める。

シフトフロントシートリアシートユーティリティラゲッジ

内装・装備の総評

ボディの形状や構成では、空力の要件もあってか、プリウスとインサイトの共通性が見られるが、ボディサイズや車格感、パッケージングにおいては、プリウスはむしろシビックHVのほうが近い。後席の居住性を気にするユーザーも少なくないと思われるが、その点では、インサイトは他2モデルにやや劣る。プリウスは先代モデルに比べると格段に改善されている。また、インサイトとプリウスが、それぞれエコドライブを積極的に推進する仕掛けを独自に展開しているところも面白く、これらは言葉での説明よりも、実物を体験したほうがご理解いただけると思うので、ぜひ販売店等に問い合わせてみるといいだろう。

トヨタ プリウス 関連ページ

ホンダ インサイト 関連ページ

ホンダ シビックハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26